視力の低下が止まらない!この原因って何?どうしたら良いの?

視力の低下が止まらない!この原因って何?どうしたら良いの?

最近小さな文字が見ずらくなって雑誌を近づけて読んだりパソコンのスクリーンを見るのに前かがみになっていませんか?

よく見えていたコンタクトレンズや眼鏡を使用しても、ふと文字がぼけたり薄くなって見えるときに「オヤッ」と視力の低下に気づくものです。

この現象が続いてしまうと日常生活にも支障をおこし行動が不便にっなってしまいます。そこで視力が下がってしまう原因を突き止めさらに目の健康をキープする方法などまとめてご紹介します!

スポンサードリンク

視力が落ちる原因

視力が良い悪いは生まれつきにもよりますが、長い人生を良い視力で維持するには日常の生活習慣が90%と大きい影響を与えているという結果が出ています。

そこで視力低下の主な原因には何が関係しているか検討してみましょう!

パソコンやスマートフォン

テレビやパソコン、スマートフォンなど、ライトが強く出ているスクリーンを暗闇で集中して見ていると目に悪いと言われますよね。

しかし実際は見るものを凝視することで目の筋肉が硬くなってしまいフォーカスが乱れてしまうことd視力低下になってしまうのです。

したがって暗闇でスクリーンや本を読んだりすること自体は直接目に何の影響を与えないので、距離を置いて見ることで視力が悪くなることはないでしょう。

しかしいくら目の視力が下がらないといっても目と同じ高さに対象物を合わせることが大切です。斜め見をしたり、寝そべってビデオゲームをしたりすると卵子になる可能性も出てきます。また揺れのある乗り物の中でも目を使う活動は控えるようにしましょう。

コンタクトレンズを正しく使用する

またコンタクトレンズを装用している人は、度が合っていないとかなり目に力が入ってかしまい視力が下がりやすくなります。長時間コンタクトレンズを使う人はものが見えにくいなと思ったらすぐに変えることをお勧めします。

そして何よりも清潔に保つことが基本です。汚れが完全に落ちていないレンズではたんぱく質や細菌の繁殖が増殖してしまい目に炎症を起こしてしまいます。

子供はさらに視力の低下のスピードが速い

最近は子供でも眼鏡をかけている子が増えましたね。きっと彼らの主流の遊びであるビデオゲームや携帯などが影響しているのでしょう。さらに悪い姿勢や斜めに物を見ることが加わり視力は下がるばかりです。

ちなみに私が眼鏡をかけ始めたのは小学校低学年でしたが、当時同級生には珍しく見られたのを覚えています・・・。便利になった現代ですが、目の健康を害する要因を子供のうちから引き起こしていることも事実です。

良い視力をキープする方法は?

疲れ目には目薬やホットタオルなどで、すぐに目がすっきりと快適になればドライアイになる問題もありません。しかし良い視力を維持するには普段からの予防が必要です。

正しい姿勢で適度な距離を持ちながら物事に打ち込むことはもちろん、目が疲れたと感じたら5分間目を瞑るだけでも眼筋の緊張がほぐれ目を休めることができます。

また40才を過ぎると視力は落ちていくものです。今から老化現象への視力低下を急速にしないためにも生活習慣を見つめ直して良い視力をキープしましょう!

視力を回復させる方法

  • 正しい姿勢で物事に打ち込む。
  • 対象物を集中して近くで見続けない。
  • 視力回復コンタクトレンズで眼球のフォームを整える。
  • パソコンを使うときはブルーライトを遮断するメガネを使用する。
  • 緑色を見る。

目に良い食品は?

目を疲れをとり良い視力を維持するにはビタミンA、ビタミンC、そしてミネラルを多く含んだ食品を摂るようにしましょう。さらに牡蠣やうなぎなどに含まれる亜鉛も目の疲労を緩和します。

そして抗酸化作用のあるルテインやドライアイ防止のDHAも積極的に摂りましょう。つまり栄養バランスの取れたメニューを取り組むことで視力も改善することでしょう。

そこでそれぞれの栄養素はどの食品に多く含まれているのかリストアップします!

  • ビタミンA・・・うなぎ、鶏・豚レバー肉、緑黄色野菜
  • ビタミンC・・・アセロラ、赤ピーマン、焼き海苔
  • 亜鉛・・・牡蠣、和牛モモ肉、うなぎ蒲焼
  • ルテイン・・・ほうれん草、ケール、キャベツ
  • DHA・・・本マグロ、イワシ、銀鮭

視力アップのトレーニング法

興味のある人は自宅でできるセルフアイトレーニング器で視力回復トレーニングをしましょう。ビジョンブライトやエコーアイトレマシンなどの様々なトレーニングマシンがネット上でも販売されていますので是非試してみましょう。

しかしこれらのマシンは軽い程度の疲れ目やドライアイに有効ですので、近眼が強い人は目の運動をする目的で行い、視力回復の効果は期待できませんので注意しましょう。

さらに超音波マシンのソニマックでは目の凝った筋肉をほぐしてくれるほか網膜の血行を促します。また超音波マシンにはセルフケア程度の効果のものもありますので、購入には効能をチェックして個人のニーズに合ったものを選びましょう。

まとめ

視力を下げなくするには近くで対象物を長時間凝視しないことです。目の筋肉を動かすことで距離のバランスが正常に保つことができるので視力も下がることがありません。

また栄養のバランスのとれた食事をすることで、ドライアイや白内障などを予防することができます。視力が下がることは後々になって治療費がかかりますし、ぼけた世界で生活するのは不便なものです。

そんなことにならないように視力が低下が進まないように日頃から目の使い方に気をつけましょう。裸眼でいられるほど幸せなことはありません!