結婚式の二次会で呼ぶ人ってどこまで?誰を呼べば良いの?

結婚式の二次会で呼ぶ人ってどこまで?誰を呼べば良いの?

人生にたった一度(だといいんですが…)の晴れ舞台である結婚式!現在、大好きな彼や彼女と結婚式のプランを立ている方も少なくないと思います。また、披露宴や二次会の計画となれば、いろいろ想像が膨らみますよね。

披露宴や二次会に重視するポイントは人それぞれ異なると思います。私の友人の一人は、とにかくお料理にこだわった披露宴でしたし、とにかく盛り上がる!ことだけを考えて計画された披露宴もありました。

二次会ともなれば、さらに自由度は広がります。新郎新婦の個性が思いっきり反映されますよね。…しかし結婚式の二次会…一体どこまでご招待すればいいのでしょうか?

幅広い交友関係をお持ちの方なら、ちょっと悩んでしまいますよね。今後の人間関係に軋轢が生じてしまうかも…なんて、悩んでしまうのは無理もありません。

ここでは、そんなお悩みを抱えているあなたのために「結婚式の二次会にご招待する人の選び方」を説明したいと思います。

スポンサードリンク

1. そもそも決まりごとはあるの?

img2

そもそも、結婚式の二次会に呼ぶ人の基準ってあるのでしょうか?実は、特に規定はありません。まぁ、だからこそ悩んでしまうんですけどね。しかし、いくら決まりごとがないからと言って、気を付けたい点はあります。

親戚や家族は呼ばない

これは最早当たり前のことなのかな??でも私は知らなかったんです。とても仲の良い従弟が結婚式を挙げることになり、私と他の従妹たちは気軽に「二次会にも呼んでよ~」なんて言ってしまいました。

しかし、本人にしてみればまったくもって迷惑な話で、彼らの知り合いやお嫁さんは当然私たちの事を知りません。それなのに図々しく二次会に参加してしまったらとんだ赤っ恥をかくところでした。

結局、招待状が送られてくる前に本人から二次会についての打診がありましたので、そのとき丁重にお断りしました。もう一人の従妹は本気で行くつもりだったようですが、家族に止められ辞退したとか…。

そんな経験もあるので、いくら仲が良くても親戚を二次会に呼ぶのは避けた方が無難です。

年代を統一する

結婚式の二次会は、披露宴よりもざっくばらんに気軽に楽しめるパーティでもあります。なので「招待客の年代」にも気を使わなければいけませんよね。

もちろん、全て同年代で揃えなければいけない訳ではありません。趣味の繋がりや会社関連の招待客もいるともいますからね。ただ、なるべく年代を揃えたほうが、招待客にとって楽しい二次会になると思います。

会社の上司は呼ばなくてもOK

正直、会社の上司が二次会に出席してしまうと重たい雰囲気になってしまいますよね。特に、会社の同僚は思いっきり二次会を楽しむことが出来ません。会社関連の招待客は先輩まででOKです。

男女比を考える

新郎の友人と新婦の友人はバランスよく招待しましょう。いざ二次会を開いてみたら新郎の友達ばっかり…それではちょっと新婦側の招待客は気おくれしてしまいます。男女の比は忘れずに考慮しましょう。

スポンサードリンク

2. 選び方で重要な点は?

img3

それでは早速、結婚式の二次会の招待客の選抜法を探っていきましょう。趣味関連の仲間も呼びたいし、会社の同僚も呼びたい…大学時代の友人も…幼馴染も…なんて考えだしたらきりがありませんよね。

それでは一体、誰を優先的に招待すればいいのでしょう…それは!

披露宴に招待できなかった方から選ぶ

披露宴には会社の上司や親族を呼ばなければいけませんよね。そのため、招待客の枠は絞られてしまうと思います。本当は呼びたかったのに呼べなかった友人たち…。まずはそんな友人たちから二次会へ招待しましょう。

優先順位をリストアップ

新郎新婦ともに「この人だけは絶対に呼びたい!」と思える人たちをリストアップしてみましょう。それで枠がいっぱいになってしまったら「消去法」で選んでいって下さい。

優先順位をつけてリストアップしていけば「あの人も呼べばよかった…」なんて後悔はないと思いますよ。また、招待客同士で「え?この人誰?」とならないように、必ず知り合いがいる状況を作ってあげるのも優しさです。

一人参加の場合や、小さなコミュニティーでの友人の場合は、後日改めて小さなパーティを計画してみるものアリです。せっかく招待された二次会でも、浮いてしまったら可哀想ですからね。

多めに声をかける

二次会への参加は基本的に強制ではありませんので、それだけ辞退客が増えてくるかと思います。なので、なるべく大勢の人に声をかけておいた方が良いと思います。

「招待状=会場の収容人数」にするのはちょっと危険です。いざ当日になってみたら会場がガラガラ…ではちょっと気まずいですからね。親しい友人なら、前もって予定を聞いておくものアリです。

まとめ

以上「結婚式の二次会の招待客」について、いくつか厳選ポイントをご紹介いたしました。二次会は新郎新婦にとっても招待客にとっても、とことん楽しめる内容にするのがベストです。

なので、出席の可否は強制せず、相手の意見や立場を尊重してあげることが大切なんですね。