メールを返信しない女子の心理は!なぜ返してくれないの?

メールを返信しない女子の心理は!なぜ返してくれないの?

日常生活の一部になったメールというのは、現代のコミュニケーションツールとしてもはや不動の地位を確立した存在と言っても過言ではないでしょう。その内容はシンプルなものから重要なことまで本当に様々です。

そんな中、せっかく打ったメールが無視されてしまうことも時にあるでしょう。今回はそんなメールを無視してしまった女性の心理についてのお話です。

基本的に女性というのは「関心のないこと」「納得のいかない」こと、そして「相手と気まずい状況」になっているときの返信は避ける傾向にあります。もちろん他にも理由があります。…では、一体なぜ女性はメールを無視するんでしょうか?

スポンサードリンク

1. 送られた内容に触れたくない。

まずは「内容がイヤなものだった」こんなパターンの時です。

自分に都合の悪い内容だったりして返信ができない状態です。

ただそんな女性の無視する態度に苛立ち、しつこくメールを送信し続けてしまう人もいるんですがこれはNGです!その悪循環で余計に返事ができなくなったりします。

2. 自分のことを思っていてほしい。

女性にせっかくメールを送ったとしても返事が返ってこないのは、男性として大切に思われているか、思われてないかの二択に分かれてきます。

例えば控えめな女性が久しぶりに男性からのメールを貰ったのであれば、感動してできるだけその感情を長く心に残しておきたいと思うこともあるでしょう。

さすがにそこまでではなかったとしても、せっかくの久しぶりなメールなので丁寧に返事を返そうと思い、想像以上に時間が掛かってしまうパターンなんかもあります。

逆に面識が薄く、そこまでの関係性もつくれていないようであれば、これは返すのが面倒臭くなり削除されてしまった可能性があります。

3. その場で決められない予定を聞かれた。

自分にとって緊急で容易な用件であったとしても、受けとった女子にとっては即答できない内容だったりするときがあります。なので一旦保留にし、後で返事するつもりだったと言う場合も考えられるでしょう。

例えばすでに入っているスケジュールが相手に知られたくない、かつ丁寧に断りたいときに「その断る理由を考えている」こんなパターンで一旦無視されるといった状況です。

メールをくれる相手に失礼のないような返事をするにはどのような理由をつければいいのか、もしかしたらこんな事を迷っているのかもしれません。

スポンサードリンク

4. コンタクトを取りたくなかった日がある。

感情の起伏が激しい女性としてはちょっとした影響で気分があがったり、逆に落ち込んだりしてしまうときがあります。ブルーになってしまうときは友人との会話もままなりませんからね。

という訳で気分の落ち込んでいるときなんかには外部とのコンタクトをシャットアウトしたくなる気分になったりします。こういったときにメールを貰っていたとしても、その確認すらせず放ったままにしてしまうことがあります。

もしかしたらこういった「女性の感情的なことからくる無視」のパターンも可能性としてはあるかもしれません。

5. 返事する必要がないと思った。

さほど重要でない内容と判断したら、女性はメールを読んでも返事を省略したりします。

もし返事を求められてると思ったら返信をしてきてくれるんだろうとは思いますが、終わったと判断したら恐らくもうメールの返事はしてこないでしょう。

こっちとしては「返信してきて欲しいんだけど…」なんて思ってはいるけど、相手からすればもうやり取りは終わっていると思っている。こんなときに「無視された」と感じてしまうのでしょう。お互いの認識違いってことも時にあったりするものです。

6. 単に忘れてしまっていた。

最後は単に「忘れてた」です。

毎日ハードスケジュールな女性であれば、常に忙しくしていると思うのでこういったことも当然起こってきます。特に気に留めない男性からのメールであれば尚更です。

何度メールをしても返事がこない場合、メールだけでなく携帯に電話してくる男性もいます。そんなときは「今しようと思ってたの」とか何かしらの言い訳で上手にその場を凌がれたりしてしまうんですが、こういったしつこい確認は「うざい」と思われてしまいますので、できればしない方が良いでしょう。

まとめ

何度も言ってしまうのですが、メールの返事が返ってこないからと言って女性を一方的に攻めたりするのは本当にお勧めできません。ちょっとしたことで怯んでしまうデリケートな女性だっていますし、気の強い女性であればもう関われない程嫌われてしまうケースだってあるんです。

心身ともに忙しい女性というのは、日夜いろんなことで頭がいっぱいです。そんな女性を気長に待つことも時には必要なのかもしれません。