四十肩の症状や原因って何!治す方法とかってあるの?

40歳代に入るとあちこち体の部分に痛みが起きることがあります。四十肩もそのひとつで、文字通り40歳にさしかかった時期に起きやすい肩に激痛が起こり腕があげられなくなります。

そして肩の痛みは夜間にひどくなる傾向があり不眠症になることもあります。さらに腕が肩より上に上がらなくなったり痺れがある場合が続く場合は整形外科へ受診する必要も出てきます。

そんな四十肩をいち早く解消してスムーズに腕を動かしたいものです。今回は四十肩になってしまう原因を取り除きながらその予防と解消法をご紹介します。

スポンサードリンク

四十肩になってしまう原因

はっきりと医学上では確認できていませんが、主な原因としては老化現象による肩の腱板(肩の筋肉と骨をつないでいる腱)の消耗や現代人の運動不足に対して肩を使いすぎること、そして無理な姿勢で肩の腱を急激に伸ばしたりすることなどがあげられます。

これらの積み重なる肩の動作により腱板が傷つくことで肩の関節に炎症が起きてしまい、結果として肩が痛くなり腕が上がらなくなってしまうのです。

また肩を冷やすことも四十肩の原因になります。このことは足にも当てはまることですが、体が冷えるとリンパの血行が悪くなり硬くなってしまった関節を無理に動かすことで肩に炎症が起きてしまいます。

そしてパソコンのキーボード操作や腕を曲げて頭を置いて寝る習慣のある人(実際いました!)なども四十肩になりやすい傾向にあるので、40歳に近づいたら、肩に無理をさせない日常生活を送るようにしましょう。

かつては五十肩と言われていたものが10年繰り上がって四十肩と呼ばれるようになったのは、特に動かなくても用が足せる便利なハイテク技術などが運動不足な生活スタイルにさせるとともに、肩の血行が悪くさせ早めの「十肩」が発生してしまったと言えます。

四十肩の解消法

四十肩は病気ではなく自然完治するので心配することはありませんが、仕事や家事など日常生活に支障が出る場合は少しでも緩和できる対処法を考えなくてはいけません。

もちろん四十肩になってしまったら早く治るように無理な動作は控えることが大切です。そうすることで肩の痛みが和らぎ快適な日常生活を送ることができるでしょう。

体を温める

肩の痛みの速攻緩和剤として定番の温湿布やホットバッドは便利ですが、特に体を動かす人でこれらの保温法が使用しずらい人はサウナや入浴の際に肩を優しくマッサージするのも効果的です。

またお灸なども体を内側からじっくり温める効果があるので試してみるのも良いでしょう。血行が促進されリラックス気分ですることができます。

しかし激しい痛みがある場合は温めずに冷シップや冷やしタオルで20ほど冷やし、症状が和らぐまで必要に応じて繰り返します。そして温まったと感じたらゆっくりと肩の関節をほぐすように動かします。

睡眠中に肩が冷えない工夫

睡眠中は肩の部分はスースーと空気が入り込みやすく、布団を十分かけていても冷えやすくなります。朝起きた時に肩の痛みがないようにするには、睡眠中に肩が冷えないように工夫することが必要です。

その効果的な方法として保温サポーターをつけたり直接首から肩にかけてタオルを巻いて夜間の気温低下の影響を受けないようにしましょう。

適度な運動をする

くれぐれも肩に負担がかからないようにゆっくりと関節を動かしましょう。そして運動を始める前は肩を温めながら硬くなった関節をほぐしましょう。

あくまでも肩の血行を良くするために行う運動ですので、継続できなくても問題ありません。やる気とちょっとした時間があるときに肩を目覚めさせる程度に行えば良いでしょう。

鎮痛剤も利用しよう

どうしても我慢できない痛みがあっても休息できない状況では消炎鎮痛の貼り薬や消炎鎮痛剤の飲み薬で解消することができます。貼り消炎鎮痛剤には温・冷の二種類があります。

痛みの強さがあれば冷タイプ、軽い痛みで血行を促進したい目的なら冷タイプを使うなど症状に応じて使い分けましょう。

また薬には抵抗がある人はビタミンB群が含まれたビタミン剤で肩のコリをほぐすことができます。

四十肩の予防

肩が痛くて何もできないようでは不便でしょうがありませんね。そんな四十肩にならないようにしっかりと予防することが大切です。老化現象としての結果としては避けられませんが、ちょっとしたケアで四十肩を軽い症状で抑えることができます。

また急激な肩の動作で起こった場合はもちろん肩への負担をかけないように注意することが大事です。そしてこのことが肩への健康維持にもなり四十肩が五十肩に戻る日がくることでしょう。

四十肩の予防法

  • 定期的な運動
  • 体を冷やさない
  • 同じ側の肩を常に下にして寝ない
  • 肩を使った急激な動作をしない
まとめ

四十肩は腕が上がらなくなるほど肩に激しい痛みが走りますが、運動療法や鎮静剤などで改善できるのでがんばって乗り越えましょう。

そして無理な動きは避け肩の負担を軽くするように心がけると同時に、体を温めて肩の関節が硬くならないように維持しましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング