なぜジューンブライドに結婚するの?意味や由来を知りあなたも!

結婚式は女性誰しもの「夢」ですよね。美しいウェディングドレスを身にまとい、たくさんの人たちから祝福される…まさに女性の人生にとって最高のシーンです。

ところで、結婚式と言ったら6月。6月に結婚式を挙げる方たちが多いですよね。それには何の意味があるのでしょうか??私もそうですが、疑問に思っている方は多いと思います。

今回は、何故「ジューンブライド」が人気なのかを徹底検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

1.ジューンブライドの由来とは??6月って梅雨だよね?

img2

日本で6月と言えば、憂鬱な梅雨の時期です。私も、梅雨に入ると気分が落ち込んでしまいますよ。それなのに、なぜわざわざ6月の結婚式が人気なのでしょうか?

晴れた空の下で結婚式を挙げたいと思っている方なら、6月の結婚式は避けたいと思うのが当然なのですが…。その謎は簡単です。ジューンブライドは日本の伝統ではないから!

実は欧米では、「6月に結婚すると幸せになれる」という言い伝えがあるのです。古代ローマの女神「JUNO」は結婚を司る神様です。6月は英語で「JUNE」ですよね。これは結婚の神様「JUNO」が由来になった単語です。

なるほど、それなら「ジューンブライド」の伝承は納得できますよね。とってもロマンティックで夢のある話だと思います。

2.実は日本の企業戦略だったり!

img3

続いてはちょっと夢のない話になってしまいますが、「ジューンブライド」は日本の企業戦略説があります。日本の6月は悪天候の続く梅雨です。当然ですが、昔はこんな時期に結婚式を挙げたいなんてご夫婦は少なかったようです。

そりゃ、そうですよねぇ。悪天候では、参列に来てくれる友人や家族にも迷惑がかかってしまいます。それに何より、自分たちも憂鬱な気分になってしまいます。

ですから、6月の式場はガラガラ。閑古鳥が鳴いていたわけです。ホテル側からしても、式場側からしても、これはとても困った問題です。なんとかして、6月も式場の予定を埋めたいと思うのは当然です。

そこで、海外の伝承である「ジューンブライド」を利用したわけです。「ジューンブライド」の伝承を日本に広めれば、あえて6月に結婚式を挙げたいと考えるご夫婦が増えます。

夫婦も開催側も幸せになれるのなら、こんなにいい話はありません。「ジューンブライド」が宣伝文句だなんて、ちょっと夢のない話かもしれませんが、ローマ神話は本当です。

考え方次第では、十分「夢」と「ロマン」がありますよね。

3.ジューンブライドはヨーロッパの風習からも由来がある!

img5

昔の話ですが、ヨーロッパの人たちは「結婚してはいけない時期」がありました。農作業が一番忙しい時期、3月から5月にかけての時期は結婚を禁止されていたとか…。

つまり、6月は「結婚解禁月」でもあったんですね。少しでも早く結婚したいと願っているカップルにとって、6月はとても待ち遠しい時期だったことでしょう。

4.「ジューンブライド」はヨーロッパの気候にも由来がある!

img4

さて、これが最後の説になります。日本で6月と言えば、梅雨の真っただ中。じめじめとした悪天候が続き、とても不快な時期ですよね。しかし、ヨーロッパの6月はそうではありません。

実は、ヨーロッパの6月は「最もいい天気が続く時期」なんですね。これでは、日本と真逆になってしまいますが、ヨーロッパでは「いい天気」の日に結婚することが「いいこと」とされてきました。

よって、快晴が続く6月が結婚式に最適な月だったんですね。

まとめ

以上、「ジューンブライド」の由来についてご紹介いたしました。真実を知ってあなたはどうでしたか??企業戦略でも、ヨーロッパの風習でも関係ない!と思いましたか??

特に6月の挙式にこだわる必要はないかも知れませんが、私としては…やはり古代ローマの女神説を考えると「ジューンブライド」はステキだと思いました!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング