コーヒーの口臭の原因は!口が臭いのを消すにはどうすれば!?

一日のどんな時間でもコーヒーは美味しいものですよね!朝食、休憩時間、そして会話のお供など、どんな場面でも登場するコーヒーなんですが、それと同時に口臭が気になってしまったりもします。

…でも、一体どうしてコーヒーを飲むと口臭になってしまうのでしょうか?そこで今回はコーヒーによる「口臭の原因」「その解消法」をご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

1. コーヒー成分の付着

まずはコーヒーの成分による口臭の原因からなのですが、コーヒーを飲むとその成分が舌の表面に付着します。それが時間の経過とともに酸化することで口臭を発生させてしまうという訳です!

ちなみに、コーヒーを一日にたくさん飲む人は歯が黄色くなりがちです。口臭とは直接関係はないのですが、どちらのケースにしてもコーヒーを飲んだ後には口の中を清潔にすることが大切だと言えます。

しかし!コーヒー豆自体の成分を完全に取るために歯ブラシで舌や口全体をゴシゴシとこすることはあまりよくありません。

口内にこびりついたコーヒーの成分をとるには、コーヒーを飲んだ後水を飲んで、舌を口の上にこすりながら味を完全に取り除くのが良いと思います。さらにうがい薬で整えてあげれば、口の中の清潔感を再び取り戻すことができますよ!

2. 砂糖なしでコーヒーを飲む。

これも重要です!

割と自宅でのコーヒーは純粋なものを飲むことができるのですが、缶コーヒーなどでは「砂糖」はもちろんのこと「香料」「乳化剤」なども同様に含んでいます。

これらの添加物は虫歯を作る悪玉菌を増殖させやすく、さらに舌の表面に付着したコーヒーの微粒子と混ざりあって、更なる口臭の原因となってしまうのです!

しかし、たとえコーヒーをブラックで飲む人だったとしても、家庭のものでない限り口臭を完全に避けることはできません。

なので、もしコーヒーによる口臭を嫌うのでしたら缶コーヒーはできるだけ控え「天然材料のみを使用したコーヒー」だけを飲むようにするのが無難です。

3. 口が乾きやすくなる。

コーヒーを飲むと口が乾く人がいます。

その理由なのですが、それはコーヒーの成分が口腔内のPHを低下させてしまうからです。さらにコーヒーには「利尿作用」があります。これが体の水分を奪ってしまうので、口の中が乾きやすくなってしまうという訳です。

そうなると、本来口の中の菌を流し出す唾液の分泌が悪くなり、口腔内の清潔を保てなくなってきます。それが結果として、口の中の悪玉菌を増殖させ口臭を発生させてしまうことにつながってくるんです!

4. カフェインが及ぼす血行悪化とは?

続いて「血行」に関してなのですが、コーヒーに含まれるカフェインは血行を悪くさせる働きがあるのはご存知でしたでしょうか?これは当然、健康な歯茎にも悪い影響を及ぼします。

血行が悪いと体の悪玉菌を取り去れなくなったり、歯茎へも「酸素」「栄養」がいかなくなったりするので、長い目でみると悪玉菌への抵抗力がダウンし、口臭を発生させやすい体質をつくってしまいます。

なので口臭だけでなく、健康のためにもコーヒーは飲み過ぎないようにするのが良いと思います。

もしどうしてもコーヒーを飲みたい場合は、今は「カフェインフリー」のコーヒーなどが売られていますので、こういったものを飲む習慣に変えましょう。これである程度口臭は防げると思いますし、体への負担も軽減できるかと思います!

[adsense]

5. 空腹時のコーヒーによる口臭

また空腹時のコーヒーもダメです。

コーヒーを飲むとカフェインにより胃液の分泌が促されます。もし空腹の時にコーヒーを飲むと胃酸が多く出てしまい、胃のもたれにつながってくるんです。

このように、胃の機能が低下すると消化不良になってしまい胃の中の食物が発酵してアンモニアなどの悪臭が出てしまいます。

そしてこの悪臭は血液中に取り込まれながら肺にたどり着きます。そうなると呼吸をする度に悪臭となって口から放たれるようになってしまいます!

6. 口臭を取る注意点

では、コーヒーを飲む際に一体どういう点に注意する必要があるのでしょうか?

例えばコーヒーを飲んだ後、口の中が乾燥している状態で歯磨きしたりすると、歯磨き粉を溶かすことができず、返ってコーヒーの匂いと混ざり逆効果を招くことになります。

なので、始めは歯磨き粉なしで歯をブラッシングして、舌は歯ブラシの裏面でそっと洗浄してあげるようにしましょう。そして以下のようなコーヒーを飲む「タイミング」「洗浄法」などを実践し、正しく口臭予防に努めることが重要です!

口臭を取る時の注意点

  • 歯磨きは歯磨き粉を使用しない。
  • コーヒーと一緒に(または後に)水を飲む。
  • 舌を歯ブラシでこすらない。
  • 空腹時にコーヒーを飲まない。
  • 添加物の入ったコーヒーは飲まない。

7. コーヒーの味を取り除く方法

でも「コーヒーの臭いがついてしまった…」

こんなときは一体どうしたら良いのでしょうか?そこで以下に「コーヒーの臭いへのケア方法」について列挙しましたので、ぜひ参考にして頂けたらなと思います。

効果的に味を取り除く方法

  • 水を飲んで(飲みながら)舌を洗浄する。
  • ガムを噛む。
  • 舌専用クリーナーを使う。
  • うがい薬で洗浄する。

外出先でコーヒーを飲む機会が多くても、これらのアイテムは旅行サイズなどを利用すれば携帯もしやすいかと思いますので、常にバッグに忍ばせるようにすれば安心でしょう。

まとめ

以上で「コーヒーによる口臭の解消方法」を終わります。

残った味わいを楽しむのもコーヒーの醍醐味ですが、口臭とならないよう賢くコーヒーが飲めることもまた、コーヒーを嗜む上で大事なことだと言えそうです。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング