彼氏と喧嘩ばかりする!この関係をなんとかしたいなら!

彼のことが本当に大好きなのに、なぜかいつも会うと喧嘩ばかりしてしまう…。特に倦怠期のカップルに多いお悩みではないでしょうか?

特に何が嫌なわけではないのですが、彼氏の言動にいちいち腹が立ってしまう…そんな時期ってありますよね。そんなときは、彼氏に優しくされても苛立つものです。

もちろん、彼氏にだってそんな時期がありますよね。自分が何を言っても喧嘩腰な態度をとられてしまう…これって本当に嫌ですよね。そんなときは優しい言葉をかけても「それって嫌味?」なんて言われてしまったり…。

今回は、今現在彼氏とあんまりうまく行ってない…そんなあなたのために「彼氏と喧嘩ばかりしてしまう関係を改善する方法」をご紹介します!

スポンサードリンク

1. 口調や語調を改める。

img6

普段から言葉遣いが悪い人って、特別ひどいことを言っている訳じゃなくても悪い方に誤解されてしまいますよね。それはとても損なことです。

例えば「いいよね!」と言うつもりでも「いんじゃね?」では、気持ちが伝わりません。女性同士の会話ならまだしも、男性の前ではキレイな言葉遣いを心掛けた方が良さそうです。

語調もそうですが、口調に関しても気を付けた方が良さそうです。同じ励ましの言葉を投げかけるにしても、口調次第で相手の捉え方は変わってしまいます。

特に、生まれつき声が張っていて大きい人はご用心。自分では優しい口調で話しかけてたつもりでも、相手からは「責められてる?」なんて誤解されてしまう可能性があります。

喧嘩になりそうな相手と話す時は、大声ではなく、小さな声で柔らかくささやきかけるように…これを意識すれば、何を言ってもすぐに喧嘩!なんてパターンからは抜け出せそうです。

2. まずは相手の話を聞く

img3

痴話喧嘩の多くは、単なるすれ違いです。すれ違いの主な原因は「相手の話を聞かないこと」です。なので、彼氏が口を開いたらまずはその話をじっくり聞いてみましょう。

話を聞き終えるまでは、決して「でもさ!」などと否定的な発言はしないように!また「要するに…なんでしょ?」と彼氏の話を勝手にまとめ出すのもNG!

他にも「私の場合は…」だなんて、彼氏の話を自分の話題に持っていく行為もしてはいけません。これは特にむかつかれてしまいます。彼氏の話がつまらなくても、とりあえず聞いているふりだけはした方が良さそうです。

3. 過去の話題はなるべく避ける。

img4

カップルの会話において過去の話題がタブーなのは一般常識です。もちろん、二人で楽しく過ごした日々をラブラブに語るのなら問題ありません。

しかし、いくら楽しい思い出でも「でもさ、あの時○○しておけば良かったね」なんて話になったら大変です。楽しい思い出に対するダメ出しから喧嘩に発展するケースは多々あります。

また、喧嘩の最中に絶対言ってはいけない「昔は○○だったのに!」…この言葉を言われた方はショックを受けますし、かな~りむかつくと思います。人間は変わりながら成長していくものですからね…いい意味でも、悪い意味でも…ですが。

他にも、元カノ・元カレの話題は何があってもNG!これは、喧嘩を招くだけの地雷ワードに他なりません。

[adsense]

4. お互いに干渉しすぎない。

img2

喧嘩の原因として、忘れてはいけないのが「過干渉」ですよね。彼氏のことを思うばかり、ついつい束縛もしてしまうし、余計なことに口出しをしてしまうのです。

しかし、その思いは彼に上手に伝わりません。束縛されれば窮屈ですし、余計な口出しをされて思わずむっとしてしまうこともあるでしょう。

きつ過ぎる束縛は言うまでもありませんが、お互い干渉しすぎるのは良くありません。毎日べったりしているからこそ、喧嘩が勃発してしまう場合だってありますからね。

5. 感謝の言葉は忘れずに!

img7

付き合いが長くなればなるほど、感謝の気持ちを言葉にすることがなくなってきます。そりゃ照れくさいですし、お互いの善意に対しては「それが当たり前」になっていくのは当然です。

しかしそれはちょっとまずい状況です。お互いに感謝の気持ちを言葉にしなくなるとイライラが募るばかりです。小さなことでも嬉しいことをしてもらったら、必ず「ありがとう」を口にしましょう!

6. 時には彼を褒めてあげて

img8

付き合いが長くなると、なかなかお互いに褒め合うことはしなくなりますよね。いくらあなたが美人でも、彼氏が見慣れてしまえば褒めてもらえなくなってしまいます。それはとても寂しいですよね。

それならあなたから積極的に彼氏を褒めてあげましょう。褒められた彼氏は気を良くして、あなたに優しくしてくれるはずです。そうなってくれば、彼氏は再びあなたの魅力に意識が向くはずですよ!

まとめ

以上「彼氏と喧嘩ばかりしてしまう関係を改善する方法」をご紹介いたしました。

まずは自分から「大人になる」ことを実践しましょうね!相手に求めるのはその次です。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング