女性の大胸筋の鍛え方!ダンベルや腕立て伏せで鍛えるならこれ!

女性の大胸筋の鍛え方!ダンベルや腕立て伏せで鍛えるならこれ!

加齢とともに垂れ下がってくるバスト…生まれつき小ぶりなバスト…これはもう仕方のないことだと諦めていませんか??また、締め付けの強い補正下着でカバーしている…なんて女性もいるかと思います。

しかし、締め付けの強い補正下着は決して体に良いとは言えません。強い締め付けはリンパを圧迫してしまいます。むくみや更なるバストの垂れ下がりを助長してしまうんです。

それなら一体どうしたらいいの??補正下着もダメなんて、これじゃあ洋服がキレイに着れないわ!ごもっともな意見です。垂れ下がったままのバストでは、洋服を着ても綺麗なラインが出ませんよね。

それなら、「自然な補正下着」を自分自身の筋肉によって身につければいいのです。女性のバストにとって最高の補正下着は、ズバリ大胸筋です。大胸筋を鍛えることが一番のバストアップに繋がります。

大胸筋なんて男性が鍛えるのもじゃないの??と思い込んでいるあなたは考えを改める必要があります。大胸筋こそ、女性が一番必要な筋肉なんですよ!

ここでは、悩めるあなたのために気になる大胸筋の鍛え方をご紹介します!

スポンサードリンク

1.大胸筋を鍛えるのは大変??

img2

男性と違って、女性の大胸筋は小さいですよね。もしも大きかったら大変です。バストがすべて筋肉になってしまいますからね。女性のバストは脂肪なので、大胸筋を鍛えることは簡単ではありません。

また、自分ではなかなか成果がわかりにくい筋肉かも知れません。それこそ、半年以上かけてゆっくりと調節していく必要があります。だからこそ、自分に合ったやり方で、毎日コツコツとトレーニングしていく必要があるのです。

2.自宅でまずは腕立て伏せ!

大胸筋を鍛えるエクササイズとして最も有効なのは、言わずと知れた腕立て伏せです。腕立て伏せによって鍛えられるのは大胸筋ばかりではありません。肩や腕、腹筋までも鍛えられるのです。

腕やお腹は女性が最も気になる部分ですよね。大胸筋を鍛えるために始めた腕立て伏せによって、これらも一緒に鍛えられるであれば、一石二鳥どころの話ではありませんよね!

しかし、女性にとって腕立て伏せは至難の業かも知れません。私も始めはそうでした。一回も出来なかったんですよ!だから始めのうちは焦らないで!一回でも出来たら自分を褒めてあげるようにしましょう。

また、初心者のうちは膝をついた腕立て伏せにチャレンジしてください。膝をついた腕立て伏せなら、絶対に出来ない!なんてことはないと思います。一日10回でも毎日続けれていれば必ず成果が表れます。

また、膝をついた腕立て伏せに慣れてくれば、次第に本来の腕立て伏せだって出来るようになります。また、腕立て伏せにはいろいろな方法がありますので、いろいろとチャレンジしてみることをお勧めします。

3.ダンベルを使って大胸筋を鍛える

ステップアップしたくても、女性ならなかなかジムに通う勇気が出ませんよね。ジムへ通うことが出来れば、より効果的に大胸筋を鍛えることが出来るのは事実です。

しかし、そこまでしなくても、自宅でダンベルを使ったトレーニングも効果的ですよ!ダンベルなら、通販で1000円以内で購入できます。明日からでも始められますよね。

負荷はどれくらいが理想かというと…大胸筋のトレーニングなら3キロが理想だと思います。3キロって結構重いです。なので、腕のトレーニングには使用しないでください!

腕のトレーニング初心者の方が3キロのダンベルから始めてしまったら、確実に肩を壊してしまいますからね。また、3キロの負荷で1ヶ月も腕のトレーニングをしてしまったら…想像以上にマッチョになってしまいます。

なので、3キロのダンベルは大胸筋のトレーニングのみに使用しましょう。

まとめ

以上、自然なバストアップを目指したいあなたへ「大胸筋の鍛え方」をご紹介いたしました。きっと、一年も続けていれば補正下着なんて必要なくなりますよ!