つかみはOK!?合コンでうける男の自己紹介の例はコレ!

つかみはOK!?合コンでうける男の自己紹介の例はコレ!

合コンでの自己紹介は失敗できません!とくに男性のあなたならば、自己紹介はとても重要です。男性の場合、ファッションや髪型メインで相手の第一印象を上げることは難しいと思います。

もちろん、イケメンなあなたなら問題ありませんが…。外見はほぼ他のメンバーと大差ない…なんて場合は、自己紹介で相手に印象付けることが大切ですよね。

とはいえ、一体なんて自己紹介すればいいのか分からない。すべったら恥ずかしいし…。ごもっともな意見だと思います。今回は、あなたの自己紹介を大成功に終わらせるために「合コンでうける男性の自己紹介」をご紹介しましょう!

スポンサードリンク

1.ギャップで好印象を狙え!

img2

女性は男性のギャップに弱いというのは周知の事実。それなら、思い切ったギャップを披露して女の子のハートをがっちり掴んでしまいましょう!

例1

えー…ニーチェはこう言いました…

やんちゃな風貌のあなたがいきなりこんなことを言い出したら…周りからどっと笑いがこぼれるかも知れません。それを狙って、哲学ネタを一つ持っておくと便利かもしれません。

また、読書好きな女の子なら、そんなあなたに一目ぼれ…なんてこともあるかも知れませんよね。

例2

趣味は料理です

これは定番中の定番ですが、ワイルドなあなたが「趣味は料理です」なんて言えば、会話が発展しそうですよね。女子たちはみんな「意外~」と感心してくれると思います。結構真面目なネタだと思いますよ。

例3

ガリですが、これでもスポーツジムに通っています

これは自虐ネタにもなりますが、確実に笑いをとれる自己紹介かも知れません。いや、本当にマッチョなら「ふ~ん」と思われるだけかも??しかし、女性は細マッチョが大好きですからね!どっちにしても喜ばれると思います。

この3つがいい例だとして、ギャップを使った自己紹介には悪い例もありますのでご用心!

悪いギャップとは??

悪い例1

鉄道ネタ

やんちゃな男性が実は鉄道好き…なら良いギャップになると思います。しかし、見た目地味なあなたが「鉄道ネタ」を披露したら確実に引かれてしまいます。

悪い例2

アイドルネタ

アイドルネタは、最も危険です。間違っても「アイドルのおっかけしています」なんて言わないように!また、とくにアイドル好きでなくても「こないだ○○ちゃんを見かけました。ちょうかわいかったです」…これも禁句。

この場所には、アイドルにも負けないように気合を入れてきた女性が大勢いるのです!なので、これは失礼ですよ!!

悪い例2

サブカルネタ

「実はアニメ好きで。最近○○にハマっています」これも危ない自己紹介ですよね。もちろん、見た目がやんちゃなあなたなら「意外~」と女性に喜ばれるかもしれませんが、危険なのは「アニメのタイトル」まで言ってしまうこと。

ある程度有名なタイトルならいいですが、アニメファンしか知らないようなタイトルを言ってしまうと場がしらけるだけです。

あなたは笑いを取るつもりで「萌アニメ」のタイトルを言ったつもりかもしれませんが、知らない女子からしてみれば「なにそれ?面白いの?」くらいで終わってしまいます。これでは何の印象にも残りません。

悪い例2

ギャンブルネタ

これは絶対に避けましょう!少なくともギャンブルを快く思う女子は私の周りにはいません。悪びれもせず「競馬」や「パチスロ」の名前を口に出してしまったら、女性から冷ややかな目線を送られてしまいますよ。

2.自虐ネタを披露

img3

簡単に笑いをとりたいかたは、ちょっとした自虐ネタを披露してみましょう。間違ってもネガティブな発言をしてはいけません。あくまで笑いを取るために、誰からも「なるほど~」と言ってもらえるような内容を心掛けましょう。

例1

身長は低いですが、名前は高志です

これくらいの自虐ネタなら、十分突っ込みようがありますよね。また、「痩せていますが、名前は太です」こんな名前を持っていたら、それを活用しない手はありませんよね!

悪い例として「名前は勉ですが、俺はバカです」…これには突っ込みようがありません。女子からしてみれば「バカなの?」くらいですし、あなたを良く知る男子からは「いたたた…」と思われるだけですからね!

卑屈要素が絡んだ自虐ネタは全く笑えませんので注意が必要です!

3.特技を披露

img5

モノマネや一発芸など、あなたに特技があればそれを披露しましょう!例え失敗しても、盛り上がればそれでヨシだと思います。

4.友情ネタを披露

img6

ひたすら友達を持ち上げるなんていうのも、立派な自己紹介の一例です。ちょっとした友達との心温まるエピソードを披露してみるものいいかも知れません。

気を付けたいのは、話が長くなること。始めは「うんうん」と聞いてくれていた女子たちも、あなたの話が長くなればなるほど飽きてきてしまいます。また、オチがない…なんてこともないように!男性の話にはオチが必要です。

その他にも、友達を批判するようなことを言ってはいけません。それがたとえギャグであっても、女子たちは引いてしまいますからね。

まとめ

以上、女性にうける男性の自己紹介例をいくつかご紹介いたしました。自己紹介を楽しく成功させて合コンを盛り上げることが出来れば、あなたは合コンの主役になれそうです。