七夕の正しい短冊の書き方ってあるの?願い事って何を書く?

七夕の正しい短冊の書き方ってあるの?願い事って何を書く?

7月7日と言えば七夕ですよね!小さいお子様がいるご家庭ならお馴染みの七夕。ちらし寿司やケーキなどで楽しくホームパーティをして過ごすご家庭も多いと思います。

七夕の主役と言えば、何と言っても笹の葉!!そして、笹の葉に込める願い事ではないでしょうか?…私はもう、何年も七夕とは縁遠い生活を送っていますが、今年こそは笹の葉に何かお願い事をしようと思っています。

さて、あなたは笹の葉にどんな願い事をしますか?今回は、七夕のお願い事にスポットを当ててみたいと思います。そもそも何故七夕にお願い事をするのでしょうか?また、なんで笹の葉なの??

そんな疑問を解消しつつ、正しい短冊の書き方などを併せてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1. どうして七夕にお願い事をするの??

img2

これは私もとても疑問です。そもそも七夕として有名なエピソードは、天の川を舞台に繰り広げられる織姫と彦星の物語ですよね。この物語は「お願い事」に関係しているのでしょうか?

織姫と彦星のエピソードを振り返ろう

お馴染みの織姫と彦星の物語。みなさんはどこまでご存知ですか?何となくは知っているけれど、実際子供に聞かれるとちょっと…そんな方も少なくないと思います。ここでは、簡単に説明しますね!

その昔、天界に偉い神様がいました。その神様には7人の美しい孫娘がいました。その中でもとりわけ美しかったのが織姫!しかし、織姫は織物に精を出すばかりで、ファッションや恋愛には無関心だったとか。

それを懸念した神様は、働き者の彦星を織姫の婿に迎えようとします。二人は晴れて仲睦まじい夫婦になりました。しかし、結婚したとたん、働き者であったはずの二人は遊び呆けてしまいます。

全く仕事をしようとしない織姫と彦星に激怒した神様は、二人を天の川の西と東に引き離します。そして「年に一度だけデートすることを許す」という決まりごと作りました。

年に一度の再会を夢見て、二人はせっせと働くようになりました。めでたしめでたし…。

織姫と彦星の物語はだいたいこんな感じです。二人が年に一度の逢瀬を願う気持ちが、「七夕の日の願い事」として現代に伝わったのでしょうか??

そもそも七夕は水辺の神様を祀る行事だった。

実は、織姫と彦星とは関係のないところで七夕は発展してきました。もともと七夕は中国から伝わったもので、平安時代から始まったと言われています。現代のような形式になったのは江戸時代のことだそうです。

また、七夕は水辺の神様を祀る伝統行事だったのです。若い女性たちが織物を織って神様に捧げ「豊作や漁業の発展、魔除け」を願う行事だったんですね。なるほど、これで七夕の日にお願い事をする理由が分かった気がします。

もう一つの説として、織姫は非常に字が上手であったため「字が上手くなりますように」と言う願いを短冊に込めて飾るとう風習があったようです。また「織姫のように織物が上手くなりますように」という願いもあるそうです。

なにはともあれ、七夕の日にお願い事をするなんてとてもロマンティックだと思います!あなたも早速お願い事を考えてみて下さいね。

笹の葉にお願い事を書く理由は?

笹の葉には「強い殺菌作用」があります。それには古来から魔除けの意味合いがありました。だから、笹の葉を飾るんですね。もともとの風習である「豊作や漁業の発展、魔除け」という願いの理にかなっていると思います。

短冊の正しい書き方は??

基本的に七夕に飾る短冊の正しい書き方はないようです。自分の思うままに、書いてみて下さいね。

スポンサードリンク

2. 短冊の願い事!みんな何を願ってるの??

img3

さて、いざ願い事を短冊に書くと言っても何を書いていいのか分からない…とりあえず無難なお願い事しか思い浮かばない…私もそうですが、いざ願い事をすると言っても悩んでしまいますよね。

それでは、一般的にはどのようなお願い事が多いのでしょうか?

  1. 「将来○○になれますように」
  2. 「家族が健康でいられますように」

などがトップではないでしょうか?…ちなみに私なら「お金が貯まりますように」が堅実な願いです(汗)それはともかくとして、規格外の面白いお願い事をしている人も多いのでは??

例えば「恋人が出来ますように」「受験に合格しますように」「出世しますように」など、現実的なお願いをする方もいれば、ファンタジックなお願い事やミーハーなお願い事をする方もいると思います。

ここで、ネット上で見つけたちょっと面白いお願い事をピックアップしてみます!

  1. 「俺の願いはいいんだ。ここにある全ての願いが叶いますように」
  2. 「ぬるい仕事下さい」
  3. 「楽天が何かの間違いで優勝しますように」
  4. 「お父さんが会社で変なあだ名で呼ばれていませんように」
  5. 「お母さんと悪いお兄さんが早く別れますように」

ん~、これはなかなか面白い願い事です!思わず笑ってしまいました。こんなお願い事がふと思い浮かぶ人ってなんか色々な才能に溢れていそうで素敵です!

まとめ

以上「七夕のお願い事」にスポットを当ててご紹介いたしました。願い事は人それぞれなんですね。私もあなたも、短冊へ込めた願いが叶いますように…。