子供がおもちゃを片付けない!しつけ方ってどうしたら良いの?

使ったおもちゃは出しっぱなし、部屋はいつも散らかり放題。余裕がないとついガミガミ怒鳴ってしまう。案の定、子供は大泣き、それを見て自己嫌悪。こんな毎日がずっと続くのだろうか…。

おもちゃ片付けのしつけ方ってどうしたら良いのでしょうか。

スポンサードリンク

まずは、子供が片付けやすい収納システムを作る!

「片付けなさい」のひとことでしつけが済めばラクですよね。でも、片付けには、複雑なタスクが多数、含まれています。子供は「片付けなさい」のひとことと、たくさんのタスクを結び付けられず、思考停止してしまっているのかもしれません。

やらなければならないことが、多すぎるうえに煩雑だと、大人でもいやになりますよね。まずは親の方で準備をしましょう。子供にも片付けやすいおもちゃの収納システムを作ります。

子供でも片付けやすい収納システムの仕組み

  • 普段遊んでいる場所に収納場所を作る(リビングで遊んでいるなら、リビングに)。
  • 普段使いのおもちゃは一か所にまとめる(リビングならリビングのみ!)。
  • 子供でもざっくり入れられる、おおきめのカゴ、箱を準備(色違いなどにしてわかりやすく)。
  • カゴや箱にはおもちゃの写真を貼るか、イラストを描いて何をどこにいれるのか明確にする。
  • 子供の目線に合わせて、床に近い場所に収納を作る。
  • 子供の年齢に合わせて収納場所を変える。

見た目の美しさにはこだわらない、という潔さも大事。子供の片付けは、大人が片付けるより見栄えは劣ります。しかし、見た目の美しさを優先させるより、子供が片付けをマスターする方が、子どものためになりますよね。

具体的でシンプルな手順

収納システムを作ったら、具体的な片付けの手順を子供に教えましょう。小さいうちは、子供と一緒に片付けるようにします。

片付けの手順

(イントロ)片付け気分を盛り上げる
1.おもちゃの集合
2.仲間分け(友だちさがし)
3.おうちに帰る

まずは、部屋中に散乱したおもちゃを一か所に集めます。それから、収納システムで準備したカゴや箱ごとに、仲間分けをしましょう。「ミニカーさんのお友達はだれかな」「カードの仲間はどれかな」

カテゴリー分けをしたうえで、おもちゃをカゴや箱に入れ、カゴや箱をもとの場所に戻し片付けは終了です。先にカゴや箱を集合場所のそばに持って来てもいいですし、カテゴリーごとのおもちゃをカゴや箱に運んでもらってもいいでしょう。

最初のうちは、手順ごとに親が誘導します。「集合してもらおうか」「お友だちをさがそうか」「おうちに帰ってもらおう」などと、タイミングを見ながら声かけを。

「片付けは楽しい」と、子供に思ってもらうために

「片付け=ママが怖い顔して怒るもの」という刷り込みがされていると、子供はなかなか片付けをしようとしません。ですが、「片付け=ママが笑顔になる楽しい、うれしいもの」という刷り込みがされていれば、子供は自然に片付けを始めます。

楽しい雰囲気を作るようにしましょう。

イントロで、片付けの気分を盛り上げよう!

片付け前のイントロとして、お片付けソングを一緒に歌って片付け気分を盛り上げるのもおすすめ。

アップテンポなお片付けソングも。

モチベーションのあがるアニメはいかがでしょうか。

ゲーム化して、片付けは楽しいものだと子供に刷り込む!?

各手順をゲーム方式、クイズ方式にすると、子どもは競うように片付け作業をします。

片づけをゲーム化する声かけ例

おもちゃの集合:「どっちがたくさん、おもちゃを集められるかな」
仲間分け:「○○ちゃん(人形)のお友達は誰かな。どっちが早く見つけられるかな」
おうちに帰る:「ミニカーさんのおうちはどこだろうね?」

楽しすぎるあまり、子供がまたおもちゃを散らかして、もう一回やりたがるというデメリットもあるかもしれませんが…。

また、「おもちゃ片付けマン」がママを助ける、というような設定も男の子には有効です。

親:あっ!お部屋散らかし怪人がいたみたい。片付けマン助けて~。
子:片付けマン参上!

親:(むちゃくちゃもったいぶって)いまからミッションを伝える!
子:はっ!
親:夕ご飯の前に、おもちゃを片付けるのだっ!!
子:ラジャー!!

どれだけ演技に集中できるか…がキモです。余裕のあるときでよいので、工夫してみましょう。

増えていくおもちゃにどう対応する?

油断していると、あっという間に増えていくおもちゃ。収納場所があっても、いずれ、はみ出てしまいますよね。

子供に捨てるおもちゃを選ばせる。

おもちゃが増加していく状態は、野放しにはしておけません。おもちゃが多すぎると、子供が自分で片付けることに支障が出てきます。おもちゃを減らす作業は親がフォローしましょう。

  1. はみだしたカテゴリー(カゴや箱)のおもちゃをすべて出す。
  2. 好きなもの、遊びたいおもちゃ順に子供にランキングをつけてもらう。
  3. ランキング下位のいくつかのおもちゃを収納場所から移動させるか、捨てる。

ともかく、選択を子供にさせること。選択する力を養うことが、あとあと本人の片付けの能力に影響します。

ですが、小さな子供に「捨てる」を選択させるのは難しいかもしれません。子供に捨てる決断ができない場合、いったん預かって押し入れにでも保管します。

預かったおもちゃは、おもちゃの対象年齢が過ぎたころに本人に判断させます。小学校高学年の子にアンパンマンやしまじろうのおもちゃを見せたところで「いらない」の一言で済みますから。

まとめ

ガミガミと怒鳴って、結局は子供の代わりに片付ける。これは、「片付けは、自分がやらなくても誰かがやってくれる」というイメージを子供に植え付けてしまうことになりかねません。

最終的な目標は自分の身のまわりを自分で片付けられる大人にすること。子供には将来、汚部屋の主やゴミ屋敷の住人になってほしくはないですよね。片付けにまつわるしつけは子どもへのギフト。そう思って、片付けのしつけに工夫してみましょう。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング