女子会でネタにされる男性はこれ!気を付けたい男性の行動6選!

「実は女子会でいじられている!?」

もしそうだとしたら、男性として気になるトコロ。なにをどう面白おかしくいじられているのか、気が気じゃありませんよね。女子会でネタにされる男性の行動とは、どんなものなのか、チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

「俺かっこいい」系言動

ついつい言っちゃう、自慢・武勇伝。かっこつけたくて、ちょっと(かなり?)話を盛ってみる。ですが男心からくる自慢や武勇伝も、女子同士の情報ネットワークで裏をとられているかもしれません。

「私、アイツと地元が一緒だったっていう知り合いいるけど、そんなやんちゃだったなんて言ってないよ~」

男性が大真面目に話す武勇伝も、女子にとってはあまりにも現実離れしているので失笑を買うネタになりがち。

同様に、ナルシストな男性もネタにされます。女性は、自分が属しているグループでの自分の立ち位置を客観的に測定しています。

恋愛にハマっているのでもなければ、自分に酔う、もしくは自分に酔っている姿を他人に見せつけることは、ほぼないと言っていいでしょう。ナルシスト男性の言動は奇妙に見えるのです。

意識高い系

「徹夜続きでぜんぜん寝てね~」

「ドラッカー読んでない?ありえない。ドラッカー読んでないってマズいんじゃない?」

「明日の予定はバッファーなくてタイトだからリスケしなくちゃだな。あの約束、まだフィックスしないで。ペンディングでね!」

意識高い系の言動。いじられていますよ。SNSに意識高いコメントや画像を投稿しようものなら、女子会のネタになることうけあいです。さらに、対応の仕方もネタとして盛りあがっています。

「私はめんどくさいから『すご~い』で全部済ませてるよ」「私は『それってどういう意味なの?』ってなんでもかんでも質問する。すぐ黙るからおすすめ」

天然系、変わりもの系

「どうしてそこでそういう行動に出る?」

予想外のダイナミックな行動をとる男性もネタになりがち。「私が知っている○○さん列伝」として女子会で発表されています。

「私はこのまえ○○さんが丸ごと茹でたカボチャをお昼ごはんにしているのを見た」
「私は、裸足で駅のホームにいるところを見た」
「一心不乱にカラスに餌付けしていた」

とはいえ、天然系、変わりもの系男子は、自分が女子会のネタにされようがされまいが、おそらく興味はないでしょう。ここに挙げる意味はないかもしれませんね。

ケチな男

男性の経済力は女性にとって気になる要素です。だから、ケチな男はネタになりやすい。ケチな男のケチエピソードがネタとして共有されます。

これは周りの女性に警鐘を鳴らす役目も担っています。

「あいつはダメだ。やめとけ」といった感じになります。

相手によって態度を変える男性

可愛い子にはやさしく、そうでもない子にはちょっと冷たく。男性だったらよくある行動。しかし、その行動要注意。これまた、女子同士でしっかり共有されています。

可愛い子が話すあなたの言動、そうでもない子が話すあなたの言動。総合すると、あなたの評価は「顔で態度を変化させるイヤなヤツ!」せっかく可愛い子に優しくしたことが、裏目に出るのです。

同様に、身近な女性に手当たりしだいアプローチをする男性の情報も共有されています。

女子ウケしないファッションの男性

「あれでカッコいいと思ってるんだよね。ウケる~!」

女子ウケしないファッションを身にまとうのは危険です。

女子会のネタになりやすいファッション

  • 「自分では」カッコいいと勘違いしている。
  • 無頓着すぎる。
  • 周りの女性がついていけないほどハイセンス。

男性は、女性ほどには服装に重きをおいていません。ですが、女性にとってファッションは、自分の価値を決めるものでもあり、コミュニケーションツールでもある。おろそかにするなんてありえないのです。

女子会でネタにされたくないのなら、女子ウケまではいかなくとも、違和感をもたれないファッションを心がけましょう。ですが、おしゃれすぎても陰で笑われる可能性も。ネタにされたくなければ、「そこそこ」におさめるようにしたいところ。

まとめ

女子会でネタにされる男性は、だいたい「残念な男」というカテゴリーに入るのかもしれません。これは、純粋にコンテンツとして楽しむ要素と、「あいつはヤバイから気をつけろ」という警鐘、ふたつの意味があります。

ですが、「○○さんって、いい人だよね~」「かっこいいよね~」で盛り上がるパターンもあります。必ずしも女子会でネタにされるのは悪いことではない。

女子会で情報が共有されると、ただちに口コミが広がっていきます。それを逆手にとり、女子会で話題になるような、自分の好感度があがるようなネタを提供する、という戦略に出てみるのもいいかもしれませんね!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング