服にワキガの臭いを残さない!おすすめの洗濯法や洗剤の選び方とは?

  • しっかり洗濯しても服にワキガの臭いが残っている…。
  • 洗っても黄ばみがなかなかとれない…。

こういったことで悩まされていませんか?

私も以前、会社から支給されたシャツにワキガの臭いがうつり、しかも黄ばみまでガッツリついて困り果ててしまったことがあります。

洗濯ではワキガの臭いも黄ばみも落ちないものだと諦めていたのですが、実は洗濯する手順と使用する洗剤さえコツを掴んでおけばちゃんと改善できることがわかったのです。

そこで、こちらでは服についてしまったワキガの臭いと黄ばみをとる方法をご紹介しています。余計な道具や裏技は一切ないので、今日からすぐに始められますよ!

洗濯してもワキガの臭いや黄ばみが服に残ってしまう理由

洗濯しても、服の脇部分に臭いや黄ばみが残らない人もいます。

それはなぜか分かりますか?答えは、ワキガ体質ではないからです。

  • ワキガ体質とは、ワキガの原因となるアポクリン腺が通常より多く存在している体質のことです。そしてこのアポクリン腺から出る汗は、ワキガの臭いの元となります。

実はこのアポクリン汗、脂質・タンパク質・アンモニアなどの成分の他に「リポフスチン」という色素成分が含まれています。

黄ばみの原因は、そうこのリポフスチンです。

リポフスチンによる黄ばみはそう簡単に落ちず、クリーニングに出しても落ちないほど。なので、落とす際はひと工夫必要になってきます。

そして、ワキガの臭いが消えない理由について。これについては、臭いの原因となっている菌が完全に服から抹消できていないからになります。

原因は、日ごろから除菌・殺菌効果の弱すぎる洗剤を使っているか、あるいはちゃんと洗濯できていないかのどちらかである場合がほとんどでしょう。

まずは土台から!使う漂白剤と洗剤が臭い汚れを左右します!

服に残ったワキガの臭いと黄ばみというのは、通常の汗や皮脂汚れとは全く別物!

なので、通常の洗濯では本当に落ちにくいんです。

そのため、まずは使用する漂白剤と洗剤を見直す必要があります。

そこで、ワキガの臭いや黄ばみに有効的な漂白剤と洗剤の選び方について紹介します。

臭いも黄ばみも落とすなら漂白剤は欠かせません!

ワキガの臭いや黄ばみを落とすためには、漂白剤は絶対に欠かせません。

洗濯でよく使われる漂白剤は大きく分けて3タイプあるので、まずは失敗しないためにもそれぞれの特性やデメリットをしっかり把握しておきましょう!

分類 塩素系漂白剤 酸素系漂白剤
(粉末)
酸素系漂白剤
(液体)
液性 アルカリ性 弱アルカリ性 弱酸性
漂白力
除菌・殺菌力
使えるもの 白物繊維 白物繊維
色柄物繊維
白物繊維
色柄物繊維
おすすめ度 ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆

ワキガの原因なる成分は酸性が多いです。

なので、本来はアルカリ性である塩素系漂白剤がおすすめになります。

しかし塩素系漂白剤は強過ぎるため、服が傷んだり、色柄物が白くなってしまう原因になるので不向きです。通常の洗濯として使うには、ちょっと無理があるんですよね…。

となると、酸素系漂白剤の粉末タイプがもっともおすすめであることが分かってきます。

ただし粉末タイプだと、ピンポイントにつけれないというデメリットがありますよね。

ということは、漂白力はやや劣ってしまうものの、ピンポイントでつけれる液体タイプの方が何かとメリットが大きいということが分かりました。

漂白剤と同じくらい洗剤選びも大事です!

漂白剤の次に大事なのが、洗剤選びです。

今は本当にいろんな洗剤があるので、何を選んだらいいか正直わかりませんよね。

そこで今度は、ワキガの臭いや黄ばみを積極的に落としたい時に使うべき洗剤のタイプを効果順にご紹介しますね。

【効果No.1】弱アルカリ性の粉末洗剤

洗浄力がとても高く、皮脂汚れなどもしっかり落としてくれる特長があります。

洗剤に配合されている酵素・漂白剤・蛍光増白剤などが、白物系の服の黄ばみや汚れも効率よく落としてくれます。

ただし効果が強い分、大事な服や色あせが心配な服には使用しない方がいいでしょう。

【効果No.2】弱アルカリ性の液体洗剤

弱アルカリ性の粉末洗剤よりは効果がやや劣ってしまいますが、それでも高い洗浄力のある洗剤です。

効果が強すぎないので、日常の洗濯に使いやすい特長があります。弱アルカリ性の液体洗剤がもっともよく家庭で使われている洗剤と言えるかもしれませんね。

汗染みや皮脂汚れ、初期段階の軽い黄ばみを落とすのには効果的です。

【効果No.3】中性の液体洗剤

中性の液体洗剤は、汚れをしっかり落とすものではなく、やさしい洗浄力で衣服を傷めずに洗い上げるのが特長です。

一般的な洗剤では洗えないデリケートな素材の服(ウールやシルクなど)を家庭で洗濯する時のために使います。

【結論】弱アルカリ性の粉末洗剤がもっともおすすめ!

服についたワキガの臭いや黄ばみを落とすなら、洗浄力に優れた弱アルカリ性の粉末洗剤がもっともおすすめということが分かりました。

ただし衣服が傷みやすいという欠点があるため、状況に応じて弱アルカリ性の液体洗剤と使い分けるのといいかもしれません。

洗濯する前のひと手間が、臭いも黄ばみもしっかり落とす!

さて、使うべき漂白剤や洗剤がわかったところで、今度は臭いと黄ばみをより効率よく落とせる実践的な方法をご紹介します。

このひと手間があるかないかで、臭い汚れの落ち方が劇的に変わりますよ!

おすすめの洗濯方法

  1. 臭いや黄ばみが気になる部分に液体の酸素系漂白剤をつけておく。
  2. 洗面器に40~50℃のお湯を用意し、弱アルカリ性の洗剤を溶かす。
  3. そこに、漂白剤をつけておいた衣類を2時間つけおきする。(頑固な黄ばみは一晩がおすすめ)
  4. そのまま衣類を洗濯機に入れて洗濯する。

たったこれだけです!これだけで臭いや黄ばみを落とすことができます。

ちなみに粉末の漂白剤を使いたい場合は、40~50℃のお湯に漂白剤を溶かして衣服をつけておくだけでOKです。

そしてどの方法でも大事なのは、水ではなく40~50℃のお湯を使うこと。お湯を使うことで、より臭い汚れが取り除きやすくなります。

日頃からワキガ対策をしていれば洗濯がラクになる!

IMG_3985

ここまで洗濯についてお伝えしてきました。でも実際のところ、日頃からワキガ対策をしていれば洗濯で苦労することはないんですよね。

ちなみにワキガ対策をすると、こんなメリットが生まれます。

  • 服への臭い移りが軽減される。
  • 黄ばみが減る。
  • 汗染みが出来にくくなる。
  • ワキ汗パッド要らずになれる。
  • 大事な洋服も気兼ねなく着れるようになる。
  • 洗濯に神経を使う必要がなくなる。

ワキガ対策をしっかりしておくと、衣服に原因菌や色素成分がつきにくくなるから臭いうつりと黄ばみに悩まされることがないんです。これは大きいですよね!

私は一番手っ取り早く、ワキガ対策クリームを使って毎日ワキガ対策を続けています。

そのおかげもあって、臭いうつりや黄ばみがかなり改善できたのを実感したほどです。

今は洗濯の下準備をする手間が省けていますし、脇汗パッドなしで白いTシャツも安心して着れるようになりましたね。

毎日のケアで予防対策をすれば、臭いや黄ばみによる悩みが減り、さらにはどんな服も気兼ねなく着れるようになるので一石二鳥です。

洗濯で苦労しないためにも、ワキガ対策クリームを一本常備しておくと何かと便利です!

この記事のURLをコピーする

アクセスランキング