友達の結婚祝い!金額や相場は?2つのおすすめプレゼントはこれ!

友達の結婚祝い!金額や相場は?2つのおすすめプレゼントはこれ!

最愛の友達が結婚した!とても嬉しいことですよね。早速結婚祝いを贈らなければいけません。挙式をしない友人であれば、何かプレゼントを贈らなければいけませんよね。

それにしても、友人の結婚祝い…正直なところ相場が気になります。皆より少なくて赤っ恥をかきたくはないですもんね。今回は、友達の結婚祝いの相場や最適なプレゼントについてご紹介しましょう。

スポンサードリンク

1.友達の結婚祝い…その相場とはいかに!

img2

友達の結婚式に招待されたけれど、一体いくら包んでいけばいいの??この問題は深刻です。他の友人よりも少なければなんか恥ずかしいし、多すぎても嫌味になってしまう…今後の友人関係にひびが!なんてよくある話です。

相場を知る前に、まずは他の友達と金額を話し合ってみた方が良さそうです。中のいい友人グループであるなら、皆で同じ金額を贈った方が良好な友人関係が保てそうですもんね。

しかし、共通した友人がいない場合も少なくありません。そんな方に、早速友人の結婚祝いの相場をご紹介しましょう。

相場は立場や年収によって異なる!

一般的に友人の結婚式には3万円包むと言われていますが、それが年収に見合っていないようでは逆に失礼になってしまいます。一昔前までは、友人の結婚祝いの相場は、贈る側の年収の5%と言われていました。

月収20万円の場合、結婚祝いは1万円。まだ自分たちが若い場合や、ちょっとした友人の場合はそれくらいが妥当かも知れません。3万円は決して安い額とは言えませんからね。

一方、披露宴で振る舞われるお料理の平均総額は1万円から2万円。それを考えると、披露宴に出席した場合は1万円では少なそうです。これはかなり頭が痛い問題ですよね。

総論として、披露宴に出席する場合は3万円、出席しない場合は立場や年収を考えて額を少なくする…が理想だと思います。

チェック!

ご祝儀袋の注意点!

これは意外に間違えやすかったりします。私も何も知らない頃は、思いっきり勘違いしていました。親に教えられて恥をかかずに済みましたが…。

ご祝儀袋において絶対に注意しなければいけないのが、そのデザイン!ご祝儀売り場に行って、自分の気に入ったものを選べばいいという訳ではないんですね。

ご祝儀袋は包む金額に見合ったものを選ばなければいけません。デザイン重視でちょっと豪華なものを選びたくなりますが、これはマナー違反!3万円程度を包むご祝儀袋は、300円くらいで買えるものを選びましょうね。

2.絶対に喜ばれる結婚祝いとは?

img3

結婚式にお呼ばれされた場合はお金を包めばいい話ですが、事情があって参加できない場合や呼ばれていない場合は何かプレゼントを贈るのが基本ですよね。

しかし、これは本当に迷ってしまいます。新婚さんには一体何を贈ったら喜ばれるのか…現在頭を抱えているあなたへ、新婚さんに贈ったら絶対に喜ばれるギフトをご紹介しましょう!

その前に…
チェック!

絶対に贈ってはいけないプレゼントとは?

結婚とはおめでたい行事です。ですから、決して縁起の悪いものを贈ってはいけないのです。新婚さんに贈ってはいけないプレゼントとは?

  1. 「切れる」、「割れる」、「壊れる」を連想させるもの
  2. これは主に食器などを意味していると思います。最近では包丁や食器などのプレゼントは当たり前になっていますが、実は気を付けた方が良かったりします。

    考え方の古いご両親をお持ちの新婚さんなら「ちょっと…」と思われてしまうかも知れません。

  3. 消えてなくなるもの
  4. お菓子や食品など、形に残らないギフトは喜ばれますが、やはりこれも縁起がいいとは決して言えません。しきたりや格式を重視するご両親をお持ちのカップルであれば、やめておいた方が無難ですよね。

  5. 金券や商品券
  6. 実用性を重んじてついつい贈ってしまいがちな商品券。これも縁起のいい話ではありません。商品券も消えてなくなるものですからね。やめておいた方がいいでしょう。

上記で紹介したもの以外を贈るとなると、かなり選択肢は狭まります。商品券や食器、食品などは贈る方も気が楽ですからね。しかし、それらが禁忌では一体何を贈ればいいのか悩んでしまいます。私のおすすめギフトは??

1.キッチン用品

結婚してからお料理を頑張りたいと思っている花嫁さんは多いと思います。質の良いお料理を作るには、それなりの器具が必要になってきますよね。いやいや、本人の腕次第かも知れませんが…。

そこでお鍋フライパンなどが喜ばれると思ます。お鍋やフライパンはいいものは結構高いんですよね。なかなか自分で買いそろえることは出来ません。だからこそ、喜ばれると思いますよ!包丁は厳禁です!

2.エプロン

主婦の正装であるエプロンはいくつあっても足りないくらいです。また、花嫁さんは新しくお料理教室に通い始める機会も増えてくることでしょう。そんなとき、ちょっといいエプロンがあったらとても助かりますよね。

まとめ

以上、友達の結婚祝いについていくつかご紹介いたしました。結婚祝いはお金にしても、形のあるプレゼントにしてもとても難しいですよね。しかし、常識のある振る舞いが出来れば大成功だと思います!