11月にイギリス旅行するときの服装って?注意点も知りたい!

秋も深まる11月のイギリスを旅行する人は服装の調整に悩むところですよね。基本的にイギリスの気温は日本より低めです。例えばイギリスの秋は、日本ですと冬の気候になります。

また、年間を通して昼と夜の温度差が大きくなります。さらに言うと11月のイギリスの気温は朝晩特に冷え込みが強くなりますので、注意をしないとすぐに風邪をひいてしまいます。

寒さに我慢できずホテルに滞在したまま…これではせっかくの旅行がもったいないですよね!なので今回は、11月のイギリス旅行に便利な服装、注意点、持参したいアイテムなどをご紹介することにいたしました。

スポンサードリンク

イギリスの11月の気候は!

秋も終わろうとしている時期ですが、イギリスの11月は冬のように寒くなります。日照時間も短くなり、平均最高気温が10度と冬並みの気温となります。

また雨降りの日が多いイギリスですが、この時期はさらに降水量も増えるので雨具は手放せません。観光中は常に傘を携帯することを考えて、できるだけ軽量でコンパクトなものを持参したいところです!

そして先程も言ったのですが、朝晩は非常に冷え込みます。なのでナイトスポットやディナーに出かける際、厚手のコートやダウンジャケットは必須アイテムとなるでしょう!

ロンドンでの服装

イギリス南部の位置するロンドンですが、11月に入ると最高気温が12度で最低気温は3度にもなります。そして朝晩は冷え込みますので厚手のコートや手袋など、基本的な防寒着は必須です。

ただ心地良い日もありますので、重ね着で体温調節するのがベストです。衣類は薄手のもので保温が効くものを選んで持参しましょう!さらに保温のサポートとしてカイロもオススメです。使い捨てで帰りは持ち帰る必要もなくバッグに簡単に携帯できますよ!

また降水量も増えるので、フード付きのレインコートなどがあると重宝します。フードは裏地のついたものなら防寒にもなりますし、パーカーを下に着れば二重のフードとして使えますのでさらに効果的です!

スコットランドでの服装

北部に位置するスコットランドの11月の気候は、偏西風の影響で意外にも温暖で平均最高気温が8度、最低気温は2度です。…と言っても寒いことは確かなんですけどね。

朝晩は冷え込み、冬に向けて降水量も高くなります。なので、南部と同様にして防寒着と雨具は必須です!

また日中は心地良い春先の気温になる日が多いので、比較的快適に過ごすことができます。また観光中は体がすぐに温まりますので、セーターよりも重ね着で行動するほうが温度調整がしやすく便利です。

しかし、雨は避けることができません。場所によっては風も強く吹きますので、フード付きのレインコートが重宝します!フードはしっかりと顎の下をしっかり紐で締められるものにしましょう。傘では飛ばされてしまい雨避けにはなりません。

[adsense]

旅行に用意したい服は?

11月は降水量も多く寒いので、セーターやフリースなどで体を温めましょう。観光は外で過ごす時間が多いため、冷え性の人は足元などの保温も忘れずに行いましょう。

また雨対策は折りたたみ傘で対応し、スコットランドへの訪問はフード付きのレインコートがあれば十分です!秋は降水量も増えますので、頭から足の先まで防水加工の服装を心掛けましょう!

11月にベストな服装

  • セーター
  • 厚手のコート
  • ウインドブレーカー
  • 保温インナー
  • フード付きのレインコート
  • フード付きのパーカー
  • 軽いダウンジャケット

11月にあると便利なアイテムをまとめると、こういった感じになりますね!

これがあると便利!

冬でなくとも寒い時期に旅行するには変わりませんので、一応の防寒具は必要です。

カイロや保温インナーなど、個人的に必要となるものは現地で見つけることが多少困難になりますので「これがないとダメ!」というものがあれば、日本から予め持参するようにしましょう!

また、足元も冷えやすい季節です。厚手の「ハイソックス」「スパッツ」そして「ブーツ」などで足を温めるのをお忘れなく!ブーツは防水加工のかかとの低いものがオススメです。

そして、防寒着のアクセサリーとして欠かせない「マフラー」「手袋」もスーツケースの取り出しやすい所に入れておきましょう。また冷え性の人は「レッグウォーマー」などがあると良いですね!

あると便利なアイテムは?

  • ショール
  • 厚手のストッキング
  • 保温インナー
  • カイロ
  • 雨具
  • 手袋
  • マフラー
  • ベレー帽
  • かかとの低いブーツ

まとめるとこういったアイテムになります。

観光中の服装の注意点

イギリスではTPOに応じて服装やマナーを重んじますので、観光中はジーンズとスニーカーでもちろん良いのですが、高級レストランやシアターなどに行くときはフォーマルなスタイルを基本にしましょう!

またスーツやドレスなどで荷物がかさばります。特に帰国時には荷物は増えるものですので、必要であれば配送をしてスーツケースを軽くしておくのも良いでしょう。

そしてショールはサテンタイプのものであれば雨もはじくことができますし、エレガントに装うアクセントとしても役立ち一石二鳥です!

また、慣れていない気候で風邪をひきやすくなる時期でもあります。特に冷え性の人は一枚余分にセーターを持参したほうが安心できると思います。マフラーやウールのベレー帽もスーツケースの隅に入れておくと良いですね!

まとめ

以上「11月のイギリスの服装や注意点」に関してでした。イギリス旅行を11月にするなら雨や寒さを考慮して、天候に合わせたプランを立てておくと良いでしょう。

地域によって気温差もありますので、快適に観光ができるよう服装の工夫をしましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング