妊娠8ヶ月のお腹の張り!吐き気や痛み、頻度とかってどう!?

妊娠8ヶ月のお腹の張り!吐き気や痛み、頻度とかってどう!?

妊娠8ヶ月(28週目〜31週目)に入るとお腹の赤ちゃんが大きくなることでお腹の張りがますます感じやすくなります。しかし張りを頻繁に感じると快適ではありませんし不安になったりしますよね。

特に初産の人はお腹の赤ちゃんが元気に育っているのか心配になったりします。一般的にお腹の張りは子宮の収縮が原因です。また一日に何度か張るのはごく普通のことです。

しかし張りの頻度は人によって様々です。そこで8ヶ月のお腹の張りの原因や、その頻度、痛みや吐き気、そして張りが起こった時の緊急対処法などをまとめてご紹介します!

スポンサードリンク

張りの原因

主なお腹の張りの原因は子宮が収縮することから起こります。さらに妊娠後期になると血液の水分量が増えることから張りと同時にむくみも出やすくなります。そして長時間動いていたり立っていたりしても重力の関係もありやはり張りやすくなります。

8ヶ月は赤ちゃんが生きていく器官ができていますので経過が順調であれば、働いたりマタニティ運動などで体を動かすことができます。しかし無理をしてしまうとお腹の張りも出やすくなります。

またストレスや出産への不安などでも張りが起こることがあります。妊娠中は常にリラックすることが良い出産へのキーとなりますので、夫と協力しながら楽しい妊娠生活を過ごすことが大切です。

張りを抑える方法

  • 横になって休む。
  • 足元を高くして休む。
  • ゆっくりとお腹をマッサージする。
  • 重いものを持たない。
  • たくさん食べない。
  • 主治医に薬を処方してもらう。

張りの頻度

張りが頻繁に起きてお腹が硬くなった状態でいるのは快適ではありません。さらにお腹の赤ちゃんが元気でいるのかと心配になります。

通常お腹の赤ちゃんは自分のいる環境を自ら壊すことはありませんが、子宮の収縮運動が頻繁になると子宮口が開いて切迫早産になってしまうこともあります。

そして心配のない張りの頻度は一時間に1〜2回と言われています。1時間に張りが規則的に3〜4回繰り返されると、子宮頚管が短かくなり早産の危険が出てきます。規則的にお腹が張ることは好ましくないサインなので、医師に相談してすぐに診てもらいましょう!

スポンサードリンク

切迫早産の疑い。

お腹が張ることは子宮が収縮して陣痛が起こっている状態と同じなので、張りが長く続くと切迫早産になる危険が出てきます。お腹の張りが10分ごとに張ったり痛みが伴う時はすぐに病院へ行きましょう!

張りに神経質になることもありませんが、慣れて放っておくのもよくありません。初めての妊娠でも毎日の張りを体で覚えられると思います。いつもと張りの様子がおかしいと気づいたら子宮口が開かないうちに休んだり医師に診てもらいましょう。

また36週以前に赤ちゃんが母体から出てしまうことを早産といいます。仮に早産であっても胎児は元気に育ちますが、弱視や成長不良などの障害が出てくることもあります。やはり長い人生を健康でいられるためにも予定日に出産するのが望ましいです。

こんな時はすぐ病院へ行こう

  • 頻繁に張る。
  • お腹が異常に固くなる。
  • 休んでも張りが引かない。
  • 張りがおさまらない。
  • お腹に痛みがある。

痛みを感じる。

8ヶ月になると下がってきた胎児の頭で骨盤が圧迫され子宮を支えている靭帯が引っ張られたりすることで、ももの付け根にビビッと痛みが不規則に起こることがあります。

また大きくなった胎児の運動が活発になることから痛みを感じることがあります。この場合の痛みは胎児が元気に育っている証拠ですので心地よい痛みとして受け止めましょう。また子宮で膀胱が圧迫されて頻尿になったりすることもあります。

しかし横になっていても痛みがなかなかおさまらなかったり、胎動がないのに痛みがひどく痛むようであればすぐに救急車でかかりつけの産科医へ受診しましょう!

吐き気がある。

8ヶ月になると立派にお腹が膨らんできますので子宮が胃を押し上げることで吐き気を催したり、胃が圧迫されて食事も思うようにできないときがあります。

お腹の赤ちゃんへ栄養を届けなければいけないのに吐き気があっては食事もそこそこになってしまい不安になってしまいます。

そんなときはまずしっかりと栄養バランスの取れた食事を摂ることを基本に考えましょう。そしてお腹が張ったり食事が喉を通りにくい時は、こまめに回数を分けて食べるようにしましょう。

また胃もたれを起こさないように脂っこいものや消化の悪いものは控えます。また運動不足になりやすいことから下半身がむくみやすくなるのでビタミンやミネラルを含んだ食品を積極的に摂るようにしましょう!

まとめ

8ヶ月は妊娠後期に入りますので、ある程度の張りや痛みは自然なものなので心配はありませんが、張りがなかなか引かなかったりするときはすぐに病院で受診することが大切です。

そして張りは陣痛と同じ状態ですから、我慢をせず切迫早産にならないように注意しましょう。母子ともに健康な出産が望めるよう張りの対処法を知り、いざという時に役立てるようにして快適な妊娠後期を過ごしましょう!