七夕飾りの意味や由来って何?どうして笹に飾りつけするの?

7月7日と言えば七夕ですよね!私も小さいころは短冊に願い事を書いて笹の葉に飾りつけしたものです。大人になってからは七夕は縁遠いものになってしまいましたけどね。

小さいお子さんがいるご家庭ではお馴染みではないでしょうか?七夕にはちらし寿司やケーキでホームパーティ!なんてご家庭も多いと思います。国民的行事はとことん楽しまなければ損ですからね!

さて、七夕の由来や飾り付けの意味をご存知でしょうか?七夕と言えば織姫と彦星のロマンティクなエピソードが有名ですが、大半の方はうろ覚えではありませんか??実際子供に聞かれたら困ってしまったり…。

そんな事態に陥らないためにも、七夕の由来や飾り付けの意味を正しく理解しておきましょう!ここでは、七夕について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1. 7月7日の七夕の由来は??

img2

7月7日が七夕なのは知っているけれど…いつから始まった習慣なの?その由来は?…と気になる人も多いともいます。七夕の伝承の秘密ははるか昔に遡ります。

七夕のストーリー

それでは早速「七夕の由来」となった織姫と彦星の物語をご説明しましょう。

その昔、天界にはとても偉い神様がいました。その神様には7人の美しい孫がいたのです。その中でも飛び切り美しかったのが、ご存知の通り「織姫」ですね。しかし織姫は、織物に夢中で自分の美しさすら顧みようとしませんでした。

とても織物が好きで上手だった織姫は、いつもいつも織物を織っていたんですね。それは天界の神様たちにとても喜ばれましたが、織姫のおじいちゃんである神様は、いつも織物に夢中な織姫を懸念していました。

そこで、織姫にお婿さんを見つけてあげようとしたのです。神様は、天の川の近くでせっせと働いている「彦星」を織姫のお婿さんにすることを決めました。彦星はとても働き者だったので織姫にぴったりだったのです。

しかし、実際結婚すると、二人は全く働かなくなってしまいました。

仲の良い二人はいつも遊び呆けてばかり…そこで、困った神様は二人を天の川の東と西に引き離すことにしたんです。

そして年に一回、七夕のときにしか会えないという決まり事を作りました。二人は年に一度の再会に期待を膨らませ、せっせと働き始めました。

…七夕のエピソードはだいたいこんな感じです。一見ロマンティックに思える七夕のエピソードも、実態を知ってしまうとちょっとがっかりな気がしてしまうのは私だけでしょうか?

七夕はいつから始まったの?

七夕は元来、中国から伝わった日本の伝統行事の一つでした。平安時代から始まったと言われています。もともとは、川辺の神様を祀った行事だったんですね。

選ばれた若い女子たちが七夕の日に織物を織って水辺の神様へ捧げます。豊作祈願や魔除けの意味合いがありました。

2. 七夕の飾りつけや笹の葉に込められた意味は??

img3

平安時代から始まった七夕ですが、今のような形式になってきたのは江戸時代の事です。奈良時代では、短冊に書かれた短歌を飾っていたようです。江戸時代から「笹の葉」を用いて、願い事をするようになりました。

それでは、一体なぜ「笹の葉」だったのでしょうか?実は、笹の葉には強い殺菌作用があるからなんです。なので、こういった理由から魔除けの意味合いが込められたんですね。

七夕の飾りつけの意味は?

七夕になると、笹の葉に願い事だけでなく、様々な飾り付けが行われますよね。小さいお子さんがいるご家庭なら、手作りの飾りつけを作って楽しむ!なんてことも多いのではないでしょうか?

実は七夕の飾りつけにはそれぞれ意味があります!

飾りの意味

  1. ちょうちん飾り
  2. 短冊に込められた願いを明るく照らすという意味があります。ぜひ立派なものを作りたいですよね!

  3. 紙ごろも
  4. 織姫のようにお裁縫が上手になりますように、という願いが込められています。

  5. ねじり編み
  6. 豊作や漁業の発展の願いが込められています。

まとめ

以上「七夕の由来や飾り付けの意味」をまとめてご紹介いたしました。

これらの意味を知っていれば、七夕をより有意義に過ごすことが出来そうですね。お父さんお母さんは、お子さんにぜひ説明してあげましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング