鯉のぼりや吹き流し!飾る意味って何?由来とかって何なの!?

5月のお節句。街のいたるところに色とりどりの鯉のぼり吹き流しが飾られるシーズンですよね。街を歩いているととても楽しい気分になれます。

そもそも、なぜ五月のお節句に鯉のぼりや吹き流しを飾るのでしょうか??誰でも一度は疑問に思ったことがあると思います。

今回は、五月のお節句に飾られる鯉のぼりや吹き流しについてご紹介したいと思います。これらが飾られる由来を知っていれば、よりいっそうお節句を楽しむことが出来そうです。

スポンサードリンク

1.鯉のぼりの由来は??

img2

実は、鯉のぼりには願掛けの意味合いがあったのです。これは新しく生まれた生命に対して、神様に「この子をどうか守ってください」という願いが込められています。

または、男の子が生まれたことに対して「神様ありがとう」という感謝の気持ちが込められているんですね。この風習は江戸時代から始まりました。

始めは武家だけに伝わる風習でしたが、次第に一般家庭にも浸透していったようです。しかし、飾られる「のぼり」は始めは鯉ではありませんでした。

なぜ鯉のぼりになったかというと、それは中国の故事に由来があります。あなたも良く知っている「登竜門」という言葉がその由来になっています。

マメ知識

登竜門とは??

その昔、中国の広大な黄河には、「竜門」と言われる激流の滝がありました。その激しい流れを乗り切り、黄河を渡りきった魚だけが龍になることが出来るという伝説がありました。

そして、見事だけが、その激流を乗り切ることが出来たのです。

「鯉のぼり」はこの伝承が由来だったんですね。また、鯉という魚は、キレイな水の中だけでなく沼地で生息することが出来る強い魚です。その生命力こそが、「男児の成長を願う」気持ちを連想させたのだと思います。

マメ知識

鯉のぼりの色とその意味

色とりどりの鯉のぼり。あなたは、何色がお好きですか??または、何色があるかご存知ですか??男児のご家庭なら、もはや一般常識かもしれません。ちなみに私は知りませんでした!

鯉のぼりの色の意味を知ると、街中で鯉のぼりを見ることが楽しみになるはずです!その色と意味は??

  1. 黒の真鯉
  2. →お父さんを意味しています。

  3. 赤い緋鯉
  4. →お母さんを意味しています。

  5. 青や緑
  6. →長男を意味しています。

  7. 黄色やオレンジ
  8. 次男や三男、女の子のためにいろいろな色が増えていきます。

なんとなく、家族をイメージしていることは知っていましたが、鯉のぼりにはこのような色があったんですね。なるほどと思ってしまいました。家族だんらんをイメージしているとなると、鯉のぼりに魅力が増しますよね。

2.5色の吹き流し…色の意味とは??

img3

吹き流しとは何ぞや??と思われた方も多いのでは?私は知りませんでした…。吹き流しとは、鯉のぼりと一緒に飾られている色とりどりな「あれ」のことです。ピンときましたか?

そうです、鯉のぼりと一緒に飾られているあの「ヒラヒラ」のことです。今までは意識して見ていませんでしが、そう言えばありますよね。この吹き流しには「魔除け」の意味合いがあったのです!

これも中国から由来されています。あらゆる物質を司る木・火・土・金・水の元素が由来になっています。これは、五行説と呼ばれています。

また、江戸時代の日本では、鯉のぼりは町民が、吹き流しは武家が飾っていたと言われています。というこは、格式高い吹き流しを忘れるわけにはいきませんよね。

色とりどりの吹き流し…その色合いの意味は??

マメ知識

  • 火→赤
  • 木→青
  • 黄色→地
  • 白→金
  • 黒→水

セーラームーンの色合いとは異なりますが、こちらが伝統的な吹き流しの色です!!

まとめ

以上、5月のお節句に飾られる鯉のぼり吹き流しについてご紹介いたしました。それぞれの意味を知るだけで、お節句をより意味のあるもの、そして楽しいものに出来ると思います!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング