脇毛が毛深い…!ワキガには剃ると抜くどっちの処理がいいの?

「脇毛は抜くのと剃るのではどっちがいいの?ワキガは悪化する?」

このような悩み相談をよく見かけますよね。

脇毛とワキガは、それなりにと~っても深い関係があります。

なので間違った処理方法やお手入れをしてしまうと、今のワキガを悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

ちなみに私はワキガを悪化させてしまった一人でした…。

そこで、脇毛は「抜く」と「剃る」ではどっちがワキガにいいのか?について解説していきたいと思います。

実は脇毛がワキガをひどくさせてる…!それって本当なの?

ワキガで悩む人にとって、脇毛はない方がメリットは大きいと言えます。

脇毛がないことで生まれるメリット

  • 湿気がこもりにくいので雑菌が繁殖しにくくなくなる
  • 汗が溜まらないので臭いがこもりにくくなる
  • 脇毛によって臭いが周囲に分散されにくくなる
  • デオドラント剤が肌に密着するので効果が出やすくなる

実は、脇毛がワキガの臭いをきつくさせやすくするということは事実です。

なので脇毛の量が濃くて多いほど、ワキガ臭がきつくなりやすい傾向にあります。

なぜかと言うと、ワキガの原因となるアポクリン腺は毛穴と繋がっているからです。つまり脇毛とアポクリン腺から出る汗はセットのようなもの。

さらに脇毛が多いとそれだけ湿度が高くなるため、臭いの原因菌がすごく多いんです。

ワキガというのは、アポクリン汗と菌が触れ合って始めて出る臭いになります。

脇毛は臭いの原因を作りやすい環境をいとも簡単につくってしまうため、なので脇毛の量がワキガ臭を左右させてしまうのです。

脇毛のセルフ処理法は主に「毛を抜く」と「毛を剃る」がある

男性が自分で脇毛を処理するという例はかなり少ないと思いますが、女性は自分で脇毛を処理するなんて日常茶飯事ですよね。

そしてこの時に使われる方法は、主に「毛を抜く」「毛を剃る」になります。

ほかにも「溶かす」といった方法もありますが、今回はメジャーな抜く・剃るで話を進めさせていただきますね。

ちなみに私は、抜く・剃るを同時進行で行っていました。結果…

今になってものすごく後悔しています。

なので、この2つの方法を同時進行でやるのは絶対におすすめしません!

その理由も絡めながら、もし処理するならどっちがいいのか?をお話ししていきますね。

知らないと怖い…。毛抜きがワキガに与える影響とは?

脇毛って抜いても痛くないから、ついつい自分で抜きたくなってしまうんですよね。

でもそれはちょっと待った!自分で抜き続けると、本当に本当に後悔します!

なぜなら、脇毛を自分で抜くと脇の下が凸凹して汚くなるんです…。

それだけではありません。こんなデメリットもあるので気をつけて下さいね。

脇毛を抜くとワキガが悪化しやすい!

これはよく噂にもなっていますが、あながち間違っていません。

現に私が本当に悪化してしまいました…。

なぜ悪化してしまったのかを詳しく調査したところ、どうやら毛を毛根から抜く時にアポクリン腺を刺激していたことが原因のようでした。

アポクリン腺を刺激すると、アポクリン腺の働きが活発になります。すると、いつも以上にアポクリン汗が分泌されやすくなってしまうんですね。

アポクリン汗が過剰に分泌されるということは、それだけ菌に分解されやすくなります。つまり、ワキガ臭がきつくなりやすくなるということになります。

毛穴に雑菌が溜まりやすくなる!

毛を抜くと、毛穴はすっぽり穴が開いた状態になっています。

するとその毛穴に皮脂や雑菌などの汚れが詰まっていき、やがて酸化して臭いを発生させてしまいます。

さらにアポクリン汗もそこに混じってしまえば、毛穴の中で菌に分解されてもっと臭うようになってくるのは当然かもしれませんね…。

でも丁寧にちゃんと洗えば、この汚れを落とすことは可能です。

開いた毛穴は、すぐに引き締めてあげることで汚れが詰まることを未然に防げますよ。

ちなみに、ワキガ体質じゃない人が脇毛を抜いてワキガになるということはありません。

ただし毛穴の汚れによる臭いは十分にあり得るので、いずれにせよ抜きっぱなしには注意しましょう。

毛を抜くよりも「剃る」の方がワキガにはやさしい

脇毛を抜くよりも、カミソリで剃った方が脇の下にはずっとやさしいです。

なぜなら、カミソリは毛穴に負担をかけることってないんですよね。

毛穴から毛を抜くわけではありませんから、アポクリン腺に直接刺激を与えることも毛穴に皮脂汚れが詰まる心配もありません。

もちろんカミソリは必ず清潔なもの、肌に負担をかけないものを使いましょう。

それと、剃り過ぎはこんな肌トラブルが起きやすくなるので気をつけて下さいね。

  • 肌が乾燥しやすくなり、皮脂の分泌が増える恐れがある。
  • 皮膚が硬化して黒ずみの原因になる
  • 肌がダメージを受けて正常に働かなくなり、毛穴が詰まりやすくなる。

極端に切れやすいカミソリは避け、なるべくソフトに剃り上げることが大事です。

ちなみに男性の場合は、脇毛を剃ることはなかなか勇気がいりますよね。そんな時は、脇毛を6mmくらいの長さにカットしてあげるといいですよ!

脇毛が短いとそれだけ臭いが分散しにくくなります。

脇毛を剃る+脇毛を抜くという行為は、アポクリン腺への刺激と皮膚へのダメージでワキガを悪化させてしまうの絶対に行わないようにしましょう。

毛が皮膚の下に埋もれる「埋もれ毛」も起きやすくなります。

脇毛を処理するなら「脱毛」が一番おすすめ!

脇毛の自己処理は「剃る」の方が余計な負担をかけません。なので、ワキガが悪化する可能性は「抜く」よりも明らかに低くなります。

でも頻繁な自己処理は、思いのほか脇の下に大きなダメージを与えてしまいます。

もし可能なら、脇毛の処理くらいはプロにお任せしてみてはいかがでしょうか?

というのも、私みたいに黒ずみ+ザラザラ+ワキガの状態になってしまうと、正直もう自分ではどうすることもできません。

だから私は脱毛サロンに行って、ちゃんと脇毛の脱毛してもらいました!おかげで今は脇の下がめちゃめちゃきれいです!

最近は2万円以下でワキ脱毛できるところが多いです。

プロにお任せすれば、ワキガへの余計な不安を減らすことができるはずですよ。

処理後は必ずワキガ対策クリームでお手入れを!

毛を処理した後というのは、肌がものすごく敏感になっています。

とくに脇の下は、皮膚が薄くて思った以上に敏感です。処理しっぱなしという状態だけは絶対に避けるようにしましょう。

ただし、処理後に何を使ってもいいというわけではありません。ワキガで悩んでいるのなら、医薬部外品のワキガ対策クリームでしっかり脇の下をケアしてげることが大事です。

ワキガ対策クリームを使うメリット

  • 保湿効果で脇の下を乾燥やダメージから守ってくれる
  • 低刺激なので処理後の肌に余計な負担をかけない
  • アポクリン汗の分泌を抑えてくれる
  • 殺菌・除菌効果が高いので臭わせない

え?制汗剤でも十分だよね?と思ったかもしれません。

ところが市販の制汗剤やデオドラント剤は、脇の下を乾燥させるうえに刺激が強いので、脇毛処理後に使うのはNGなんです。

こういったものを使うとヒリヒリしませんか?それは刺激が強いからです。

ワキガには絶対に刺激を与えてはいけません。処理後に安い制汗剤やデオドラント剤を使ってしまうと、余計に臭いがきつくなるので注意しましょう。

脇毛の処理後はワキガの対策をする絶好のチャンスです!

本当に効果のあるデオドラント剤を使って、ワキガの臭いを抑えてみませんか?

この記事のURLをコピーする

アクセスランキング