東京湾花火大会2015!日程や時間っていつ?場所はどこでやる?

東京湾花火大会2015!日程や時間っていつ?場所はどこでやる?

若いころは毎年大きな花火大会がとても楽しみでした。浴衣を着て人ごみを歩くのも、花火大会の一つの醍醐味ですよね!花火は夏の風物詩の一つです。家族そろってお出かけしてみてはいかがでしょうか?

その中でも、とりわけスケールが大きくて見どころ満載な東京湾花火大会!お台場やその周辺から壮大で華やかな花火が堪能できます。かなり大勢の人たちが押し掛けるので、人ごみはちょっと…な方は、ぜひ穴場スポットを活用してみましょう。

今回は、東京湾花火大会に行こうとしている方へ、その見どころや注意点、穴場スポットなどをまとめてご紹介していきましょう!

スポンサードリンク

東京湾花火大会の日程や時間帯は?

img2

東京湾花火大会は、なんと毎年70万人近くの人たちが押し寄せる大がかりな花火大会です!東京湾の風に吹かれながら、都会の匂いを感じられる大人気の花火大会なんですよね。また、正式名称は「東京湾大華火祭」だとか…。

そして毎年こちらの花火大会の日程なんですが「毎年8月の第二土曜日」に開催されています。悪天候の場合は翌日に延期されるのですが、翌日も悪天候なら…これは残念ながら中止になってしまいます。

こればかりは、晴天を願うしかありませんよね。では2015年の正式な日程はいつなんでしょうか?

開催日時

  • 日程 – 8月8日(土)
  • 時間 – 19時~20時20分頃

現在こちらの日程で予定しているようですね!

花火の見所は?

img3

では、続いて花火の見所に移っていきましょう!

東京湾花火大会の最大の魅力はその スケールの大きさ!です。東京港晴海ふ頭沖海上と晴海ふ頭公園から、なんと約1万2千発もの花火が打ち上げられる予定です!

これはすごいですよね。大迫力ですよ!

このスケールは、東京近郊で一番有名な花火大会である「隅田川花火大会」にも匹敵します。私は、どちらも行ったことがありますが、お気に入りはもちろん東京湾花火大会です。その主な理由は…

花火だけじゃないから嬉しい!

img4

お台場と言えば、有名なデートスポットとしても大人気ですよね。公園をお散歩したり、ショッピングを楽しんだり、おいしい食事を堪能したり、お台場ならではの楽しみ方も満載です。

花火が始まる前は、お勧めのコースでデートを楽しんでみて下さい!

まずは「ゆりかもめ」の一日乗車券(820円)を購入しておくと良いと思います!これがあるととっても楽ですし、経済的でもあるんです。

お勧めのスポットがこちら!

  1. 「国際展示場駅」駅で降りで東京ビックサイトを一望
  2. まずは、様々なイベントで大盛り上がりな「東京ビックサイト」の外観を見物してみて下さい!逆三角形の独特の建物は一見の価値ありです。花火大会の日には、よく東京ビックサイトで「アニメ系のイベント」が行われています。

    様々なアニメやゲームのコスプレをしている方たちに出会えますので、記念に写真をとって帰るのも良いと思います!

  3. 「ヴィーナスフォート」でお買い物
  4. 「国際展示場駅」から徒歩で20分前後、お散歩を楽しみながら「ヴィーナスフォート」へ向かってください。「ヴィーナスフォート」ではおいしい軽食をとって花火に備えておくのもお勧めですよ!

    また「ヴィ-ナスフォート」にはオシャレなアパレルショップや子供向けおもちゃ屋さん、そして家具屋などが揃っていますので、家族そろってお買い物を楽しむことが出来ます。

  5. 「お台場海浜公園」でお散歩
  6. 東京湾の涼しい風を感じながら、のんびりお散歩するのもお勧めです。「お台場海浜公園」は以下の2箇所からアクセスするが良いでしょう!

    1. ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」
    2. りんかい線「東京テレポート駅」

    そのあとは「アクアシティ」で食事を楽しんだり、ショッピングをして過ごすのがお勧めですね。

スポンサードリンク

穴場スポットはどこ?

img6

さて、続いては肝心の「穴場スポット」に関してです!

人ごみが嫌いでないのなら、朝から場所取りをして人気のスポットで花火を見ることをお勧めします。ちなみに私の場合は、全く場所取りはしないで花火に挑みます。

それでも見れないことはありませんので、あまり神経質に考えないでいいと思います。花火をする時間は約1時間半程度、その間立っていても、時間はあっという間に過ぎていきますよ!

ちなみに、有料のスポットやホテルからの見学もアリですが、ここではあえて「お金のかからないお勧めスポット」をご紹介しましょう!

お勧め穴場スポットがこちら!

  1. 有明スポーツセンター
  2. 夜の9時半まで営業しているスポーツセンターの展望台は有名な穴場スポットです。

  3. 潮風公園北側
  4. レインボーブリッジ越しに花火を一望できる穴場スポットです。

  5. 芝浦ふ頭
  6. こちらは地元の人が優先的にチケットを貰える穴場中の穴場!地元の人でなくても、少し離れた場所から見ることが出来ます。少し遠く離れた場所で花火を見るのも意外にいいものですよね!

東京湾花火大会へ行くときの注意点って?

穴場スポットを確保したら、最後は「東京湾花火大会へ行くときの注意点」をおさらいしておくべきです。まず、何と言っても花火大会当日は多くの人で混雑します。

「帰りの切符」は必ず前もって購入しておきましょう。チャージもお忘れなく!とにかく切符売り場で並んだ経験があります。また、帰りの時間を少しずらすのも手です。

花火が終わる前に帰ったり(少し寂しい気もしますが)…花火が終わった後に食事をとったり…私はだいたい花火の後にご飯を食べてから帰っていました。もちろん、レストランも混雑していますが…。

まとめ

以上「東京湾花火大会の見どころ」「穴場スポット」などをご紹介いたしました。年に一度の花火大会なので、ぜひ思いっきり楽しんでくださいね!