遠距離恋愛の秘訣って何?彼氏とメールするときコツってある?

大好きな彼と遠距離恋愛中…これはとても悩ましいことですよね。遠距離恋愛は、頻繁に会わなくて済むから楽だ…なんて見方もあるようですが、絶対に寂しいし切ないと思います。毎日彼のことを考えてしまいそうです。

遠距離恋愛ではメールでのやりとりが中心となります。実際、メールや電話のやりとりが負担になって失敗してしまった遠距離恋愛はたくさんあります。あなたもきっと不安を抱いていることと思います。

ここでは、遠距離恋愛を成功させるために、彼氏の負担にならないよなメールのやりとりについてご紹介したいと思います。これらを参考に、遠距離恋愛の突破口を掴んでくださいね!

スポンサードリンク

1. 彼氏を思いやることが大切

img2

遠距離恋愛は「お互いを思いやる気持ち」がなければまず成立しません。それには第一に「相手の負担にならない」ことを考えましょう。相手の生活を尊重する行動が大切なんですね。もちろん、あなた自身もあなたの生活を楽しんでくださいね。

2. 遠距離恋愛中のメールの頻度は?

img3

さて、遠距離恋愛中は相手を思いやることが大切だとご紹介いたしました。それでは具体的にメールの頻度はどれくらいが好ましいのでしょうか?

遠距離恋愛中は相手を思いやること、相手の負担にならないことが一番大切ですが、相手を思いやるばかりに、あなた自身が我慢し過ぎてしまうのは良くありません。

それではあなたのストレスが溜まってしまい、遠距離恋愛は失敗に終わってしまいます。ですから、メールの頻度については「あなたのペース」でいいと思います。ただし、気を付けたいことが一点あります。

それは「ルールを決めない」というルールです。一日のメールの頻度や電話の回数、時間帯などを縛ってしまうと、相手の生活を乱してしまう可能性があります。また、そこには義務感が生まれストレスの原因になってしまいます。

ですから、メールや電話に関してはルールを決めないことが一番なんですね。相手を縛らないと言うことは、相手の余裕に繋がります。彼氏に心の余裕が出来れば、必然的に「あなたに会いたい、連絡を取りたい」という気持ちが生まれます。

縛ってしまえば義務感しか生まれませんが、縛らなければ「自然に会いたい」という気持ちが生まれるんですね。それなら、多少の我慢をしても後者を選ぶのが正解だと思います。

メールやライン、電話はあなたのペースで構わないとご説明しましたが、ここで重要なのは「相手の返信」を待たないと言うこと。仮にメールをして返信がなくても焦ったり怒ったりしてはいけません。

焦ってメールを立て続けに送ってしまうのが一番よくありません。急かされているようなメールに彼氏はうんざりしてしまう可能性があります。メールの返事は気長に待つことにしましょうね。

基本的には「あなたがメールする→彼が返信→あなたが〆の返信」このパターンでいきましょう!長いメールのやりとりがしたいからと言って、一方的にメールを送り続けてしまったら、面倒くさがられてしまうかも知れません。

もしも彼氏の方から長いメールを希望しているのなら、最後のあなたの返信のあとに彼氏から返信が来るはずです。そうなったら、ばんばんメールしちゃって構いません!それまでは我慢ですよ。

[adsense]

3. 遠距離恋愛中のメールの文面は?

img4

遠距離恋愛中はとってもナーバス。メールの文面一つでも相手の負担になり兼ねません。だからこそ、慎重に言葉を選ぶ必要があるんですね。

重ね重ね「遠距離恋愛中は相手を思いやることが大切」とご説明して参りましたが、相手を思いやるばかりにあなた自身が我慢し過ぎたり、面倒くさくなってしまったら意味がありません。

もちろん、相手を思いやることを忘れてはいけませんが、あなた自身の負担にならないように、適度に「あなたのペース」を貫くことは重要ですよ!それを前提に、遠距離恋愛中のメールの文面の注意点をご紹介します。

  1. 長文は面倒なだけです。
  2. ナーバスな遠距離恋愛中のメール。伝えたい思いが山ほどあるのは分かります。でも一方的に「長文」を送ってしまうのは危険行為です。思いやりのある長文なら彼氏も喜ぶと思いますが、あなたの日記のような文章にはうんざりしてしまいます。

    伝えたいことはなるべく簡潔に、気持ちを込めて伝えましょうね!

  3. 「会いたい」メールは控えめに。
  4. 遠距離恋愛中だからこそ、ついつい「会いたい」メールを送ってしまいがち…。しかし、会えないのが現実。「会いたい」メールは相手のプレッシャーになってしまいそうです。

  5. 返事を求めるようなメールには気を付けて
  6. 「今日、何食べた?」「今なにしてる?」「○○どう思う?」など、疑問符で終わるようなメールにも気を付けて下さい。返事を求めるようなメールは一日一回くらいが節度です。

  7. 返事に困るようなメールには気を付けて。
  8. 「今日、ケーキ食べたよ」「○○ちゃんに会ったよ」など日常的なメールは、コミュニケーションの一部として定着されつつあります。しかし、これはとても返事に困ってしまう内容です。

    彼氏にとっては正直「だから?」としか返せないような内容は、出来るだけ避けた方が無難です。

    同じような内容のメールを送る場合は「今日、前に二人で行ったケーキ屋さんに行ってきたよ!○○を思い出した」など、彼氏にちなんだエピソードを付け加えましょう!これなら彼氏もほっこりしてくれそうです。

まとめ

以上「遠距離恋愛中のメールの頻度や内容」について考察して参りました。

遠距離恋愛はとても辛く大変なものだと思いますが、二人が適度な精神的距離を保つことが出来れば、必ず成功すると思います!頑張ってくださいね。

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング