赤ちゃんのお風呂の入れ方は!温度や時間はどうしてる?

1ヶ月の検診でお風呂のOKがでたらいよいよ赤ちゃんをお風呂に入れてあげましょう。だけどまだ首がすわってない赤ちゃんをお風呂に入れるのはちょっと不安です。

初めて赤ちゃんをお風呂にいれる時は、デリケートな赤ちゃんが心地よい温度時間も考慮にいれることが大切です。季節によっては暖房をつけたりと赤ちゃんが湯冷めなどをしない配慮が必要です。

そして赤ちゃんもそんな心地よいお風呂をタイムを楽しむことができるでしょう。

また赤ちゃんのお風呂をしている最中は一時の間も離れられないので、お風呂の事前準備は完璧にしましょう。ここでは赤ちゃんが快適にお風呂を楽しめる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

1.お風呂に入る前に準備しておく物

赤ちゃんといよいよお風呂に一緒に入る日が来ました。ワクワクとドキドキの気持ちで赤ちゃんとお風呂を楽しみましょう。そして赤ちゃんを湯冷めさせないよう準備もしっかりと行います。

さて赤ちゃんがまだ首がすわらない時期であるならベビーバスを使用します。そして1人でお座りができる赤ちゃんならば親と一緒にバスタブに入って良いでしょう。

まず冬の寒い季節には事前にお風呂場を温めます。温度の高いシャワーでザッとお風呂場を濡らしてサウナ状にすれば早めにお風呂場を温めることができます。

タオルは赤ちゃんの体に合ったサイズのものと大きめのものを用意しておきます。素材は赤ちゃんのデリケートな肌に優しい柔らかいコットン100%がよいでしょう。ソープ類も赤ちゃん用のものを用意します。

用意ができたら赤ちゃんをさっそくお風呂場へ連れて行きます。万が一オムツが汚れていたらきちんとふき取るようにします。そしてお風呂の最中は機敏にテキパキと行うようにします。

赤ちゃんをお風呂に入れる時に準備したいアイテム

  • バスタオル2〜3枚
  • 水温度計
  • シャンプー
  • ボディソープ
  • 海綿体のスポンジ
  • オムツ
  • ベビー服
  • 下着
  • 赤ちゃん用の櫛やブラシ
  • カメラやビデオ(初回などに)

2.赤ちゃんのお風呂に適当な温度は?

赤ちゃんが快適に感じるお湯の温度は夏場で38度〜39度、冬場では40度程度が適度です。そして冬はお風呂に入れる場所を比較的高めの温度で暖めることで、赤ちゃんも湯冷めをしません。

お風呂のお湯の温度は慣れるまで温度計を使用したほうがよいでしょう。大人の手で感じる水温は赤ちゃんにとって熱すぎる時があります。ベビーバスで赤ちゃんがお風呂の最中に落ち着きなく体を動かすようであれば温度が適切でない場合があります。

ベビーバスでお風呂に入れる場合、お湯を張ったら時間をおかずに赤ちゃんをお風呂に入れましょう。さもないとお湯が冷めてしまいますしお湯が汚れやすくなります。

3.お風呂に入っている時間はどのくらい?

赤ちゃんを長湯に入れる必要はありません。冬場でも10〜15分程度で赤ちゃんは十分キレイになり満足できます。初心者のママには最初のうちは時間がかかってしまいますが、焦らずまず時間に気をつけながら一通り体を洗ってあげましょう。

バスタブでの赤ちゃんとのお風呂は、ママが思わず長湯をして赤ちゃんをのぼせないように気をつけましょう。

4.見逃しやすい部分もスッキリと!赤ちゃんの洗い方

赤ちゃんは小さいですがくびれがあり細かな部分を丁寧に洗ってあげるようにします。とりわけ首はミルクやよだれがたまりやすい部分ですので指で優しく取り除いてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんをお風呂に入れるには基本的なルールを守れば楽しくすることができます。赤ちゃんが大きくなるにつれお風呂での遊びのバラエティーが増えるでしょう。

赤ちゃんと入浴をするときは、時間にゆとりを持って楽しく歌を歌いながら行いましょう。また赤ちゃんが慣れてきたらパパにも週末には手伝ってもらい大きな手でゆっくりと洗ってあげましょう。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング