旦那の子育てにイライラする!旦那の子育てはこう任せよう!

ぎこちない手つきで子育てをする旦那を見るのは少し心配になりますよね?

やっぱり妻にとって、旦那の子育ては100%安心して任せられないのが本音です。余計な時間を費やしては、後始末は結局妻がしなければならない。こんなことでイライラしてしまいがちですよね。共働きの家庭であるならば尚更です!

そこで今回は、旦那ができそうな子育ての内容を判断しながら「これなら大丈夫!」そう思えるまでの「役割の与え方」などについてのお話をしています。

スポンサードリンク

1. 飽きだした子供を散歩に連れて行く。

家事に追われた妻が旦那を使いたくなるのが「外に行きたがる子供を散歩に連れ出す役目」だと思います。子供が疲れた時など容易に抱っこができますし、妻とは違った散歩コースをたどってくれたりしますからね。

リクエストに応じて肩車やスポーツなど、いかにも男性の親といった感じの子育てメニューで子供を楽しませてあげるのが良いと思います!

2. パパの得意な子供の遊び相手

妻に時間がなくて子供の相手ができない時は、ぜひ寝そべる旦那を使いってしまいましょう!たとえ仕事に疲れていても、妻に時間がない時は、普段子供とのコンタクトが少ない旦那を遠慮なく呼び寄せてしまってください。

一般的に男性は子供と遊ぶことでリラックスできますし、子育てに関しては現実主義になる妻に対して、旦那は割と理想主義だったりなんかします。

時折心配になる旦那の子育てですが、見方によっては妻とは違った新しい価値観で子供の世界を広げてくれる役割を担ってくれたりもすることでしょう。

3. ブクブクお風呂に入ろう!

子供のお風呂入れも旦那に任せてしまいましょう!

子供も楽しくなってくれば、お風呂の時間が来ると子供自ら催促するようにもなってくるでしょう。

お風呂上がりのパパとの一杯も醍醐味の一つです。もちろん子供はジュースで乾杯ですが、いかにも大人を気取って「ア〜ッ!」なんて美味しそうにパパの真似をします。

こんな感じで、子供がパパを自然と呼び出すような仕掛けをつくってあげれば、きっと旦那にとっても楽しく子育てに参加できると思います!

楽しいお風呂場での遊び

  • 手でピューッと水鉄砲
  • ジョウロ
  • プカプカ浮かぶ動物
  • 小さなバケツ

お風呂場にこんなものを置いておくと、旦那が勝手に使って遊んでくれたりしますので、こういった小道具も準備しておくと良いですね!

[adsense]

4. パパと楽しく学校へ行こう!

学校が家から離れていたり、渋滞するようなところを通らなければならない時など、旦那に送り迎えをしてもらえると妻としてはかなり安心できると思います。

旦那が送り迎えするのが普通になってくれると、やはり自分の仕事として責任感が生まれてくるので、雨や雪などの天候の悪い日でも自然と送り迎えをしてくれるようになるでしょう。

最初は嫌がっていたとしても、繰り返し旦那に役割を与え続けていくことで、いつしかそれが当たり前になり、ゆくゆくは勝手にやってくれるようになったりします。

5. 毎晩の寝かしつけ!

子供は良い睡眠ができるように、眠る前には基本ママを必要とします。

しかし時によっては疲れているときもありますので、そんなときは旦那にバトンタッチしてしまいましょう!

しかし寝る前は「できるだけ興奮させないように」と旦那に言い聞かせましょう。

絵本の読み聞かせをしたり、興味のある話をしてあげたりするのも良いですが、特に何もしなくても親がベッドに付き添ってくれれば満足して眠ってしまうときもあります。

ただ任せると言っても、経験が少ない旦那にとっては分からないことだらけだと思います。なので、普段どういう風にしているのかを教えてあげたり、こっそり影で見ててもらうといったことが「上手くやってもらえるかどうかのポイント」になってくるでしょう!

まとめ

もしこれだけの子育てをマスターできれば、きっとあなたのイライラも極力少なくなってくるかと思います。とは言っても、やはり妻よりも子育て対しての重要度が低いのが旦那というもの。

なので、当然妻よりも劣る部分が沢山あるでしょう。でもそんな旦那の不器用さを責めるばかりじゃなく「ときには褒めながらやってもらう」これが賢い妻の育児方法なんだと思います。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング