蚊取り線香に害はあるの?妊婦が吸っても赤ちゃんは平気!?

暑~い時期になると途端に増え始めるのが、あの厄介な「蚊」ですよね!

あなたはそんな厄介な蚊の被害に遭ってはいませんか?最近、蚊が媒体の恐ろしい病気も横行しています。もう、安心して蚊に刺されることも出来ませんよね。

蚊に刺されると本当に痒くて不快で…それプラス病気の心配をしなくちゃいけないなんて…。本当に心労ですよね。それならいっそのこともう「蚊取り線香」を焚くしか手段はありません。

しかし、蚊取り線香の香りはかなり強烈!あんな香りを毎日嗅いでいて人体に被害はないんでしょうか?妊婦さんや赤ちゃんなら、尚更心配ですよね。

そこで今回は「夏場に欠かせない蚊取り線香の人体に対する影響、被害」についてを徹底検証していきたいと思います!

スポンサードリンク

1. 蚊取り線香の主成分は?

img2

さて、夏場の厄介なを撃退するするため、毎日でも焚いていたい蚊取り線香!あのキツイ臭いに酔ってしまうなんて方も大勢いるのではないでしょうか?また、人体への被害も気になるところですよね。

とくに妊婦さんや赤ちゃん。毎日のようにあの強烈な匂いを嗅いでしまっても大丈夫なのでしょうか?

蚊取り線香の気になる主成分は?

昔ながらの渦巻き型の蚊取り線香、あれは「ノーマットタイプ」に比べて臭いこそ強烈ですが、何だか人体への被害はあまりなさそうな気がしてしまいます。だって昔から使われているんですから、そうそう有害だったら堪りません。

しかし、昔ながらの蚊取り線香の主成分…その昔は安心して使える天然植物由来のものだったんですが、最近では同じ形の蚊取り線香でも主成分は全く異なっています。

最近の蚊取り線香の主成分は、残念ながら「ピレスロイド」という化学成分なのです。これはまさしく殺虫剤と同様!昆虫類を寄せ付けない強い神経毒が含まれる物質なのです。

もちろん、ノーマット式の虫よけ剤もこの物質が主成分となっています。この「ピレスロイド」なのですが、浴びるほど嗅いでも人体への影響はないのでしょうか?

2. ピレスロイドの人体への影響は?

img3

さて、問題の「ピレスロイド」の人体への影響はと言うと…

基本的には「無害」と言うことになっています。しかしながら、実際に蚊取り線香によって気分が悪くなったことがある人がいるのは事実ですよね。

まず、ピレスロイドの作用についてご説明します。ピレスロイドは、昆虫類や爬虫類、両生類の神経系に作用する物質です。一応、哺乳類にはこの物質を分解できる酵素があるということで、無害とされています。

言うまでもありませんが、爬虫類や両生類をペットとして飼育している方は絶対に使用しないでくださいね。かわいいペットたちが最悪な目に遭ってしまいます。

また、ハムスターなど、小さい哺乳類を飼っている方も注意が必要とのこと。小さい動物には悪影響を及ぼしてしまうそうです。…それなら、哺乳類…つまり人体への悪影響が全くないという結論と矛盾してしまいます。

小さい哺乳類なら作用してしまう可能性があるのですから、人間だって許容量以上のピレスロイドを吸ってしまえば、少なからず影響はあるはずです。

なので、個人的な見解としては、妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭での仕様は避けた方がいいと思います。

蚊取り線香によるアレルギーもある!

実際、人体にはほぼ無害と言われている「ピレスロイド」によって、体調の変化を訴える人は大勢います。そういった方々のほとんどはアレルギー反応を起こしているのです。

蚊取り線香による主なアレルギー症状は、めまい・頭痛・吐き気・咳・鼻水…などなど。もし蚊取り線香を焚いてこれらの症状を出てしまったら、これはすぐに使用を停止しましょう。

[adsense]

3. 安全な蚊取り線香の使用法は?

img5

人体に無害ながらも、100%の安全性が保障されていない蚊取り線香。夏場を快適に過ごすための必須アイテムのはずなのに、全く使えなくなったら辛すぎますよね。

まず、妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭での使用は避けることが第一ですが、そうでないご家庭の場合は、正しい使用法を守ることによって生活に取り入れることが出来ます。

正しい使用法とは?

  1. アレルギー症状を起こしたら使用を停止する。
  2. 部屋の換気をしながら使用する。
  3. あまり近くに寄らない。
  4. 長時間の仕様は避ける。

これらの項目は必ず守って使用しましょう。また、使用法を守ってもアレルギー症状が出てしまった方や、妊婦さん、赤ちゃんのいるご家庭は、蚊取り線香以外の対策を考えてみることをお勧めします。

その他安全な虫よけ対策は?

  1. 蚊帳を活用する。
  2. これなら簡単に、そして安全に虫よけ対策が出来ます。

  3. ハーブを育てる。
  4. ゼラニウムやレモングラスなど、蚊が嫌うハーブを育てましょう。アロマでも効果があります。

  5. 天然植物由来の蚊取り線香を活用する。
  6. 蚊取り線香を選ぶときは、必ず成分表を確認しましょう。探せばまだまだ、天然植物由来成分の蚊取り線香は売られています。ただし、やはり長時間の使用や、換気なしの使用は避けた方が無難です。

まとめ

以上「蚊取り線香の人体に対する影響」を検証してみました。

結論から言うと、100%の安全性を求めて虫よけをしたいのであれば、蚊帳が一番だと言うこと。妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭では、昔ながらの蚊帳を活用しましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング