イタリアのお土産おすすめの8選!旅行で買うならこれ!

イタリアのお土産おすすめの8選!旅行で買うならこれ!

イタリア旅行をしたなら、訪問する都市に素敵なグッズを是非お土産として持って帰りたいもの。イタリアは食品を始めファッション、ハンドメイド細工など伝統のある産物であふれています。

その品質は世界にも絶賛されているものが多く、イタリア製の刻印は製品の保証と信頼を約束します。お目当てのグッズや逸品のお土産を見つけたら嬉しいですね。

しかし、食品によっては日本からの旅行者にとって持ち帰りが困難であったり、税関で制限されてしまうものがあります。そこで、経済的で持ち帰りが楽なおすすめのお土産8つをランク付けでご紹介することにしました。

スポンサードリンク

1. 不滅の人気!本格的なパスタは定番

イタリアではご飯として日常生活に欠かせないパスタ。本場イタリアでは様々なタイプのパスタがスーパーを始め街のあちらこちらで販売されています。

そして主に販売されているのが乾燥パスタです。卵入りのパスタは多少値段が高めになってしまいますが、いずれも0.50€〜2€と割と手頃な値段で購入することができます。以下より「季節に関係なく気軽に持ち帰ることができる」人気のパスタを主にリストアップしてみました!

長いパスタ

  • spagetti(スパゲッティ)
  • パスタの王様

  • tagliatelle(タリアテッレ)
  • 卵入りきしめんパスタです。ラグー(ミートソース)で召し上がれ!

  • fettucine(フェットチーネ)
  • タリアテッレより少しコシのある卵入りパスタ

  • linguine(リングィーネ)
  • タリアテッレより少し細めの小麦100%のパスタ

  • tagliolini(タリォリーニ)
  • そうめんのように細い卵入りヌードルパスタ。スープにも最適!

  • bucatini(ブカティーニ)
  • 穴の空いた太めのパスタ

短いパスタ

  • fugilli(フジッリ)
  • ネジのようにクルクルしたカワイイパスタ

  • farfalle(ファルファッレ)
  • リボンのようなパスタ

  • garganelli(ガルガネッリ)
  • 筋のついたペンネのようなパスタ。緑色のパスタとミックスしたものもあります。

  • orecchiette(オレッキエッテ)
  • プーリア地方のかなりコシのあるパスタ

  • penne(ペンネ)
  • ペンのように両先が尖ったパスタ

  • rigatoni(リガトーニ)
  • スジ入りのチューブ型のパスタ

個性的なパスタ

  • cannelloni(カンネローニ)
  • 10cmほどの長さの大チューブにリコッタチーズやひき肉を詰めてホワイトソースで和える人気のパスタ

  • lasagna(ラザニア)
  • おなじみのラザニアを自宅で挑戦!20cmx10cm程の大きさで販売されています。ほうれん草入りの緑色のタイプもあります。

  • minestrone(ミネストローネ)
  • 様々なキュートで小さい種類のパスタはスープに使われます

  • 3色パスタ
  •  主にお土産用に観光地で見つけられます。イタリアの旗「緑」「白」「赤」を象徴しています。サラダにもどうぞ!

2. オリーブオイルでイタリア料理を堪能しよう!

イタリアのお醤油というオリーブオイルは家庭に欠かせない一品です。オリーブオイルには「エキストラバージンオリーブオイル」と「オリーブオイル」の2種類があります。

エキストラバージンオイルは直接フィルターでろ過されたもので、工場での処理を行っていないものです。値段は4€〜と高めですが芳香や味わいにこだわるなら購入の価値はあるでしょう。

お店では750ml入りのボトルが主に販売されていますが、小さいボトルも売っていますので、安さ重視であればこういったものを購入するのが良いでしょう。またサイズがさらに縮小された唐辛子入りやトリュフ風味づけのオリーブオイルもお土産としてはおすすめです。

3. バルサミコ酢で料理をアレンジ!

発祥地モデナ市での特産物はその名を世界中に広めています。そもそもバルサミコ酢とは濃縮させたワインとブドウの果汁が樽の中で熟成したものです。

その独特なアロマでサラダはもちろん、ジェラートやフルーツにかけてもおいしくいただける万能調味料です。値段に関してはメーカーによって異なっており、重さが気になる人に関してはプラスティック製容器のタイプが購入できるので、こういったものを選ぶのが良いかと思います。

4. チョコレートのクオリティもプロフェッショナル!

ペルジーナ社のBaci(バチ)やフェッレロ社のnutella(ヌテッラ)は、イタリアのチョコレートメーカーでは最強であり、不滅の人気を誇っています。ポケットサイズの物やワンパックサイズなどスーパーやキオスクで2€〜6€で気軽に購入することができます。あとバチのホワイトチョコタイプも見逃せません。

Novi(ノーヴィ)やLindt(リンドール)などもまろやかな味わいが楽しめます。また、いずれのメーカーからも製造されているトリノ産のジャンドゥーヤは、ヘーゼルナッツがミックスされている香ばしくて美味しい抜群のチョコレートです。

ただし夏場は溶けやすいので持ち帰りには注意しましょう。

5. 香ばしいアーモンドがやみつきになるカントゥッチーニ

image15

トスカーナの伝統的なお菓子カントゥッチーニはアーモンド入りのビスケットです。歯ごたえは固めですが、一度口の中に入れるとスーッと溶けてしまいます。

地元の人はヴィンサントという甘めのワインに浸しながらいただくのが一般的です。またアーモンドの代わりにチョコチップを加えたものもあります。お土産用に量やパッケージなどが選択できるので、自分の好みに合わせて購入しましょう。

6. 美しいヴェネツアングラスを是非持ち帰ろう!

ヴェネツィアのムラーノ島で生産されるハンドメイドのグラスは世界的にも有名です。何と言っても、その透明度と美しいデザインのハーモニーが魅力的です。

アクセサリーや小物類など、お土産として簡単に持ち帰ることができる種類がたくさんあり、ムラーノグラスを扱うジュエリー店もイタリア中どこにでもあります。なので、特別なものでない限りヴェネツィアに行かなくとも購入できます。

大きな花瓶やランプなど、お土産として持ち帰るのが困難な人は国際宅急便を利用するのがお勧めです。また購入の際はヴェネツィアングラスの取扱推奨店であることを確認しましょう。

7. 個性的なデザインのキッチングッズ

栓抜きからフルーツバスケットなどたくさんの珍しいキッチングッズはお土産に最適です。カラフルなグッズでキッチンを彩りましょう。

地中海を思わせるレモン柄のテーブルクロスや、鮮やかな色の食器類もきっと良い思い出になると思います。

8. 何を買って良いかわからなかったらピノキオ!

長いお鼻の木製の人形が観光客を迎えます。店の軒先に吊られているピノキオを持って帰らずにはいられません。

お決まりの赤い服と三角帽のファッションは楽しいイタリア旅行を思い出させてくれるでしょう。

まとめ

お土産を選ぶというはとても楽しいものですよね。ついあれもこれもと欲しくなってしまいます。ぜひ持ち帰ることができる範囲と予算で素敵なお土産を見つけましょう。

思いもよらずに手にしたお土産が一生ものになるということは旅先ではよくあることです。イタリア旅行でしか見つからないあなただけの思い出の品がきっとそこにあるはずです!Buon viaggio!