赤ちゃんの予防接種!受けておくべきものや費用って?

赤ちゃんを泣かせる予防接種は赤ちゃんから感染病などから守る大事なものです。生後2ヶ月から始まる予防接種には無料の定期接種と有料の任意接種の二つの種類があります。

デリケートな赤ちゃんですから感染症にかからないためにも必要な予防接種は任意接種でも受けておくと安心です。またアレルギーを持った赤ちゃんは必ず事前に医師に報告し正しい方法で予防接種を受けるようにします。

赤ちゃんが生まれたら行う大切な行事である約1年の予防接種の内容スケジュールと、そしてそれにかかる費用などをここで詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

1.国や自治体負担の定期接種

定期接種は自治体や国からほぼ無料で受けることのできる予防接種です。生後2ヶ月から接種できるものとして、ヒブ感染症小児用肺炎球菌などがあります。

両方のワクチンを接種する回数はそれぞれ4回となり、1回目は2ヶ月に入った時に2回目は4ヶ月目に、3回目は5ヶ月目となります。

そして4回目はヒブ感染症では1歳1ヶ月になってから、小児用肺炎球菌は3回目の接種から60日以上経過してから受けるようにします。

その他の定期接種

  • BCG
  • 四種混合(ジフテリア、百日ぜき、破傷風、ポリオ)
  • はしか
  • 水ぼうそう

2.費用自己負担の任意接種

任意接種は強制的でなく有料なので経済的に負担のかかる家庭では無視してしまうこともあります。しかし接種内容によっては小さな赤ちゃんにとってとても有効なワクチンがあることも事実です。

赤ちゃんが起こすと重症になる危険があるロタウイルス胃腸炎は嘔吐や下痢を繰り返し脱水症状になりやすい感染病です。

赤ちゃんがこの病気になると大変辛いのでこのワクチンは15000円と高めですが受ける価値は大いにあります。全2回の接種を生後2ヶ月目、3ヶ月目に行います。

またB型肝炎などかかってしまってからでは治るのに時間がかかります。接種には6000円の費用がかかりますが安心感を買うには決して高くありません。

これらの予防接種は赤ちゃんが生まれる前から考慮し可愛い赤ちゃんの健康を思って事前に貯蓄をしておきましょう。万が一感染してしまった時の治療代や通院などを考えると結果的に安上がりになります。

その他の任意接種

  • おたふく風邪
  • インフルエンザ
  • A型肝炎
  • 狂犬病

3.任意の予防接種の賢い受け方

実際任意のワクチンを接種するとなると気になるのがその費用です。できる限りの予防をしたいといっても家計が追いつかないこともあります。かといって赤ちゃんを無防備にさせておくわけにもいきません。

少しでもそんな葛藤をおさえるために、あらかじめどんな種類のワクチンがあるのか、どんな効力があるのかをチェックし必要なものを選択することで費用を節約することができます。

例えばインフルエンザは冬に流行する一般的な感染病です。このワクチンは生後6ヶ月から2回の接種で5000円かかりますが、抵抗力の少ない赤ちゃんには是非お勧めしたいワクチンです。

人ごみの多い場所や換気の少ない場所などの外出先だけでなく、下手をすると家族から感染してしまう恐れもあります。実際約半数の赤ちゃんが任意接種を受けていますので、赤ちゃんを守るという愛情でこの時期の困難を乗り越えましょう。

4.生後6ヶ月〜1歳前後間に赤ちゃんに起こりやすい感染症

感染症の病気の原因は細菌やウィルスが原因です。ママと母乳からもらった免疫も3ヶ月を過ぎると効果が弱くなってしまい、その結果赤ちゃんは病気に感染しやすくなってしまいます。

赤ちゃんが頻繁に病気になるのはこのことが原因であり、また逆にウィルスや細菌などを体内に侵入することで少しずつ免疫を高めていく段階でもあるのです。このことは始まったばかりの長い人生を健康に歩んでいくための自然の教えでもあります。

しかしそんなバイ菌を受け止めながらいきなり戦える抵抗力が備わっていません。知らず知らずのうちに風邪も引かなくなり病院へ行く回数も減ってくるのが赤ちゃんが免疫をつける歩みです。

そんな赤ちゃんがかかりやすい感染症をリストアップしてみましょう。

  • 突発性発疹
  • ロタウィルス胃腸炎
  • はしか
  • 風邪
  • 手足口病
  • 水ぼうそう

5.同時予防接種をして赤ちゃんに負担をなくそう

予防接種はあっという間に次回の接種日がきてしまうものです。ママが働いていたりして時間がない場合など同時接種を利用して赤ちゃんにも負担を軽くしてあげましょう。

月齢ごとに見る一度に受けられるワクチン

  • 2ヶ月・・・ヒブ、小児用肺炎球菌、ロタ、B型肺炎
  • 3ヶ月・・・四種混合、ロタ、B型肺炎
  • 4ヶ月・・・四種混合、ヒブ、小児用肺炎球菌
  • 5ヶ月・・・BCG、四種混合、ヒブ、小児用肺炎球菌
  • 1歳・・・・水ぼうそう、MR、B型肝炎、おたふく風邪
  • 1歳1ヶ月・四種混合、ヒブ、小児用肺炎球菌
まとめ

赤ちゃんが受ける予防接種は定期接種に任意接種をプラスすればさらに効果的です。たとえ経済的に負担になっても赤ちゃんの健康を願えば行う価値は十分あります。

長い人生を赤ちゃんが健康に過ごすためにも、予防接種をできるだけ実施し病原菌に対する免疫をつけましょう。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング