蚊取り線香の成分って何?人体への害ってあるの?

蚊取り線香の成分って何?人体への害ってあるの?

気温が上がる時期になると、本当に厄介なのが「蚊」ですよね!

実は私は、本当に蚊に好かれてしまう体質だったりします。毎回、どこかに出かけると最低でも10箇所は蚊に刺されてしまうんですよ。

そのため「人間蚊取り線香」だなんて言われていたりします。いくら虫よけスプレーをしても関係なし!周りの誰も刺されていないのになぜか私だけ蚊に刺されまくっています。

だからこそ「蚊取り線香」「ムヒ」は夏場の必需品です!

昔ながらの蚊取り線香の香りを嗅ぐと「夏だなぁ」とほのぼのしてしまいます。しかし、それにしても蚊取り線香の香りってきついですよね。

あれだけきつい香りを毎日嗅いでいて、私たちの体は大丈夫なのでしょうか?蚊取り線香が必須アイテムの私はとても気になります。私と同じように、蚊取り線香を毎日焚いているわ…なんて方は心配でたまらないのではないでしょうか?

そこで今回は「蚊取り線香の成分」「人体への被害の有無」について検証していきたいと思います!

スポンサードリンク

1. 蚊取り線香の成分って?

img2

蚊取り線香のあのキツイ香り…あれって一体何が主成分になっているのでしょうか?

蚊を寄せ付けない、退治してしまうほどのあの強烈な香りと煙…私たち人間が吸っても本当に安全なのでしょうか?

昔ながらの蚊取り線香の主成分は?

まず、昔ながらの蚊取り線香の主成分についてご紹介します。昔ながらの蚊取り線香と言うのは、あの渦巻き状の蚊取り線香のことです。誰でも一度は使用したことがあるのではないでしょうか?懐かしい香りですよね。

あの蚊取り線香の主成分は、天然植物由来の物質です。「ピレトリン」という除虫菊から生成される物質が原材料になっています。天然植物由来の蚊取り線香ならば、多少臭いがきつくても人体に有害と言うことはなさそうです。

確かに、あの独特な匂いに反応して気持ちが悪くなってしまうケースはありそうですが、人体に直接的な作用を起こす物質ではありませんので、安心して使用することが出来ます。

最近の蚊取り線香、および虫よけ製品の主成分は?

最近では、ノーマット式の蚊取り線香がほとんどのシェアを占めています。また、ワンプッシュ式の蚊取り線香は確かに便利で、使い勝手もいいですよね。一日一回噴射するだけで蚊が寄り付かないなんて、大変画期的な商品だと思います。

しかし、一日一回噴射するだけでいいんですよ?昔ながらの蚊取り線香は焚き続けなければほぼ意味がありまえんでした。それだけ、ワンプッシュ式の虫よけは成分がきついということですよね。

実は、これらの虫よけ製品の主成分は、殺虫作用のある「ピレスロイド」という化学成分です。この化学成分は、たびたび問題視されていますよね。人体への害はいかなるものなのでしょうか?

さらに怖いことに「昔ながら」の蚊取り線香…近年薬局で売られている商品は、このピレスロイドが主成分であることがほとんどなのです。あのぐるぐるのお線香に、このピレスロイドを染み込ませただけの仕様になっています。

それを聞くと、一体どんな蚊取り線香を選べばいいのか分からなくなりますよね。

スポンサードリンク

2. ピレスロイドの人体への影響は?

img3

さて、蚊取り線香の主成分を理解した次は、実際「ピレスロイド」が人体へ与える影響について検証してましょう。今現在売られているほとんどの蚊取り線香の主成分であるピレスロイド…その作用が心配ですよね。

まず、ピレスロイドは昆虫類の神経を麻痺させる毒であることを知っておいてください。昆虫類の他にも、爬虫類や両生類にも強い作用を発揮します。

そのため、ペットとして爬虫類や両生類を飼育しているご家庭では使用できません。これを聞くとなんだか更なる恐怖を感じてしまいますよね。ごくごく小さな蚊に作用するだけならいいのですが、大きな爬虫類にも悪影響を及ぼしてしまうなんて…。

それでは肝心の哺乳類への影響はというと…?ペットとして犬や猫を飼っているご家庭は多いと思います。もしも、蚊取り線香の影響でかわいいペットたちに何かあったら…と心配になってしまいますよね。

ただ結論から言うと、ピレスロイドの哺乳類に対する影響はごくわずか。しかし、皆無とは言い切れません。特にハムスターなど、体の小さいペットには悪影響を及ぼしてしまうこともあるんだとか…。

3. 蚊取り線香を焚くときの注意点は?

蚊取り線香の主成分であるピレスロイドは人体や哺乳類への影響はほとんどないことは分かりました。しかし、皆無という訳ではありません。なので、気軽に安心して蚊取り線香を焚いていいわけではありません。

蚊取り線香を焚くときは、部屋を閉め切らないように注意してください!換気をすることを前提として使用してくださいね。また、小さいお子様がいるご家庭では極力避けた方が無難かもしれません。

まとめ

以上「蚊取り線香の主成分と人体への影響」をまとめてご紹介いたしました。蚊取り線香と言っても奥が深いんですね。蚊に刺されることも怖いですが、蚊取り線香をむやみに焚くこともはばかれてしまいます。

ただし、ちゃんと正しい使い方をしていれば、安全に蚊取り線香を焚くことは出来ます!蚊取り線香や除虫剤は使用法を守って正しく使用しましょうね。