子供の熱中症対策は!熱中症予防のドリンクや食べ物ってある?

子供の熱中症対策は!熱中症予防のドリンクや食べ物ってある?

夏はたくさんのイベントがあり、子供が外出する機会は非常に増えてきます。しかし!抵抗力の弱い子供は短時間暑い場所にいるだけでも熱中症になりやすいものです。

遊びに夢中になってしまう子供は汗をかきながらや水分や電解質を失ってしまうので、放っておくと「脱水症状」になったり「めまい」を起こしたりします。

そこで今回は「子供が熱中症になりにくくなる効果的なドリンクや食べ物」などについてをご紹介しています。直接的な熱中症対策に加え、こういったことからも子供を熱中症から守っていきましょう!

スポンサードリンク

1. 手作りのスポーツドリンク

子供は甘いものが大好きなので、喉が乾くとジュースを飲みがちです。

しかし、熱中症を予防するためには塩分を含んだドリンクの方が良いでしょう。汗で失われるナトリウム電解質をそれによって補うことができますからね!

市販のスポーツドリンクでももちろん良いのですが、糖分を多く含んでいますので汗をたくさんかいた時などに飲むのが効果的です。

ちなみに、500mlのスポーツドリンクに含まれている糖分はスティックシュガーでなんと10本分相当の量が含まれています!健康管理はもちろんなんですが、虫歯にもなりやすくなってしまいますので、できれば家庭で作ったスポーツドリンクが熱中症対策にはベストです!

家庭で作るスポーツドリンクなら、子供の一日の糖分摂取量を超えることがありません。なので、効果的に熱中症を予防したいのであればオススメの飲み物だと言えるでしょう。

家庭でつくるスポーツドリンクの分量

  • 水・・・1リットル。
  • 塩・・・小さじ1/2杯。
  • 砂糖・・・大さじ4杯。
  • レモン汁・・・大さじ2杯。

このような配分にするのが家庭用のスポーツドリンクとしてはベストです!これを機にぜひ一度つくってみてくださいね。

2. 牛乳

暑い日に牛乳を飲むのは子供にとって嬉しいものではありませんが、実は牛乳には体温調節機能を助けてくれる「アルブミン」が含まれています。

なので、これが発汗機能を正常に保つ役割をするので実は熱中症にもってこいなんです!

もちろん牛乳は「ビタミン」「カルシウム」「たんぱく質」など、子供の成長盛りにはピッタリな栄養素が詰まった飲み物です。熱中症予防じゃなくても、ぜひ積極的に飲ませたいところですよね。

しかし、中には牛乳が苦手な子供もいます。そんな時はヨーグルトやチーズなどで代用しても良いと思いますよ!

3. ドリンクを飲むときのポイント!

と、ここまで「スポーツドリンク」「牛乳」の2つをご紹介してきたのですが、飲み方にもポイントがあります。

冷たい飲み物は体をクールダウンためにはもってこいなんですが、ペットボトルを凍らせる程冷たくしてしまうと今度は逆に「腹痛」「下痢」の原因にもなってしまいます。

なので、温度はできれば6℃~8℃程度にキープするのがベストです!これが体に最も吸収されやすい温度となります。また、水は体内に吸収されるのに約20分程度かかります。なので飲む時間は外出前が理想的となります。

ただ、牛乳は活動する前より後に飲んだ方が効果的だと言われています。なので、牛乳の場合は外出から帰宅したその時に飲ませるのが効果的だと言えるでしょう!

スポンサードリンク

4. 夏のひんやり食事メニュー!

では、飲み物の次は「食事」に関してです。熱中症を予防するのに適した食事は以下のような食事がオススメですね!

熱中症予防の食べ物

  • そうめん
  • ざるそば
  • サラダ
  • スープ
  • 冷奴
  • 枝豆

喉を潤す麺類やサラダなどはさっぱりしていて体温を上昇させずに、外でも室内でも快適に過ごすことができるでしょう。

夏場は野菜スープやポタージュをコールドにしてあげるのも良いと思います。栄養はもちろん水分や塩分も摂れて熱中症に効果的ですよ。

ただ、もし野菜スープが苦手なメニューであれば、人参やジャガイモなどを星や動物などの形に型どってあげると喜んで食べてくれるのでぜひチャレンジしてみてください。

5. 冷んやりおやつで熱中症を吹き飛ばす!

そして活発な子供には、おやつにも冷たいものを用意してあげましょう。

ひんやりおやつで熱中症予防!

  • アイス
  • かき氷
  • ゼリー
  • プリン
  • シャーベット
  • 100%天然ジュース
  • トウモロコシ

こうしたものになるんですが、中でもトウモロコシは「繊維」「ビタミンB」が多く含まれている栄養食品です。また、一日中遊ぶ子供に必要なエネルギー(炭水化物)も摂取できるので、非常にオススメできる食品となります。

甘みの割にカロリーが100kcal/gと低いので、おやつとしても最適です!

6. カリウムを含んだ食品

そして最後は、水分の保持に重要な約割を果たしている「カリウム」に関してです!

カリウムは汗をかくと塩分と同時に失われてしまい、カリウムは体内の水分をキープする役割をしていますので、不足すると脱水症状の原因にもなってきます。

そこで、カリウムを多く含む食品についてをご紹介いたします。

カリウムを含む食品

  • バナナ
  • ジャガイモ
  • のり
  • ほうれん草

このような感じですね!

バナナは子供でも美味しく食べることができ、熱中症対策としても効果的な食べ物です。夏場にはぜひ食べたいところですね。

まとめ

以上「熱中症におすすめな飲み物や食べ物」についてを終わります。

水分のみならず、夏の暑さに抵抗できる「塩分」「ミネラル」「ビタミン」などの栄養素も多く摂る習慣をつけ、ぜひ夏場の熱さも健康的に乗り越えていきましょう!