女子力の高い女性が持つアイテムって?これは女子力高いかも!

モテる女性の持ち物を気にしたことはありますか?…やっぱり女子力の高い女性たちは「彼女ら特有のアイテム」を持っているに違いありません。ハンカチやティッシュ、化粧ポーチ…プラスアルファの何かが隠されているかも?

今回は、女子力の高い女性を目指しているあなたのために「これは女子力高いだろう!」と誰もが納得するようなアイテムをごっそり紹介しちゃいましょう!これらをチェックして、ぜひ明日からのデートに備えて下さいね!

スポンサードリンク

1. ハンカチとティッシュは当たり前!

女性なのにハンカチやティッシュを持ち歩いていない…そんなの有り得ない!と男性は思っています。お手洗いへ行った後、びしょびしょの手で帰ってくると男性から引かれてしまいそう…。

汗をかきやすい時期であれば「汗を拭くようのハンカチ」「手を拭くようのハンカチ」のそれぞれ2種類がバッグの中に入っているのがベストですね!

また、ハンカチにはきちんとアイロンをかけておいてください。タオルハンカチなら、アイロンの手間を省けますのでお勧めです。また、汗をふくようのハンカチはガーゼタイプがお勧めですよ。

ガーゼハンカチなら、顔の汗を拭ってもお化粧崩れしにくいです!顔の脂も取ってくれるのでいい感じです。

そしてハンカチを持っているなら、必ず「ティッシュ」も鞄に入れておきましょう。私は花粉症がひどいので、鞄の中に必ず3つポケットティッシュを忍ばせています。レジャーやデートならウェットティッシュもお勧めです。

このとき注意したいのがティッシュカバーです。街で配られているティッシュはちょっといかがわしい宣伝文句が書かれていたりしますよね。そんなときはティッシュカバーが役に立ちます。

2. 絆創膏と頭痛薬

img3

いざというときの救急セットは必需品です!!デートの最中、頭痛がしてきたら一日中不機嫌になってしまう可能性も…。そうなると当然デートを楽しめません。また、男性にも嫌な気分を味わわせてしまいますよね。

だからこそ、いつも使っている「頭痛薬」は必須アイテムです。その他にも「下痢止め」「腹痛の薬」も常備しておきたいところですね!これらを持っておけば、彼が体調不良になった時でも対処できそうです。

また「絆創膏!」これも必須アイテムです。夏場はサンダルで靴擦れを起こしやすいですよね。また、彼氏が突然負傷したら…!彼女が絆創膏を持っているだけで印象は変わってくると思いますよ。

また、職場でも大いに役に立ちますよね。絆創膏を持っている女性社員を放っておく男性はいないと思いますよ!このとき注意したいのは、絆創膏が古くなっていないかです。

なんだかくたびれた絆創膏では逆に不衛生な印象を与えてしまいそうです。一ヶ月に一回くらいは新しい絆創膏に取り換えておきましょう!

3. ソーイングセット

img4

絆創膏に引き続き、デートでも会社でも役に立つのがソーイングセット!会社でスカートの裾がほつれてしまっていることに気が付いても、ソーイングセットを持っていれば安心です。いつでも清潔な服装が出来ますよね。

また、男性社員のシャツのボタンが取れてしまったら…。すかさずソーイングセットを取り出してお直ししてあげましょう!絶対に喜ばれますよ。

[adsense]

4. 折りたたみ傘

img6

高め女子は雨にずぶぬれになることは決してありません!最近ではとっても小さくて軽量の折り畳み傘がたくさん売られています。手のひらサイズの傘を選べば荷物になることはありません。

また、会社帰りの突然の雨…気になっている男性と相合傘の夢も叶うかも知れません。このとき注意したいのは、日傘ではないことです!もちろん、雨傘を兼用している日傘なら問題ありません。

しかし、実は男性は女性の日傘を快く思っていなかったりします。なので、日傘を持ち歩いていることはあまり自慢できることではありません。

5. 飴

img7

遠足ではありませんが、飴やガム、そしてミントを持ち歩くのは高め女子の常識です。小腹がすいたら飴をなめて、ときには男性におすそわけしてもいいと思います。

そして、食後には必ずガムやミントを噛んでくださいね!女子力の高い女性は、いつもさわやかな息を吐いているはずです!

6. 薄手のカーディガン

特に夏場は冷房で社内が冷えますよね。また、男性と女性では体感温度に差があるため、冷房の温度を自分勝手に下げるわけにもいきません。だからこそ、常備しておきたいのがカーディガン!

冷房で冷えた時にいつでも羽織れるように鞄に忍ばせておくと安心ですね。夏場は「紫外線対策」にもなります。

まとめ

以上「女子力の高い女性が絶対に持っているだろうアイテム」をいくつかご紹介いたしました!

ぜひ一度鞄の中をチェックしてみてくださいね。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング