ハロウィンって何で始まったの?起源や由来って何?

ハロウィンは大人も子供も楽しめる10月最大のお祭りですよね。小さいお子さんがいるご家庭では、かぼちゃを使ったオブジェクトを作ったり、ホームパーティをしたり…今から準備している方も少なくないと思います。

また、繁華街やイベント会場では盛大にハロウィンのお祭りが行われます。大人も子供も様々な仮装をして楽しむことが出来ますよね。実は、大人が思いっきり仮装して堂々と街中を歩ける国は日本だけなんだとか!

ですから、最近では海外からの観光客もハロウィンパレードに参加しています。そんなハロウィンですが、もともとはどのような行事だったのでしょうか?またその起源はいかに??

ハロウィンについてのうんちくを知っていれば、よりハロウィンを楽しむことが出来そうです。今回は、今から楽しみなハロウィンの起源や由来についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.ハロウィンっていつ?何をするお祭りなの?

img3

10月はハロウィンだと分かっていても、普段からお祝いする習慣がない人は、具体的な日にちまでぴんと来ないかも知れません。ハロウィンは10月31日ですよ!!

この日は、カトリックの諸聖人の日の前日です。つまり、ハロウィンは前夜祭なんですね!

日本ではキリスト教でない方も、この日は思いっきりお祭り気分を楽しんでします。それでは一体、ハロウィンには何をするのが一般的かというと…

  1. かぼちゃをくり抜いてオブジェクトを作る
  2. 昔やったことある~なんて方も少なくないと思います。実は私はやったことがありませんが…。でも楽しそうですよねぇ。かぼちゃをくり抜いて、ランプを作ったりオブジェクトを作ったり…。

    お子さんがいるご家庭では、是非一緒にオブジェクトづくりを楽しんでくださいね。

  3. かぼちゃを使ったお料理を楽しむ
  4. くり抜いたかぼちゃは、クッキーやケーキにして食べると無駄がないと思います!女の子がいるご家庭では、一緒にお菓子作りにチャレンジしてみて下さいね。

  5. 子供たちが仮装して大人にお菓子をねだる
  6. 子供たちが仮装して「トリック オア トリート」と言って近所を回ります。意味は「お菓子をくれないと悪戯するぞ!」。これは私も小さいころやりましたよ。

    近所を回ってキャンディーをたくさんもらった覚えがあります。この日ばかりはたくさんお菓子を貰えるのでとっても楽しいですよね。

  7. 大人も子供も仮装パーティを楽しむ
  8. 最近のハロウィンパーティと言えば、主役は仮装。大人も子供も、いろいろなコスプレを思う存分楽しむことが出来ます。この日くらいは、大人も童心に戻っちゃっていいと思いますよ!

ハロウィンの起源は?

img2

もともとは、カトリックの諸聖人の日の前夜祭がハロウィンです。ヨーロッパでは、秋の収穫を願ったり悪霊を追い出したりする意味合いを込めて行われていた宗教的な伝統行事でした。

また、ケルト人は仮装することによって悪霊を追い払えると思っていました。自分も悪霊のような恰好をすれば、悪霊が勘違いしてくれるかも?的な発想だったようです。

また、甘いお菓子は悪霊をなだめる目的があったようです。かぼちゃについては、昔はカブを使っていたようです。カブをくり抜いて中にろうそくを立ててお供え物にしました。

カブの中の蝋燭は「煉獄」を意味しています。後のち、収穫量が多くくり抜きやすいかぼちゃが使われるようになったんです。

最近では、宗教的要素は薄れ、各国で仮装パーティーなどが行われるようになりました。日本で行われるハロウィンも宗教的な意味合いはゼロですよね。最終的には、楽しければOKなのが現代のお祭りです。

まとめ

以上、ハロウィンの起源や由来についてまとめてご紹介いたしました。今年のハロウィンは思いっきり仮装してパーティーを楽しんでくださいね!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング