12月にイタリア旅行するときの服装って?注意点も知りたい!

12月にイタリア旅行するときの服装って?注意点も知りたい!

北半球に位置するイタリアには日本のように四季があります。そして12月はいよいよ冬が始まり日も一番短くなる時期です。人々が交わす白い息がグレーの町並みにアクセントをつけます。

イタリアは南北に伸びた地形をしているので、観光都市によっては12月でも比較的穏やかな冬を過ごすことができます。しかし外にいる時間が多い旅行では一通りの防寒具は必須です。

ローマやナポリを除き主な観光スポットは北部や中部に集中していますのでしっかりとした暖かい服装で観光を楽しみましょう!そこで12月のイタリア旅行にベストな服装やアイテム、注意点などをご紹介します!

スポンサードリンク

12月の気候

12月のイタリアは北部では曇りや霧の多い日が続き寒さが厳しい時期です。特に山岳地帯やミラノ、トリノなど北部の街は一層冷えます。またシベリアからの風が冷たく吹きつけるアドリア海沿岸地域は夜間は氷点下にもなります。

フィレンツェやローマが位置する中部も北部と体感温度は変わりません。ローマは比較的雪はあまり降りませんが、12月に観光をするなら一揃いの防寒具は必要です。ジェラートを食べた暁には唇が麻痺してしまいます!

南部は冬でも暖房がそれほど必要なく快適に過ごすことができます。シチリア島では平均17度と雪景色とはほど遠い一年中温暖な地域です。

またアドリア海沿岸のバーリでは12月中旬では平均15度と少なめです。また下旬から1月にかけて気温が8度前後に下がるので、プーリア州を周遊する人は事前に天気予報をチェックしておきましょう!

アルプス山岳地帯

イタリアにスキーを楽しみに旅行する人もいるでしょう。モンブランのあるヴァッレダオスタ州やドロミーティなどの山岳地帯は12月になると世界中からのスキーヤーで賑わいます。

スキーをしているときは体が温まりますが、散策をする衣類は大げさすぎるほど厚手のものを用意しましょう。

そして低地にあるふもとの都市でも氷点下になりかなり冷え込みますので、衣類やブーツにはエスキモー人のようにもファー付きのものを持参しましょう!雪が頻繁に降りますのでフード付きのコートがオススメです。

防寒着は全部持って行こう!〜北部・中部〜

12月にイタリアを旅行するなら防寒具はマストです。そしてイタリアは北部は東京よりも冷えが厳しいので全て厚手のアイテムを持参しましょう。そしてファーコートよりもダウンコートの方が雨を弾きますし、万が一の汚れも簡単に落とせるのでオススメです。

そして衣類だけでなく冬は足元を温めることも忘れずに!内側にファーが付いた革のブーツは冬の冷たい風をシャットアウトしてくれるので便利です。また膝まで隠れる靴下を2重にはいたり、スパッツや厚手のストッキングなどで下半身全体を防寒するようにしましょう!

帽子なしで外出しますとすぐに頭が冷えてしまいます。帽子はかさばるのでウールのベレー帽を持参しましょう。ピタッと頭にフィットするので冷気から完全に守ってくれます。

持参したい防寒着〜北部・中部〜

  • ダウンコート
  • 厚手の長いマフラー。
  • 手袋
  • かかとの低いブーツ
  • 厚手のストッキング。
  • ベレー帽

ポカポカ春先気候 〜南部〜

南部の観光メッカであるナポリは12月の気温が平均16度と春先のような気候です。厚手の防寒具は必要なくジャケットがあれば快適に観光ができるでしょう。

しかし下旬からお正月にかけて旅行する場合は気温が12月中旬よりも10度も下がることもあるのでコートやマフラーなどが必要となることもあります。スーツケース内がかさばらないように南部を集中的に観光するなら現地調達でも良いでしょう。

そしてシチリア島はサボテンがすくすくと育つほど一年中快適な気候です。12月でも暖房のいらない気温はインフルエンザにもかからなく、温暖な地域に住んでいる人が長寿であるのに納得です!

雨をしのぐポイント

イタリアは雨が軽く降るときが多くよほどザーザーと振らない限り現地の人はフードで雨よけしています。また雨がすぐに止むときも多いので、都市滞在ならばポルティコやショップ、聖堂などで簡単に雨よけができます。

また自然スポットに訪問する場合はフード付きカッパや折りたたみの傘が必要です。また道も舗装されていないのでゴム製の長靴を用意しましょう。

12月は雷雨や夕立はほとんど起こりませんが、ヴェネツィアなど海抜の低い都市は雨が降り続くと街全体が水浸し状態になってしまいます。臨時の橋を継ぎ足して置かれますが、やはり観光の楽しさが半減してしまいますのでベネツィア観光の際は天候に要注意を!

まとめ

寒いイタリアの12月ですがクリスマスも迫っていることからイルミネーションに彩られた街を観光するのはまた楽しいものがあります。

また寒い中エスプレッソやホットワインなどを飲みながら観光をするのも冬の醍醐味であります。防寒具を持参することで荷物もかさばりますが、イタリアの12月旅行はホットなものになることでしょう!