ドイツ人は日本好き?日本嫌い?日本人をどう見ているの?

さて、世界の人たちは日本について一体どう思っているのでしょうか?

これは、日本人にしたらとっても気になる話題ですよね。最近では、外国人が多く登場するバラエティ番組が増えてきました。私は結構ハマって見ていますが、みなさまはどうでしょうか?

多くのアジア人は日本人嫌い!なんて言われていますが、ヨーロッパ諸国の人々は、あまり日本人に関心がないように思えます。でも、待って下さい。実を言うとドイツ人は「日本好き」な人種として知られているんですよ。

私はドイツ語を勉強していたので、ドイツ人と接する機会がたくさんありました。また、多くのドイツ人の友人がいます。今回は「ドイツ人が日本をどう思っているのかがよく分かるエピソード」をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

日本にいるドイツ人はもちろん日本が大好き

img2

これは当たり前のことですが、好き好んで日本に訪れているドイツ人はみんな日本が大好きです。また、ビジネスで日本を訪れたドイツ人の多くが日本に好感を持ってくれます。

もちろん、中には日本が苦手なドイツ人だっていますよ!私が仕事で関わっていたとあるドイツ人の紳士は、どうしても日本が好きになれない様子でした。

日本でのビジネスが成功していたにも関わらず、あっさりと仕事を辞めて祖国に帰ってしまいました。そんな話を聞くと、ちょっと寂しい気分になりますが、やはり日本の礼儀を大事にする文化になじめなかった様子でした。

ここで、日本在住のドイツ人から見た日本の印象をご紹介しましょう。

日本が好きなドイツ人の話によると…

とある私のドイツ人の友人は日本がとても気に入った様子でした。ワーキングホリデーとして日本に訪れていた彼ですが、なんと労働ビザを獲得して日本で何年も暮らしています。

日本のお気に入りポイント1

渋谷の六本木が素晴らしい!

彼が日本を気に入ったポイントは、なんとクラブが充実していること!六本木や渋谷のクラブに夜な夜な通い詰めていたようです。ドイツにも当然クラブはありますが、規模が段違いだそうです。

ちなみに彼は、渋谷の大きな電光掲示板を見た瞬間、日本で暮らしたいと思ったようです。まるで「近未来都市」だと驚いたそうですよ。

ヨーロッパ各国には、ベルリンやロンドンを始めとする近代都市が多くありますが、日本の規模には及びません。なので、渋谷の街を見て、日本にぞっこんになる外国人が多いんですね!

日本のお気に入りポイント2

女の子がかわいい!

ヨーロッパ男性から日本の女性は人気がありますよね。友人の話だと「とにかく皆オシャレ!」とのこと。ちなみに、日本人の男性は「みんなダサくて、イケてない」…だそうです。残念…。

日本のお気に入りポイント3

日本の文化が素晴らしい!

京都やお花見など、日本独特の建造物や文化に惹かれる外国人はたくさんいます。ですから、ここはちょっと割愛して…。ドイツ人が大好きな日本の文化…堂々の第一位はアニメです!

日本のアニメは、結構ドイツ人をモデルにした登場人物が多いんですよね。例えば「新世紀エヴァンゲリヲン」の惣流・アスカ・ラングレーが代表的な例です。日本のアニメでは、ドイツをかっこよくて美しいものとして描くことが多いんです。

そのため、アニメ好きなドイツ人は日本が好きなんですね。ドイツでは、かなりの本数の日本のアニメが放映されています。また、アニメソングを歌ったメジャー歌手もドイツでは人気があります。

例えば、ラルク・アン・シエルや宇多田ヒカルは、ドイツでは知る人がいないくらい有名なのだとか…。なんだか嬉しいですよね。

日本が好きになれなかったドイツ人の話によると…

一方、日本がどうしても好きになれなかったドイツ人にその理由を尋ねてみると…

  1. 残業が多い
  2. ドイツでは、残業はほとんどありません。確かに、そんな国から見ると、日本の残業率は異常ですよね。

  3. 日本人は不親切
  4. ドイツ人は決して陽気な人種ではありませんが、やはり日本人の方がユーモアがありません。また、日本人の多くはとってもシャイですよね。

  5. 食べ物が合わない
  6. 多くのドイツ人は、日本のうどんラーメンを気に入ります。反対に、日本食がどうしても口に合わないドイツ人は大勢います。

    また、ヨーロッパ人はベジタリアン率が高いので、ベジタリアンほぼゼロな日本の文化には付いていけないのかも知れません。

[adsense]

ドイツ在住のドイツ人だって日本が好きです

img3

さて、これまでは日本在住のドイツ人から見た日本の印象をご紹介して参りましたが、続いてはドイツに住んでいる(日本とは縁もゆかりもない)ドイツ人のエピソードをご紹介しましょう。

まず、ドイツ人は基本的に日本に対して友好的です。その理由は、第二次世界大戦まで遡ります。ドイツと日本は戦争連盟国だったんですね。ドイツ人は、その教育を受けています。

一方、他のアジア諸国はあまり好かれていないようです。私がドイツへ長期滞在する前、よくドイツ人の同僚からアドバイスされたものです。不利なときは日本人であることを主張するように…と。

これもやはり戦争に関係しています。ちょっと残念な気もしますよね。

また、私の上司がドイツ赴任した時の話ですが、隣に住んでいたおばあちゃんから毎日「ザッハトルテ」の差し入れを貰っていたのだとか…。若い世代の人たちだけでなく、お年寄りも日本に好感を抱いているんですね。

まとめ

以上「ドイツ人から見た日本のイメージ」についてご紹介いたしました。

ドイツでは、多くの人たちと仕事で関わりましたが、みんなとても優しくしてくれました!日本はちゃんと愛されているんですね。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング