ボトックス注射がワキガにいいらしい?その効果や特徴を徹底調査!

ボトックス注射がワキガにいいという口コミをよく見かけますよね。

しかし「再発した」「やるだけムダ」といった怒りの口コミもよく見かけるため、何が正しいのか混乱してしまいませんか?

ボトックス注射は、たしかにワキガ治療としても近年注目を浴びています。

ところが正しい情報と知識を得ないまま治療に飛び込んでしまうと、必ず「あれ?」と腑に落ちない結果になるので注意が必要です。

そこでまずは、ボトックス注射の効果や特徴について詳しく知っておきましょう!

ワキガ治療にも使われるボトックス注射って何?

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌という毒素を注射器で注入し、神経伝達物質のアセチルコリンを抑制して筋肉の余計な動きを止める治療法です。

シワ・たるみなどの肌老化を改善、それから小顔効果もあることから、美容外科でもよく使用されている治療法のひとつとなります。

他にも、脇や手足などの多汗症を治療する方法としても用いられています。

日常生活をきたすほどの多汗症「原発性腋窩多汗症」の治療にも使われているほどですから、その効果は間違いはないと言ってもいいでしょう。

なんか怖そう…。ボトックス注射は安全なの?

ボトックス注射は決して危険な治療法ではありません。

安全性に関しては、日本国内での使用が認められている「A型ボツリヌス毒素製剤」が使われていれば何ら問題はないと言われています。

副作用の心配もなく、これまでに様々な治療に使われてきている薬剤です。

とくに「米国のアラガン社製ボトックス」を使用している所がおすすめです。

国内で唯一厚生労働省が承認しているボツリヌストキシン製剤で、その安全性と品質の良さはすでに確立されています。

ボトックス注射についての注意点

副作用の心配は高い確率でありませんが、稀に腕が重くなったりしびれを感じるなどの副作用が出る場合もあります。

体質的にボツリヌス菌を入れても大丈夫か?注入量が多すぎてないか?などを、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

また、妊娠・授乳期間のボトックス注射も避けるようにして下さい。

ボトックス注射でワキガの臭いを抑えられる理由

それでは次に、ボトックス注射がワキガに効くそのワケについて説明していきます。

先ほど冒頭で、ボツリヌス菌には神経伝達物質の「アセチルコリン」を抑制する働きがあるとお話ししましたよね。

実はこのアセチルコリンが、発汗を促進させる働きを持つのです。

つまりボトックス注射をすることで、

  1. アセチルコリンの働きが弱まる
  2. するとその部分の汗が出にくくなる
  3. 同時にワキガの原因となるアポクリン腺からの汗も出なくなる
  4. 結果、臭いの元がないのでワキガ臭が出なくなる!

という効果が期待できます。

もちろんエクリン腺から出る通常の汗も分泌されなくなるため、多汗症にも効果抜群!

しかもボトックス注射後は、注射した部分が乾燥しやすくなります。

すると臭いの原因となる常在菌の繁殖も抑えることができるので、ワキガの臭いを軽減させることが可能というわけなのです。

ボトックス注射の効果はどれくらい期待できる?

ボトックス注射によるワキガへの効果は、とても高いことで知られています。

ワキガそのものを治療できるわけではありませんが、汗の分泌を抑えて臭いの元をつくらせないという点では「ワキガ治療」と言ってもいいくらいのレベルではないでしょうか。

ただし効果をより実感しやすいのは、軽度のワキガです。

中度~重度のワキガだと、どうしても効果の感じ方に個人差が出てしまうようです。

効果が表れ始めるタイミング

効果が出始めるのは注射して2~3日後、遅くても1週間~10日後には効果を感じ始めると言われています。もし2週間経っても効果が出ない場合は、もう一度病院へ行って相談してみましょう。

効果の持続性

ボトックス注射を一度すると、約4~9ヶ月は効果が持続すると言われています。永久的な効果はありません。

ボトックス注射は、一時的に汗を止めるための治療法です。

効果が切れるたびに注射をしてもらうことも可能ですが、汗をかきやすい夏の時期・大事なイベントなどに合わせて年1回だけ注射をするということもできます。

でもなんか痛そう…。痛みはどのくらいあるの?

たしかに「脇の下に注射」って聞くだけで痛々しいですよね。

でもボトックス注射の針はとても細いため、チクッと痛みを感じる程度のようです。

片脇約5分の間に20回ほど注射をしますが、耐えられそうにない場合は痛みを和らげるための「麻酔クリーム」をお願いすることも可能です。(※別料金)

ボトックス注射でワキガ対策をするメリット・デメリット

 

多汗症や精神性発汗だけでなく、ワキガにも効果のあるボトックス注射。

ここで分かりやすく、ボトックス注射でワキガ対策をするメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • 体にメスを入れないので傷跡が残らない
  • 注射後はすぐに普段どおりの生活ができる
  • 洋服に汗染み・黄ばみができない
  • 軽度のワキガなら効果を感じやすい
  • 汗が劇的に減る
  • ワキガの臭いも軽減される

デメリット

  • 効果が長続きしない
  • 治療費がかさんでしまう
  • 中度~重度のワキガには物足りなく感じる
  • 女性の場合、妊娠・授乳中にできない

ボトックス注射最大の欠点は、やはり効果が長続きしないことですね…。

治療費も5~10万円と決して安くはないので、中度~重度のワキガにはコスパが悪いのが正直なところです。

それと、ボトックス注射は「重度の原発性腋窩多汗症」と診断されない限り保険が適用されません。通常は保険適用外なので、これも併せて覚えておきましょう。

ボトックス注射をうまく組み合わせてワキガ対策を!

もしボトックス注射を検討しているなら、ボトックス注射でワキガを治すことも改善することもできないということをしっかり頭に入れておいて下さいね。

ボトックス注射はあくまでも汗を止める治療法です。

ワキガを治すことなど絶対にできません。

最初からそう分かっていれば、きっとボトックス注射の満足度も変わってくるでしょう。

ワキガの臭いを効果的に臭いをおさえたいのであれば、ボトックス注射と同時進行でワキガ対策用のデオドラント剤も使ってみるといいかもしれませんね。

もしくは春~夏はボトックス注射で、秋~冬はワキガ対策用デオドラントと分けてみるのもおすすめです。

ボトックス注射はあくまでも補助的なワキガ対策法です。うまくお付き合いしてみると、期待以上のワキガ対策ができるようになるかもしれませんよ!

この記事のURLをコピーする

アクセスランキング