タバコの口臭の原因って何?消すにはどうすれば良いの!?

タバコの口臭の原因って何?消すにはどうすれば良いの!?

スモーカーの人のそばに近寄るとイヤ〜なタバコの臭いを嗅いだことがありませんか?タバコを吸う習慣のある人は吸っていないときでも口臭を放ってしまいます。

今回こちらでは、タバコを吸うと「どうして口臭が発生するのか」また「その対処法はどうすれば良いのか」これらについて併せてご紹介しています!

ただ「今すぐにでも対策したい!」

なんて考えているのであれば、オーラクリスター・ゼロという口臭の原因である口内雑菌を浄化する優れた商品もありますので、緊急に対策したいのであればこういったものを使ってみるというのも非常にオススメです。

スポンサードリンク

1. タール

まずはこちら「タール」からです。

そもそもタールとは加熱した植物から抽出される油分で、強力な臭いがあります。

そしてタールは細かい微粒子となってタバコの煙と一緒に排出されるので、当然全身に付着してしまいます。そのためスモーカーのそばを通っただけでも、口臭だけでなく体臭としてタバコの臭いが頑固に残ってしまうのです。

またタール(ヤニ)は油なので取り去るのが困難です。吐いた煙と共に口内にベッタリと付着しているので、歯磨きをしても完全に取ることができません。

2. ニコチン

次は「ニコチン」です。

ニコチンは口臭の他、体を栄養や酸素不足にさせ神経の働きを鈍くします。さらに言えば、ヤニがついた不潔な状態の歯は口内のバイ菌を繁殖させやすくします。

結果、ニコチンで染まった口内が口臭を発生させてしまうという訳です。

3. 血管の収縮

「血管の収縮」これも口臭の原因となり得ます。

タバコを吸うと血管の収縮が行われ血液の循環が悪くなります。そして血流が悪くなると、体の中の悪玉菌を排出することができなくなってしまいます。

そして血液の循環が悪くなると悪玉菌が血管内に繁殖し、酸素の供給が乏しくなります。それが結果として免疫の低下を招く訳です。

そうなると歯茎へ「酸素」「栄養」の供給が十分いかなくなり、悪玉菌を追いやることができなってしまいます。悪玉菌は食べ物を分解して臭いを発生させるので、結局悪玉菌が増えてしまうことで口臭がキツくなってしまうという訳です。

4. 歯周病が原因

こちらは必ずしもタバコが原因だとは言えませんが「歯周病」もそうです。

スモーカーの人は「歯周病」にかかる確率が高く、その割合は1日に10本以上吸っている人で約5倍にまで跳ね上がってしまうと言うから驚きです!

そして一度なってしまうと、ニコチンで免疫が落ちているので治すのにも時間がかかってしまいます。また手術などで治ったとしても、その効果はノンスモーカーより劣ります。

もちろん歯周病を予防するには禁煙をすることです。禁煙すれば歯周病になる可能性は約1割に抑えることができます。なので、できれば頑張って禁煙することをお勧めします!

スポンサードリンク

5. 唾液の分泌低下

「唾液の分泌が少なくなる」これも大きな原因でしょう。

唾液は口の中のバイ菌を洗い出す役割をしていますので、唾液が分泌されない口の中ではバイ菌が繁殖する一方です。このことが口臭の原因になってしまいます。

ただ、たとえタバコの臭いが口の中に残っていなかったとしても、唾液の分泌が低下している状態のときはバイ菌繁殖の疑いが常についてまわります。

そしてもともとニコチンが原因で起きる症状なので、歯磨きをして一時的に口内を清潔にしようとあまり意味がありません。

6. タバコを吸いながらコーヒーを一緒に飲まない

8171801331_18b503697a_z

タバコを吸いながら「コーヒーを飲む」これはもう最悪です。

タバコを吸う人というのは、だいたいが一緒にコーヒーも飲む傾向にあります。しかしこのコンビネーションがさらに口臭を悪化してしまうんです!

それはコーヒーを飲むと口腔内のPHが低下してしまい、唾液の分泌が悪くなります。そうすると口内に悪玉菌が増殖してしまい、食べ物の分解とともに口臭がキツくなります。

また舌の表面にこびりついたコーヒー自体の微粒子が、時間の経過とともに酸化してしまうことで口臭の原因になってしまいます。そこにタバコのタールが入り込んで、口臭をさらに強力にさせてしまうという訳です。

7. タバコの口臭予防の方法

では最後に、タバコによる口臭の対策法についてご紹介して終わりにします。

タバコ口臭の予防法

  • 歯磨きをしっかりする。
  • 舌専用歯ブラシで舌を清潔にする。
  • ヤニ取りを歯医者でしてもらう。
  • 禁煙をする。

歯についたヤニの程度にもよりますが、頑固なタールでセルフケアでは効果が得られないという人もいます。もしそういった状態であるならば、これは歯医者でヤニ取りをしてもらうのがベターです!

費用は3,000円程度ですが、症状に合わせて通院すれば良いので安心です。

また、もし現在口臭がキツいというのであれば、以下のような解決法が良いでしょう。

口臭予防のポイント

  • コーヒーと一緒に吸わない。
  • マウスウオッシュを使う。
  • 水分を補給する。
  • 口臭予防のガムを噛む。
まとめ

以上で「タバコによる口臭の原因」「その対処法」についてを終わりにします。

タバコの煙に含まれるタールやニコチンは、口臭のほか健康を害する原因にもなります。すぐに止めるのは難しいですが、口臭を改善したいと思ったら少しづつ減らしていくことが大切です。

ただ始めにも言いましたが、すぐに対策したい!ということであればオーラクリスター・ゼロといった商品を使うのがおすすめです。口が臭いなんて噂されないよう、思ったときにすぐ対策を始めるのがベストだと思います!