お風呂場が臭い!この原因って何?どう掃除したら良いの!?

お風呂場が臭い!この原因って何?どう掃除したら良いの!?

身体を綺麗にして、心身ともにリフレッシュできるお風呂場。そのお風呂場が臭かったら本当にツライですよね。

私も昔、お風呂のイヤ~なニオイに悩んでいた時期がありました。掃除をちょっと怠るとどんどん汚れて、ますます掃除するのが億劫になり臭くなる、という負のスパイラルに陥ってました。

事態を打開すべくいろいろ調べた結果、ニオイの元の追及と、そのニオイの原因となる汚れの特性に合わせた洗剤選び重要だということがわかりました。

お風呂場のニオイに悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

排水口周りが臭い!

ニオイの原因は?

お風呂場の気になるニオイの大半が、排水口周りのニオイではないかと思います。

この原因は単純に排水口の汚れです。髪の毛や石鹸カスが排水口につまり、雑菌が繁殖して悪臭を放つのです。排水口を長い間掃除していないと、オレンジ色の膜がついていたり、黒カビが生えていたというご経験をされた方も多いんじゃないでしょうか。

また排水口には下水のニオイが上ってくるのを防ぐ水のフタがあります。その水のフタがない場合、そのまま下水の強烈なニオイがお風呂に充満してしまいます。

髪の毛等の汚れがつまっているのが原因なら、自分で掃除をすることで解決できます。しかし排水トラップの損傷や構造上の問題の場合は、専門業者さんにお願いすることになります。

こちらの動画が、排水口の構造とニオイの原因となる部分をわかりやすく解説しています。排水口のどの部分がニオイの原因なのかを調べる時の参考にしてみて下さい。

排水口汚れには重曹とクエン酸のシュワシュワ洗いが効く!

しなきゃいけないとわかっていても、腰が重くなるのが排水口のお掃除ですよね…。そこで見ているだけで爽快感が味わえる、重曹クエン酸のシュワシュワ洗いをご紹介します。

重曹とクエン酸、どちらも百均で簡単に手に入れられるのも魅力です。また小さなお子さんがいる家でも安心して使うことができます。
用意するもの

  • ビニール手袋
  • 使い古した歯ブラシ
  • 重曹 200g
  • クエン酸 100g
  • 量は適当でいいのですが、重曹とクエン酸が大体2:1になるようにします。クエン酸がない場合はお酢でもOKです。

まず、ビニール手袋をつけ、勇気を振り絞って排水口のフタを開け、へばりついている髪の毛等の汚れを取り除きます。

固形の汚れを取り除いたら、重曹とクエン酸を排水口にドバっとふりかけます。そこに水を少しかけると、シュワシュワ~と発砲し出します。そのまま1時間放置します。

1時間後、歯ブラシでこすりながらぬるま湯で洗い流してみて下さい。頑固な黒カビも簡単に落ちていくはずです。

週一回するのがおすすめ

排水口のお掃除は週1回の割合でするのがおすすめです。定期的に重曹とクエン酸を排水口に流し込むことで、ぬめりとニオイがかなり軽減され、掃除も楽になります。

こもったようなニオイがする!

ニオイの原因は?

こもったようなニオイがするのは、お風呂場の壁や床にこびりついた皮脂石鹸かすが原因の場合が多いです。

石鹸かすや皮脂は排水口に流しているつもりでも、すべてがきれいに流れるわけではありません。どうしても体を洗ってる際に飛び散って、床や壁や浴槽器具にこびりついてしまいます。

その皮脂と石鹸かすが合わさり、酸化して悪臭を放つのです。そしてカビの原因にもなります。

汚れの特性に合わせた洗剤で掃除することが大事

皮脂と石鹸カスが合わさった汚れは時間が経つと固まってしまい、シャワーで流しただけでは落ちません。そのままにしておくと、ぬめり湯垢汚れ、さらにカビへと変化していきます。汚れの特性に合わせた洗剤で洗い落とす必要があります。

この動画ではそれぞれの汚れの特性に合わせた洗剤の選び方と掃除方法がわかりやすく解説されています。ぜひ参考にして、イヤ~なニオイの原因となる床や壁の汚れを一掃しましょう。

まとめ

お風呂タイムを快適に過ごすには、汚れを掃除するのに勇気がいる状態まで放置せず、こまめに掃除をして未然に汚れを防ぐことが一番です。