冷凍保存の節約レシピ!節約のおすすめテクがこれ!

冷凍保存の節約レシピ!節約のおすすめテクがこれ!

色々と安く済ませたい!

そう思うのであれば常に「節約」を意識しなければなりません。光熱費やランチ代、生活雑貨の節約もいいのですが、今回は「毎日の食卓」に的を絞ってみたいと思います。

そこでご紹介したいのが「冷凍保存できる節約レシピ」です!

とくに兼業主婦であれば、毎日の家事や仕事に追われ忙しい日々を過ごしていることと思います。そんなとき、冷凍庫から出して解凍するだけでさっと使える食材があったらとっても便利ですよね。

なので「節約レシピ」の中でも「冷凍保存できる節約レシピ」に絞り、いくつかお勧めのレシピについてご紹介することにしました!

スポンサードリンク

何にでも使える!コスパ最強!!もやし入り肉みそ

img2

節約食材と一口に言っても沢山あります。でも私がまず一番始めに思い浮かべるのはやっぱり「もやし」です!もやしはスーパーなどでも30円以下で買えちゃう魔法の食材です。野菜炒めや野菜スープに入れてもおいしいですよね。

しかし、いくら節約とは言え毎日もやしを使った料理だと旦那様にもうんざりされてしまいそうです。なので今回は、このもやしを少しアレンジし「これ、本当にもやしが入っているの?」なんて驚かれちゃう、そんな「肉みそ」の作り方をご紹介いたします。

用意する食材

  • もやし1袋
  • 青ネギ1本
  • 合挽きひき肉100g
  • みりん
  • 砂糖
  • 味噌

作り方

  1. もやしをみじんぎりにして、よ~く水を切っておきます。青ネギもみじん切りにして水を切っておきます。
  2. 合わせ調味料を作ります。(みりん大さじ1、酒大さじ1、味噌大さじ2、砂糖大さじ1~お好みで。我が家では、カロリーをカットするためにスティックタイプのスリムアップシュガーを使っています。スリムアップシュガーのスティックなら3本が適量です)
  3. 熱したフライパンにごま油を適量しいて、合挽きのひき肉100gとみじん切りにしたもやしと青ネギを一緒に炒めます。
  4. ある程度火が通ってきたら、合わせ調味料を加えよく炒めます。
  5. 水気が飛ぶまで中火~強火で放置!
  6. 水気が完全に飛んだら出来上がりです。

今回の「もやし入り肉みそ」は敢えて濃い味に作っています。その理由は色々とアレンジしやすくするためです。また後ほどアレンジ方法も詳しくご紹介しようと思います。

ちなみになんですが、こちらに豆板醤を加えてもおいしく仕上げることができるので試してみてください。

もし冷めてしまったら、サランラップに小分けにして冷凍します。我が家は2人暮らしなので、この分量を3等分して保存します。全ての材料を合わせてもわずか200円~300円ほどで作れちゃうのでコスパは最強です!

肉みそはそのままご飯に乗っけてもおいしいですが、色々とアレンジの幅が広いお料理です。なので、早速ですがこの「肉みそ」を使ったとっても節約できるレシピについてをご紹介しようと思います。

アレンジ1

  • もやしとかぼちゃの肉みそ炒め

作り方は簡単!スライスして茹でたかぼちゃともやしを炒めます。程よく火が通ったら、解凍した「もやし入り肉みそ」を加えてさらに炒めます。これだけで、メインディッシュの出来上がりです!やみつきになる味わいですよ。そして「コスパは最強」です!

アレンジ2

  • 豆腐ステーキ肉みそチーズのせ

こちらもメインディッシュに最適なお料理です。もちろん、サイドメニューとしても大活躍します。豆腐はスーパーなどで安く手に入りますから「節約メニュー」には欠かせない食材です。豆腐の代わりに大根を使ってもおいしく出来ちゃいますね。

用意する食材

  • 木綿豆腐
  • 片栗粉
  • もやし入り肉みそ
  • スライスチーズ

作り方

  1. よく水を切った木綿豆腐に片栗粉をまぶします(木綿豆腐は、15分以上水切りしてくださいね)
  2. 熱したフライパン(深めのものがベスト)にサラダオイルを入れ、豆腐の面を丁寧に焼いていきます(きつね色になるくらいが丁度いい焼き加減です)
  3. 焼けたら、お皿に移す前に、解凍した肉みそとスライスチーズをのせます(こぼれないようにスプーンなどで乗せて下さい
  4. フライパンに蓋をして、チーズがとろけるまで蒸らします。
  5. お皿に盛りつけたら完成です!

片栗粉をまぶしているので、お豆腐は「外はもちもち、中はふわふわ」な食感です。チーズを加えることによって、よりマイルドな味わいに仕上がげることができます。これなら絶対に「もやしが入っている」なんて気づかれません!

かぼちゃやさつまいもは茹でてから冷凍!

img3

シーズン物である「かぼちゃ」「さつまいも」などはびっくりするほど大安売りしている時期があります。

はっきり言って、そんな時期に買わないなんて「損」です!買いすぎちゃって冷蔵庫で腐ってしまうことを心配しているのなら、茹でてから冷凍保存がお勧めです。

かぼちゃやさつまいもを冷凍保存するときは、少し固めに茹でておくのがポイントになります。その方が、後で使う時にアレンジしやすくなりますからね。解凍した時にもっと柔らかい方が良い…なんてときはレンジでチンしちゃえば良いだけです!

解凍したかぼちゃやさつまいもはサラダや炒め物、煮物にアレンジして使います。

冷凍しておけば、「今日ちょっと一品足りないな」なんてときにも便利です。冷凍したかぼちゃを煮るときは時短できますしね。

ホウレンソウは冷凍保存が基本

毎日飲むお味噌汁に入れたいのが「ホウレンソウ」です。鉄分たっぷりで栄養も豊富に含んでいます。

そんなホウレンソウを使いたいんですが、ホウレンソウってのは値段が安い時期と高い時期が顕著なんです。であったら、安い時期にまとめ買いするのがお勧めです!

ホウレンソウを熱湯で2分程度茹でてから、よ~く水気を切って小分けにします。そしてそのまま冷凍しちゃいましょう。汁物に入れるときは冷凍したままでも使えます。炒め物に入れるときは自然解凍すれば良いだけです!

まとめ

以上、日々「節約」を心掛けている私がお勧めする「冷凍保存できる節約レシピ」をいくつかご紹介いたしました。

是非これらの食材が安い時期を見計らって冷凍保存しちゃってください!でも冷凍保存し過ぎると、我が家の冷凍庫みたいに他のものが入らなくなってしまいます。ほどほどに頑張りましょう笑