ワキガ手術をしたのに術後臭が…。原因って何?どうしたらいいの?

ワキガを治したくて手術を受けたのに、今度は他のところから臭いがするようになってきてしまった…。

実は、このように悩んで苦しんでいる人がものすごくたくさんいます。

ワキガ手術後に再び臭うようになってきたら、精神的にも身体的にもきつくなってしまうのは当然のことですよね。

そもそもなぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

そこで、ワキガ手術後に臭うようになってしまうその原因と対策法についてじっくりと解説していきたいと思います。

ワキガ手術後に発生しやすい「術後臭」とは?

ワキガの手術をしたあとに脇以外の別の部位から臭いが出るようになったり、再び脇が臭うようになってくることを「術後臭」と言います。

主に術後臭が発生しやすいとされているのが、以下の部位になります。

  • 頭皮・額・顔・首・胸元・背中・陰部

ワキガ臭がなくなった代わりに、これらの部位から臭いが出るようになるという術後臭

しかし術後臭については、どの医師も医学的な根拠はないと口を揃えて言っています。

つまりワキガの手術をしたからといって、他の部位から臭いが出ることについては否定も肯定もできないということになるようです。

術後臭に悩まされてしまう4つの原因

ではなぜ術後臭が発生したと悩んでいる人があまりにも多いのか?

そこにはいくつかの原因があることが分かりました。

  1. アポクリン腺の不完全除去
  2. これまで気にならなった汗臭・体臭・皮脂臭に意識が向く
  3. 食生活・生活習慣に問題がある
  4. 自分は臭いと思い込む「自臭症(自己臭恐怖症患者)」

実は、術後臭が発生してしまう原因はひとつではありません。

そのため、ワキガ手術が術後臭を引き起こすことについて、これについて医学的に証明するのにはさすがに限界があるのです。

そこで次に、それぞれの原因について詳しくみていきましょう。

【原因1】アポクリン腺の不完全除去

手術をしてアポクリン腺が完全に除去されているのであれば、再発の心配はありません。

ところが、

  • 医師の技術不足によるアポクリン腺の取り残し
  • アポクリン腺が残る手術法を受けた(皮下組織吸引法など)

などが原因(理由)でアポクリン腺が残ってしまえば、当然再びワキガの臭いがするようになってきます。

確実にワキガを治せる「剪除法」を受けたのにも関わらず再び脇からワキガの臭いがする場合、そんな時は信頼できる専門医に相談するようにしましょう。

【原因2】これまで気にならなかった臭いに意識が向く

術後臭でもっとも多いのがこのパターンです。

手術をするとワキガの臭いが軽減されます。すると、元々あった汗の臭い・体臭・皮脂の臭いがすごく気になるようになります。

とくに頭の臭いがきつく感じる人は多いですね。

これまではワキガ臭によって誤魔化されていた他の臭いが、手術後に目立つようになるのはごくごく自然なことです。あまり敏感になり過ぎないようにしましょう。

あとは、元々アポクリン腺が多い陰部の臭いも強烈に感じやすくなる傾向があります。

【原因3】食生活・生活習慣に問題がある

体臭を軽減させるために何か努力をしていますか?

もし何もしないでいるのなら、ワキガ手術後に体臭が気になり始めて当然と言えます。

なぜなら食生活や生活習慣は、体のニオイを大きく左右するからです。

  • タバコやお酒を減らしてみましたか?
  • 肉や脂の多い食事が中心になっていませんか?
  • 頭皮・髪をちゃんと清潔に保っていますか?
  • 睡眠はちゃんととっていますか?
  • 過剰にストレスが溜まっていませんか?
  • 適度に運動をして汗をかいていますか?
  • シャワーだけで済ませていませんか?

術後臭に悩んでいる人の中には、ニオイ管理すらしないで悩んでる人も実際にいます。

今一度、食生活や生活習慣に問題がないか振り返ってみるようにしましょう。

【原因4】自分は臭いと思い込む「自臭症」

そして、術後臭に悩まされる一番の原因とも言われているのが、この「自臭症」です。

本当はちゃんとワキガの臭いもなくなってるし、別に体臭もまったくないのに、なぜか「自分は臭い」と思い込んでしまうことを自臭症と呼んでいます。

ひどくなると「周りの人から臭いと思われている」「周りから臭いと陰口を言われてる」と思い込むようになり、対人恐怖症になってしまうこともあるようです。

これは体臭に限ったことではなく、口臭でも同じようなことが言えます。

自臭症は、他人から指摘されても自分では認めない場合がほとんどです。というよりは、認めたくないんですよね。

あまり神経質になると、鬱などの症状を引き起こす恐れがあるので注意しましょう。心当たりがある場合は、早めに心療内科などに訪れてみるといいかもしれません。

本当に術後臭であるかを確認するための方法

術後臭が本当にあるのか?それともただの思い込みなのか?

術後臭によるストレスを減らすためには、信頼できる人に直接脇の臭いや体臭を嗅いでもらうのが一番いい方法です。

医師に診察してもらっても、納得できない場合がほとんどですよね?

だから信頼できる「一般人」に確かめてもらうのです。

臭いがあればちゃんと指摘してくれるだろうし、臭わなければただの思い込みであったことが判明します。

恥ずかしいなどと思わず、自分のためにも実行してみるようにしましょう。

臭いに神経質にならないことが何より大事です!

日本人は臭いに対してものすごく敏感です。

ちょっとの臭いでも敏感に反応するし、ましてやワキガや体臭となるとその反応は嗅覚に優れた動物並みです。

海外なんて、人が集まる場所はそこら中ワキガ臭です。でも誰も気にしていません。

多少のワキガや体臭って当たり前なので、むしろ全く無かったらおかしいんです。

だから敏感になり過ぎて人生楽しまなかったら、絶対に後悔します!

もしかしたら術後臭で悩まされるかもしれない…と思ったら、始めから手術を受けないのも方法のひとつですよね。

そしてもし術後臭に悩まされてしまったら、いろんな人に臭いを確認してもらう勇気を持つことも大事なことです。それだけで気持ちが本当にラクになりますよ。

一人で抱え込まずに、まずはできることから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

この記事のURLをコピーする

アクセスランキング