子供の学力は親のせい?子供の学力を向上させる育て方は!

子供の学力は親のせい?子供の学力を向上させる育て方は!

親は有名大学を出ているのに、なぜうちの子は優秀じゃないんだろう…こんな疑問を持ったことってありませんか?また逆に、親が並の成績で学業を終えているのに子供がクラスのトップになるときもあります。

子供の能力は生まれつきのものに、その育つ環境によって発達するものです。幼稚園の時からその知性は芽生え出し、その知能は一生プラスの方向に進んでいきます。

そして家族が知識豊富で子供にたくさんのことを教えてくれたり、賢い人生の歩み方を教えてくれるのならさらにその能力は伸び続けていくことでしょう。

そこで、今回はそんな可能性のある子供の能力を向上させる教育法について、様々な例を参考に見ていくことにします!

スポンサードリンク

1. 一般的な知識を教え込む。

子供がいろいろな事に興味を持ち始めたら、一般知識としての話題を時折持ち出すことはこれから学ぶ学業の良いサポートとなるでしょう。

親が頻繁に話題にすることは子供はすぐに吸収しますし、その時点では興味のなかった。理解できなかった。そんなことでも繰り返し教え続けることで無意識に頭に叩き込まれるようになります。

まだこれといって興味があるものがないのであれば、幅広いジャンルのものを教えて視野を広げさせることも大事です。そうしているうちに、自然と子供というのは一つのことに打ち込みたい情熱を湧かせるようになっていくものなんです。

2. 子供の質問にわかりやすく説明してあげる。

子供は好奇心でいっぱいですので、大人にとって関心のないことでもところ構わず質問してきます。そんな時はたとえ詳しく知らなかったとしてもできるだけ簡潔に説明してあげましょう。

また子供からの質問に対して答えるのみでなく「どう思う?」など意見を言わせることも大切です。このようなやり取りをすることで、大人とのコミュニケーションをすることができ、まだ正確でなくとも具体的な答えを述べることができるようになります。

そして少しづつ知識をつけることにより、自分なりの意見を確立するようになります。

3. 子供の関心のあるものを体験させる。

外国語をすぐに覚えるように、子供の脳は非常に柔軟です。それに様々なものを即座に吸収します。一度子供が何かに興味を持ち始めたら、これは知識を習得する絶好のチャンスと言えるでしょう!

積極的に興味がある分野を体験させ、身近に感じさせることで子供は刺激を受けます。親がその時に注意したいことは「決して子供の先を進まないこと」です。子供に聞かれたら答えるというパターンでサポートしていけば十分学力の向上にもつながっていきます。

ただ、たとえどんなに夢中に取り組んでいる子供だったとしても、やはりいつかは飽きがきます。そんな時は焦らず「臨機応変」に対応しながら次回の展開を期待しましょう!

4. 勉強が困難でも「楽しいよ」と応援する。

大人にとっては簡単なものでも、子供にとっては難しいもの。それが「勉強」です!簡単なものも分からず時にイラッとしてしまうこともあるかもしれませんが、ここで怒鳴ったりしては子供がパニックに陥ってしまうだけです。

問題を解決するどころか逆に怯えてしまい、せっかくしていた勉強だったのに嫌いになってしまいます。

「なんでこんな簡単なことがわからないのか?」なんて責めたりせず「ちょっと難しいけど楽しい問題だよ!」なんてやる気を促す態度で接してあげれば、きっと子供の学力もグングン伸びていくことでしょう。

勉強中に子供に言ってはいけないこと

  • お前は無知だ!
  • なぜいくら言ってもわからないのか?
  • やったばっかりでしょ!
  • 近所のあの子はもっと出来るよ!
  • 良い点数を取らないとおしおきだからね!
スポンサードリンク

5. 歴代上の偉大な人物を紹介する。

時折テレビや本で紹介される歴史上の偉大な人物を例に挙げて話すのも非常に良い刺激を脳に与えます。子供はそんな偉人に興味を持ち「この人は何をしたの?」とか「どのやって偉くなったの?」なんて聞いてくるようになります。

そんな人物に好奇心を持った子供にわかりやすく説明してあげることで、英雄になることはカッコイイ事だと思ってもらうだけでも十分です。

また、そんな英雄と「誕生日が一緒」だったり小さな共通点を見つけては身近に感じさせ、自分もそうなりたいと漠然と思ってもらうのも良いかもしれません。

6. 魅力的な仕事を見せる。

子供にとって魅力のある仕事を頻繁に見せたり、語ったりすることも非常に重要です。

子供のうちは見かけが印象的な仕事が夢の仕事になる傾向にありますが、ある程度学業が進んだなら具体的な能力を必要とする仕事を紹介していくのも良いでしょう。

一つの仕事に興味を持ったなら、それに必要となる学歴やスキルなども伝えてあげても良いと思います。子供にはまだ先のことかもしれませんが、親からの大切なアドバイスは耳から抜けることは決してありません。

「子供は親の背を見て育つ」ものです。何も言わなくとも親に知性があればそれに伴った行動や思考を本能的に察知してくれます。そして自分に必要な能力をそんな親から学んでいくものです。

7. 知的な人の話題をしたり、実際話したりする。

知性のある人や有名な人達の話をするのも役に立ちます。優秀な人々についての話は教訓を含んでいたりと非常にためになるものばかりです。

子供にもそんな人たちを紹介し「この人は頭がいいよね」などと褒めの言葉を言って子供に興味をもたせましょう。直接的であるにしろ間接的であるにしろ、知識のある人達との交流は子供の学力を無意識のうちに伸ばしていくことに繋がります。

まとめ

子供の学力を上げるには決して焦らず、強制をしないことです。また親の期待に応えることができなかったとしても絶対に攻めてはいけません。

実際に子供は叱られて学力を向上させていくということは決してなく、親に見守られながら伸びていくものだからです。