赤ちゃんの咳!熱はない場合に考えられることって何!?

赤ちゃんが不意に咳をする時は問題のないものがありますが、心配になるほど咳が長引く時は病気を疑いましょう。また赤ちゃんの咳の仕方にも注意をして様子をみましょう。

咳をしている時は赤ちゃんの顔色はどうか、泣いていて辛そうにしているとかいろいろな面をチェックします。熱がなければ一安心ですが赤ちゃんはデリケートです。そして食事もとれないような状態であれば急いで小児科へ連れて行きましょう。

またたとえ熱がなくても咳が止まらないうちは完全に安心できません。そこでは熱がない場合に出る咳の症状はどんなものが原因か調べてみましょう。

スポンサードリンク

1.風邪の引き初め

熱がなくとも喉が痛かったり、軽い風邪の症状などで喉が敏感になっていることがあります。あまり心配がありませんが、重い咳は気管支炎などの心配が出てきます。

外出を避け、家で暖かく過ごさせて様子を見ましょう。お風呂も念のため控えます。そして食事や排出物にも特に変化がなかったら、シロップを飲ませて経過を見ます。

また夜間に悪化する場合もあるので、頻繁に長く咳き込んだ時には救急病院へ連れて行きましょう。

急いで病院に連れて行く必要のある咳

  • 呼吸困難になる
  • 苦しそうに胸をゼイゼイさせる
  • 顔が蒼白する
  • 咳がおさまらず泣き止まない

2.気管支炎の疑い

気管支炎の疑いがある場合は湿った咳と共に痰が出るようになります。風邪の症状から始まり、次第に胸がゼイゼイしたり咳もひどくなります。

また赤ちゃんは痰を上手く吐き出すことができず、そのまま放っておくと気管支炎を招くことになってしまいます。いつもの咳と違ったりひどくなったらすぐに病院に連れて行きましょう。

気管支炎の種類

  • 急性気管支炎・・・ウィルスや細菌が原因で胸がゼイゼイし、咳がひどくなり呼吸困難になる場合もあります
  • 細気管支炎・・・ウィルスにが原因で咳がひどくなり息を吸うたびに陥没呼吸をするようになります
  • ぜんそく様気管支炎・・・気道に炎症が起こると同時に痰と咳が長く続きます。ゼイゼイと息をしますが呼吸困難にはなりません

3.喉に埃が入った

赤ちゃんは動きがぎこちなく反応も鈍いので、外部からのほこりなどを追い払えずに飲み込んでしまうときがあります。

そのほこりが喉に届くと鬱陶しさを感じて咳をすることでその侵入物を排出しようとします。小さな自己防衛ですが、その入り込んだものが大きいときは問題が生じます。

埃はたくさんのバイ菌を含んでいます。下手をするとデリケートな赤ちゃんの体内に侵入してしまっては熱が出たりと本格的な病気になってしまう危険もあります。

そんな時はうがいのできない赤ちゃんの代わりに、せめてガーゼなどで口内を清潔にし、できるだけ埃を取り除いてあげましょう。

4.気管支に食べ物が詰まった

うまく飲め込めなかったり、急いで食べてしまった時などにつっかえてしまったときに気管支に食べ物が入らないように咳をすることで防御します。

母乳や離乳食などは咳の勢いで内容物を戻してしまう場合があり、またその勢いで気管支にからんでしまう悪循環を起こしてしまうときがあります。

その時は赤ちゃんが落ち着くのを待ったり、咳のおさまらない時は人肌に温めた水をゆっくりと与えましょう。

5.異物を飲み込んでしまった

ハイハイをし始める赤ちゃんは家中の冒険をしています。大人が目につかないものを簡単に見つけ、好奇心を持ってなんでも口に入れたがるものです。

喉につっかかった物によっては窒息状態になってしまうこともあります。たとえ喉にひっかからずに胃の中に入ってしまってもトラブルがつきません。

咳をすることで間違って飲み込んだ異物をとるようにしますが、小さな赤ちゃんには難しく場合によっては飲み込んでしまう危険があります。そんなことにならによう赤ちゃんの背中を叩いて異物を吐き出せるように助けてあげましょう。

子供部屋を安全にするために注意すること

  • 尖ったものなどの危険物は取り除く
  • 常に掃除機をかける
  • カーテンはきちんとレールに止まっているか確認
  • ビニール袋などは置かない
  • 登れるような道具は置かない
  • 家具の上に壊れやすいものを置かない

6.赤ちゃんの咳を緩和する方法

抵抗力が落ちやすい夜間は気管支がさらに狭くなることから咳がひどくなりがちです。そんな赤ちゃんを見るのは心苦しいものです。少しでも赤ちゃんが咳から楽になるようママの愛情でケアしてあげましょう。

また部屋の乾燥は咳を悪化してしまいます。特に冬場の暖房には注意を払い加湿器などを置くようにしましょう。洗濯物も置けば同時に乾くことができ一石二鳥です。

咳を抑えるポイント

  • 50%以上の湿度を保つようにする
  • 必要に応じて白湯を少しずつ飲ませる
  • 縦に抱っこしてあげる
  • 空気の入れ替え

7.咳があるときの離乳食

咳があっても食事が通常通りできるなら、喉に通りやすい離乳食は問題ありません。離乳食も後期になると多少固形状のものを食べるようになるので、その場合は口の中で溶けるものや喉に刺激がないものを与えるようにしましょう。

フルーツは柑橘類は控え、フォークで潰したバナナすりおろしたリンゴなどをゆっくり与えましょう。

まとめ

赤ちゃんの咳が止まらない時はその状況を判断して応急処置をしましょう。咳がひどくなったりした時は夜間でもすぐに病院へ連れて行きましょう。

また自己判断ができないときもすぐに小児科へ赴き医師に受診をしましょう。悩む時間も減り赤ちゃんだけでなくママの心配も軽くなります。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング