夏のハットの選び方!ハットと合うメンズのおすすめコーデは!

スタイリッシュハットをかぶっている男性って素敵ですよね!

女性の場合、帽子はコーディネートのマイナスアイテムになりがちなアイテムですが、男性の場合はオシャレのプラスアイテムとして大活躍します。

また、男性の顔立ちって帽子が似合う人と似あわない人がいるんですよね。もしかしたらあなたは「自分には帽子は似合わない」と思い込んでいるかも知れません。だけど心配無用です。かならず自分に似合う帽子が見つかるはずです。

女性側の意見からみても、帽子をスタイリッシュに取り入れている男性のファッションは大好評です。それが出来るだけで、オシャレ上級者になれちゃうんです。

今回は「夏場にぴったりなハット」「ハットに合わせるコーディネート」をご紹介します。これらを参考に、あなたのオシャレ度をアップさせてくださいね!

スポンサードリンク

1. 真夏の定番!ストローハット

ハット初心者でも取り入れやすいのが、夏場の「麦わら帽子」です!

普段はハットなんてちょっとモードすぎじゃない??なんて、気恥ずかしさから抵抗を感じている男性でも、ストローハットなら挑戦しやすいのではないでしょうか?

その理由はズバリ「かぶる理由がある」「かぶっている人が多い」からです。

突然ハットをかぶってデートに行ってしまうと、彼女に「今日はどうしたの?」なんて聞かれてしまいそうですが、ストローハットなら「いや~、暑いからさ」と答えることが出来ますよね。

また、街中を見渡しても、普通のハットよりかはストローハットを見かけることが多いと思います。そのため、特別気合いを入れている訳じゃない!と自分に言い訳することが出来ますよ!

ストローハットに合わせる服装はいたってシンプルで構いません。涼しげなシャツやTシャツにジーパンだけでOK!シンプルな服装でも、ストローハットがオシャレのポイントになってくれます!

このスタイルなら都会へのお出かけでも十分通用しますよね!彼女も喜んでくれると思いますよ。

2. レジャーへ行くなら断然綿素材のハット

レジャーを思いっきり楽しみたいのなら、麦わら帽子はNGです。なぜなら、麦わら帽子は風に飛ばされやすいから…。私もよく麦わら帽子をかぶってレジャーへ行っていたのですが、一日中帽子が気がかりでなりませんでした。

ちょっと風が吹くと、すぐに頭を押さえてしまって、思いっきりレジャーを楽しむことが出来ません。麦わら帽子は硬い素材のなので、深くかぶることが出来ませんし、頭の形になじむことはありません。デザインがオシャレなだけに残念ですよね。

そんな悩みを解決してくれるのがズバリ「綿素材のハット」です!綿素材のハットなら、柔らかいので頭の形にすっと馴染んでくれます。

そのため、かぶっているときのストレスはかなり軽減されるはずです。夏場の帽子は熱中症の予防にも欠かせないアイテムですので「機能性」「かぶりやすさ」を重視して選ぶのも大切ですよね。

綿素材のハットは、モードに決めると言うよりかは断然カジュアルなスタイルに限定されてしまいます。また、コーディネート次第では、ちょっとイケてないスタイルになってしまうことも…。

注意したいのは素材作りです。よれよれの帽子はマイナスポイントにしかなりませんので、あまりリーズナブルなものは避けた方が無難かもしれません。

コーディネートとしては、あまりキレイ目を目指さないことが重要です。Tシャツにジーパンなど、さわやかなカジュアルスタイルにコーディネートしましょう!

[adsense]

3. 大きい顔は大きいつばでごまかせ!

男性で帽子が似合わないと思い込んでいる方のほとんどは「小顔じゃない」ことを気にしているはずです。確かに、すっきりとした小顔の男性はハットがよく似合いますよね。

顎やエラが張っている方は、ハットをかぶることによってより顔の大きさが強調されてしまいます。しかし、そのコンプレックスはつばの大きいハットを選ぶことによって解消されます。

大きめのつばの帽子なら、顔のむくみや大きさが強調されることなく、すっきりとかぶることができます。素材は断然綿素材がお勧めです。なぜなら、麦わら帽子でつばが大きいデザインは女性らしいイメージがあるから!

綿素材のハットなら、カジュアルにすっきりコーディネートすることが出来ます。ただし、山登りでない限りリュックと合せないでください!実は女性は、男性のレジャー過ぎる格好をむさ苦しいと感じているんです。

なので、鞄はクラッチバックなど、小ぶりのものを選んだ方がスタイリッシュに決まります。もちろん、山登りや本格的なレジャーならリュックを背負ってOKですよ!

まとめ

以上「夏場の男性のハットコーディネート」をご紹介して参りました。

これらを参考に、自分は帽子が似合わない!なんて決め込んでいるあなたも、今年の夏はぜひハットに挑戦してもらえたら幸いです!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング