結婚祝いおすすめのお返しって何?相場やあげる時期っていつ?

結婚祝いおすすめのお返しって何?相場やあげる時期っていつ?

あなたの人生の最高の舞台でもある結婚式。あなたはたくさんの友人や親族から祝福されると思います。また、結婚を祝ってくれるのは、結婚式に参加してくれた人たちだけとは限りません。

中には、事情があり結婚式に参加出来なかった人や、招待できなかった人も大勢いると思います。そんな人たちは、あなたに結婚祝いを贈ってくれるはずです。もちろん、あなたもその気持ちに応えなければいけませんよね。

それなら、結婚内祝いのお返しの相場は?時期はいつ頃が相応しいの?という疑問にぶち当たると思います。このお返しで常識外れなことをしてしまうと幸先悪いですよね。

ここは何としてでも、マナーを厳守したいところです。ここでは、結婚内祝いに関するマナーやお勧めのギフトをご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

1.結婚内祝いのお返し…その相場や時期は??

img2

結婚内祝いのお返しに関しては、やはりマナーを厳守すべきです。結婚内祝いは、結婚式に出席されなかった方から贈られるお祝い金です。その相場は…結婚式に出席された方とほぼ同額です。

また、結婚式をしない方も結婚内祝いは意識しなければいけませんよね。実は私は、海外で二人きりで結婚式を挙げました。よって、結婚内祝いは結構もらいました。そのお返しには本当に悩んだものです。

結婚内祝いのお返しの相場は??

それはズバリ、貰った金額の半分です。それより多すぎたら、相手に失礼になってしまうので気を付けましょう。もちろん、明らかに少ない場合も神経を疑われてしまいそうです。

何を贈るか、どれくらいのものを贈るかは、二人で考え込まず親に相談してみるのも手かもしれません。

結婚祝いのお返しの時期は??

挙式一ヶ月以内が基本です。結婚内祝いのお返しは、結婚式の日取りが基準になります。挙式の一ヶ月以内に、宅配便で贈りましょう。可能ならば、相手の自宅に持参するのも誠意のあるやり方です。

宅配便にしても、必ずお礼の電話は欠かさないようにしましょうね。お礼の電話は、結婚祝いを貰ってから一週間以内に済ませて下さい。

2.結婚祝いのお返しに相応しいギフトとは?

img3

これもまた悩みますよね。私の場合は、貰った金額の半額相当の商品券と、記念品として食器を贈りました。額の少ない方にはは、食器のみを贈りましたよ。選んでいるときはとても楽しかったです。

それでは早速、結婚祝いのお返しとして、お勧めのギフトを私の経験と「もらう側」の気持ちになって考えていきたいと思います。

1.商品券

家族や親戚など、けっこうな額を頂いた場合は、とてもじゃないけれど半額相当の品を見つけることは出来ませんよね。また、とても高額になりますから、相手の趣向に合っていなければ一切無駄になってしまいます。

カタログギフトにしても「絶対にこれが欲しい」と相手に思ってもらえなければ、残念な印象を残してしまいそうです。それなら、もう商品券しか選択の余地がなさそうです。

商品券なら、好きなものを好きなだけ買うことが出来ますから、相手にとって重荷や負担になることはありませんよね。贈る側も気持ちも楽かもしれません。

しかし、ただ商品券を贈るだけでは少しさびしい気もします。なんとなく事務的な印象すらありますからね。私の場合は、記念品も添えて贈りましたよ。もちろん、メッセージも添えて。

私が選んだ記念品はウェッジウッドの食器を家族分…でしたが、それはあなた自信の趣味でいいと思います。商品券に添える記念品は、あなたの趣味を前面に押し出したものの方が喜ばれると思います。

2.カタログギフト

お返しの金額が1万円から2万円くらいなら、カタログギフトが最適かも知れません。商品券にしてはちょっと少なすぎる…なんて場合は、カタログギフトの方が見栄えが良いですからね。

もらう側の本音としては、やっぱり貰うものは自分で選びたい…ではないでしょうか。高価な何かを贈られても、自分の趣味と合っていなければ、正直ありがた迷惑になり兼ねません。

最近では、さまざまな種類や金額のカタログギフトがありますので、選ぶ側も楽しいと思います。

私はいつもカタログギフトをもらうと食器を注文します。高価な食器は自分ではなかなか買うことが出来ませんからね。カタログギフトはとてもありがたいと思っています。

スイーツや食品

貰った金額がそこまでじゃない場合は、カタログギフトも正直「いらないものばかり」なんて場合もありますよね。そんなときは、形に残る記念品も喜ばれると思いますが…実は、形に残らない食品の方が喜ばれる場合もあります。

というか、けっこう記念品よりも喜ばれちゃうんですよね。自分では決して変えないような高級スイーツや食品は、貰って困るなんて方は少ないと思います。相手の趣味を知っていれば尚更ではないでしょうか?

そういえば最近、私もお返しを貰いました。出産祝いのお返しだったのですが、帝国ホテルのスープセットを貰いました。これはすっごく嬉しかったです。

まとめ

以上、結婚内祝いのお返しについていくつかご紹介いたしました。商品券やカタログギフト、食品などは確かに喜ばれる品々ですが、結局はインパクトに乏しく、形に残りづらいものでもあります。

一生の思い出を相手に贈りたいのであれば、お返しは何でもいいのかも知れません。相場と時期さえ間違えなければ、貰う側は何を貰っても嬉しいと思いますよ!