梅雨時の洗濯物が臭いっ!臭わず乾かすにはどうしたら良いの!?

梅雨時の洗濯物が臭いっ!臭わず乾かすにはどうしたら良いの!?

憂鬱な梅雨の時期がやってきます。特に主婦にとっては本当に憂鬱な時期と言えるでしょう。その理由は、何と言っても洗濯物…。梅雨の時期って、洗濯物がなかなか乾かないし、乾いても臭い!なんて事態に陥りますよね。

私も毎年この時期は憂鬱です。ちょっと厚手のものを洗濯しようものなら、いやな匂いがまとわりついてきます。しかもこの臭い、一度付いたらなかなか取れないんですよねぇ。本当に厄介です。

あまりにも臭いが気になるばかりに、この時期にバスタオルを何枚捨てたか…。きっと主婦であるあなたなら、私と同じような悩みを抱えていると思います。でも大丈夫!梅雨の時期の洗濯物には対策があったのです。

今回は、梅雨の時期の洗濯物を臭わせずにうまく乾かすコツをご紹介しましょう!

スポンサードリンク

1.洗濯物を溜め込まない

img2

これはもはや当たり前の事なのですが、梅雨の時期となるとなかなかうまくいかないものです。「明日は晴れるかな?」なんて思いながら、洗濯物はどんどん溜まっていくばかり…。

しかし、洗濯物を溜め込みすぎてしまうのが臭いの原因になってしまうことも!梅雨の時期の洗濯は「除菌」が何より大切です。洗濯機に洗濯物を詰め込んでしまうと、この除菌が上手く出来ません。

洗濯機で洗う時は、適量を心掛けなくてはいけないんですね。また、乾かす時だった同じです。とくに部屋干しなら、ぎゅうぎゅうに干してしまうと通気性が悪くなってしまうので、なかなか乾きません。

それどころか、嫌な臭いの原因になってしまうのですから、洗濯物はこまめにした方が良さそうです。私の場合、梅雨の時期は一日にだいたい2回洗濯機を回します。ちなみに洗剤は同じ量を使うので、より除菌効果が高まるという訳です。

他にも、一日に2回以上洗濯機を回す理由はあります。あなたは洗濯かごに洗濯物を溜め込んでいませんか?とくに汗をかいた下着や靴下は菌が繁殖しやすい為、脱いだらすぐに洗濯するのが基本です。

つまり、梅雨の時期は面倒ではありますが、洗濯物が出たらすぐに洗う!を心掛けましょう。

2.干す時に工夫する

img3

梅雨の時期は部屋干しに限られてしまいます。湿気でなかなか洗濯物が乾かないばかりでなく、部屋中かび臭い変な匂いが充満してしまうこともありますよね。

それはちょっとした工夫で防ぐことが出来るのです。まずは、洗濯物を干す時、洗濯物は最低でも10センチは間隔を置いて干すことが大切です。ぎゅうぎゅうに干してしまうと、乾きずらいばかりでなく、嫌な臭いの元になってしまいます。

次に、部屋の換気です。私の場合は、これを心掛けるようになってから、嫌な臭いは発生しなくなりました。まず、部屋に洗濯物を干した時は、窓を開けましょう。そして、部屋のドアも閉めてはいけません。

風の通り道を作ってあげることが大切なんですね。また、とくに乾きにくい洗濯物を干すときは空気清浄器のそばがベストです。私の場合は、空気清浄器を洗濯ものの真下に配置します。

この時、絶対に加湿してはいけませんよ。それでは逆効果ですからね。

また、洗濯物の下に新聞紙を敷く方法もあります。新聞紙は丸めたり、くちゃくちゃにしたりして敷くとより効果的です。洗濯物の湿気を新聞紙が吸ってくれるんですね。

3.除菌アイテムと柔軟剤をフル活用

img3

梅雨の時期の洗濯物は菌が発生しやすく、その細菌が臭いの原因となります。ですから、洗濯洗剤にはこだわりましょう。最近では、パワフルな除菌が出来る洗濯洗剤や漂白剤が手に入ります。これらをフル活用しない手はありませんよね。

また、柔軟剤にもこだわってみましょう。このところ、とってもいい香りの柔軟剤が増えてきたと思いませんか?ちょっと前までは、香りが強い柔軟剤はお値段が高めでしたが、最近ではお手頃価格で手に入れることが出来ます。

梅雨の時期は柔軟剤にこだわって、香りを楽しみましょう。香りのカプセルを活用するのもいいですよね。それなら、毎日の洗濯が楽しくなりそうです。

まとめ

以上、梅雨の時期の洗濯物を臭わせない工夫をいくつかご紹介しました。梅雨の時期だからこそ、洗濯物は溜め込まずにこまめに洗濯機を回すのが大切だったんですね!