横浜花火大会2015!日程や場所、見所などをチェック!

夏と言えば 花火!ですよね。

個人で花火を楽しむのも良いですが、スケールの大きい花火大会に参加するのもまた夏の楽しみです!大きな花火大会では、浴衣を着てオシャレを楽しんだり、普段は食べられないような食べ物を食べたり…。

家族連れでも、恋人と二人きりのデートとしてでも楽しめる花火大会は、やはり雰囲気が大切です!そこで私が最もお勧めしたい花火大会が「横浜開港祭」の花火大会!です。

港町をゆっくり探索しながら楽しめる横浜の花火大会は一日がかりで楽しめます!今回は、そんな横浜開港祭の「日程」「見どころ」などをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

横浜開港祭の気になる日程や時間帯は?

img2

毎年たくさんの人たちが楽しみにしている横浜開港祭の花火大会!横浜はオシャレな港町として、様々な世代の人たちから支持を得ていますよね。

そんな横浜開港祭の日程は…

横浜開港祭の日程

  • 5月30日(土)
  • 5月31日(日)
  • 6月2日(火)

…とちょっと早めです!ただ花火大会の日時はと言うと…

花火大会の日程

  • 日程 – 6月2日
  • 時間 – 20時20分~21時

を予定してるようです。

浴衣を着て行くには少し早目の時期にはなりますが、会場は浴衣で着飾った女性たちで溢れていますよ!なので、今から浴衣の準備をしておいてくださいね。

ちなみに雨天決行ですので、悪天候を予測した準備もしておいた方が良さそうです。

横浜開港祭の見どころは?

img3

20代の頃は、毎年必ず言っていた横浜開港祭の花火大会。最近足が遠のいていますが、今年こそ行ってみたいと思っています。横浜開港祭の花火大会の魅力は、なんと80万人近くの人が押し寄せる程の壮大なスケール感!

私は横浜開港祭の他に、東京湾花火大会にもよく行っていたのですが、ほぼ同格の規模だと思ってください!他にも、隅田川の花火大会にも引けをとらないくらいのスケールだと個人的には思っています。その分、混雑もしますが…。

やっぱり港町で行われる花火大会は何と言ってもオシャレです!また、6千発も打ちあがる花火は一見の価値ありですね。オーソドックスな花火に加え、レーザー光線などの演出が加わった壮大な花火も見どころですよ。

[adsense]

見所は花火だけじゃないから嬉しい!

img4

そして「横浜開港祭」の見所は花火だけではないんです!

横浜開港祭とだけあって、街全体がお祭りモード!楽しい音楽が街中に溢れ、とってもにぎやかで活気づいている横浜の街を探索するもの楽しいですよ。また、多くの屋台が立ち並ぶので、それが楽しみだったりします。

私は毎年フランクフルトを買って食べていました。結構本格的な味わいで癖になります。お酒が飲める方なら、随所で売られているビールを飲みながらお散歩するのもいいと思います。

この日ばかりは、昼間からビールを飲んでも誰も文句を言わないはず。場所取りもいいですが、せっかくのお祭りなのでいろんなところを観光していって下さいね!

では、私のお勧めのスポットはと言うと…

赤レンガ倉庫がお気に入り

私が横浜へ行くと必ず立ち寄るのが赤レンガ倉庫!近々取り壊し?なんて噂もありますが、赤レンガ倉庫はとってもロマンティックな場所なのでなくならないで欲しいです。

赤レンガ倉庫の中には、かわいい雑貨屋やちょっとしたお食事処がたくさんありますので、ゆっくりとショッピングしてみるのもお勧めですね。

山下公園をゆっくりお散歩

赤レンガ倉庫を後にしたら、山下公園でお散歩してみてください。カップルが多い場所ですが、広い園内は心を開放的にしてくれます。海風がとても気持ちいいと思いますよ!

中華街で食べ歩き

横浜と言ったら、中華街も忘れてはいけません。私は山下公園から中華街までよく歩いていきます。ゆっくりいろいろな場所を見ながらなので、だいたい30分~40分程度でしょうか?

中華街では、食べ歩きを楽しんでくださいね!肉まんや小龍包など、話題の飲茶が楽しめますよ。花火大会の前には、腹ごしらえも欠かせませんからね!

横浜開港祭の花火大会!穴場スポットは?

img5

それでは最後は「穴場スポット」に関してです!

横浜で一日デートを楽しんだ後は、いよいよクライマックスの花火を堪能する番!正直、どこも混雑していますので、人ごみが苦手であれば離れた場所から鑑賞することをお勧めします。

私の場合、花火の大きな音がちょっとだけ苦手なので、花火は離れた場所から見る方が好きです。座ってゆっくりと…という訳にはいきませんが、1時間半の花火くらいなら、立っていてもじっくり鑑賞することが出来ます。

お勧めの穴場スポットは?

  1. 山下公園
  2. 混雑覚悟の方は是非!とってもロマンティックに花火を見ることが出来ます。

  3. 野毛山公園
  4. 実はけっこう穴場スポット上位かも??そこまで混雑しません。ただ、花火を近くで鑑賞したい方にはお勧めできません。

  5. カップヌードルミュージアムパーク
  6. 海を一望できるロケーションがとってもロマンテック!昼間はカップヌードルミュージアムで子供も大人も楽しむことが出来ます。

まとめ

以上「横浜開港祭の花火大会の見どころ」などについてご紹介いたしました。

当日はかなりの混雑が予想されますので、くれぐれも帰りの時間には気を付けて!少し時間をずらして帰宅する方が楽かもしれません。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング