尽くすことで嫌われる女性!嫌われない女性!この違いって何?

尽くすことで嫌われる女性!嫌われない女性!この違いって何?

女性の恋愛傾向は「尽くすタイプと尽くされたいタイプ」に分かれますよね。

あなたはどちらのタイプですか?どっちのタイプが恋愛において成功するかは、相手のタイプ次第だと思います。

ただ「毎回彼氏に尽くしすぎて嫌われてしまう」そんな悩みを抱えている女性も少なくないと思います。また、あまり恋愛に慣れていない女性だと、男性にとことん尽くして失敗してしまうケースもありますよね。

一方「彼氏に尽くすからこそ愛される」そんな女性もたくさんいます。それでは一体、尽くして嫌われるタイプと尽くして愛されるタイプにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は彼氏に尽くすことで嫌われてしまう女性と、逆に感謝され愛される女性の違いを徹底検証してみたいと思います!

スポンサードリンク

1. 尽くす女性の心理とは?

交際を始めたらとことん彼氏に尽くしたい!

そんな風に考えている女性の心理とは一体どういうものなのでしょうか?ここでは尽くす女性の心理や根本的性格についてご紹介しましょう。あなたは当てはまりますか?

自立心が強い。

孤独を好み、なんでも一人で出来てしまうしっかり者な女性は、意外に尽くして失敗するタイプが多かったりします。相手がダメダメだと「自分が何とかしてあげなきゃ」という気持ちになってしまうんですよね。

また、このタイプの女性は「自分で何でもできる」という自信がありますから、自信満々に相手に尽くしてしまうのです。また、ダメダメな男性を見下している傾向にあります。

見下しつつも「私がいなきゃ何にもできないんだから」なんていう優越感に浸ってしまうんですよね。そんな気持ちが、相手の男性を不快にしてしまうこともあります。

男性はプライドが高い生き物ですから、がっつり世話を焼かれると傷ついてしまう場合もあります。また、喜んで尽くされている男性は「ダメダメな男性」な場合がほとんどです。

だからこそ、尽くすタイプの女性は「男運がない」なんて言われてしまうのです。

面倒見がよい。

自立心が特別強いという訳ではなく、ただ単に「思いやりがあり面倒見が良いタイプ」の女性も、男性に尽くしてしまう傾向にあります。しかし、こういったタイプの女性の尽くし方はとても潔く、相手を安心させてあげられるものです。

なので、マイナスイメージの強い「尽くす女」とは真逆に、プラスイメージを持ってもらえるような尽くし方が出来るんですね。

尽くすことによって精神的に安定する。

上記でご紹介した2パターンとはまったく別の問題で、自己満足のために相手に尽くす女性がいます。相手にとことん尽くすことによって自分の存在意義を感じるパターンです。

そんな女性は、尽くしている間だけ安らぎを感じることが出来ます。こういった女性の多くは見返りを求めてしまいます。尽くすことによって相手に認められたいと考えてしまうんですよね。

なので、相手に認められるまでとことん尽くしてしまうんです。そして、一般的に「うざい、面倒くさい」と言われてしまうような尽くし方をしてしまいます。

2. 彼氏に嫌われる尽くし方は?

さて、自分の尽くし方のタイプが分かったところで、今度は「これは男性に嫌われる!」といった尽くし方をご紹介します。心当たりのある方は、徐々に改善するように努力してくださいね。

尽くすがゆえに相手を束縛してしまう。

自己満足のために尽くしているだけならまだいいんです。しかし、常軌を逸した尽くし方は相手を束縛しかねません。

とにかくくどい。

いくら尽くしたいからと言って、執拗に相手の世話を焼いてしまったらうざがられてしまいます。

深入りしてしまう。

尽くしているうちに、相手に深入りしてしまっていませんか?あまり深入りしてしまうと自分が傷つくだけですよ。

スポンサードリンク

3. 男性に喜ばれる尽くし方は?

img4

さて「問題のある尽くし方」を知った後は、具体的に「これは嬉しい!」と思われる尽くし方をご紹介していきましょう!せっかく相手に尽くすのですから、思いっきり喜んでもらいましょう。

尽くす時はさりげなく。

尽くす女性が嫌われる原因の多くは、その面倒くささにあります。さらに「やってあげているんだぞ」という気持ちがにじみ出るような尽くし方をしてしまう女性は嫌われてしまいます。

自分が相手に尽くす時に見返りを求めてはいけません。褒められたい、認められたいと思うこともNGです。あくまで、自分が尽くしているのは「自分が尽くしたいから」です。

恩着せがましく尽くすのではなく、さりげなく、気付かれなくても構わないという気持ちで尽くすだけで、相手からの印象は変わってきますよ。

自分を犠牲にしない。

相手に尽くす時、自分を犠牲にしていませんか?例えば、自分の気持ちを押し殺して相手にイエスと答えていませんか?その感情はいつかばれてしまいます。

そんな気持ちが相手に分かってしまうと、男性はあなたのことを「重い」と感じてしまうことでしょう。なので、相手に尽くす時も常に自分の気持ちを最優先させてくださいね。

まとめ

以上「尽くして嫌われる女性と愛される女性」の違いをご紹介いたしました。

尽くすことは決して悪いことではありません。お互い気持ち良く尽くして尽くされる関係になれるように、ほんの少し意識を変えてみましょう!