パリ観光のおすすめのスポットは!モデルコースを教えて!

芸術の街パリは素晴らしい文化遺産にあふれた美しい都市です。数々の美術館や歴史あるモニュメントはパリを彩り、世界中の観光客を魅了しています。そこでパリの観光地は?と聞かれた時、あなたは何を思い浮かべますか?

エッフェル塔やセーヌ川などの他、パリ以外にも近郊には素敵なスポットが点在しています。緑の中にそびえる古城や画家たちが住んだ美しい風景に包まれながらリラックスできるのも郊外ならではです。

そこで今回はパリからも短時間でアクセスできる、魅力的なパリ近郊にある5つのスポットをご紹介します!

スポンサードリンク

1.ヴェルサイユ宮殿

「太陽王」と呼ばれた国王ルイ14世が「王にふさわしい宮殿」として1682年にル・ブランによって完成されました。そしてヴェルサイユ宮殿はヨーロッパでも屈指の豪華壮大な宮殿としてパリ観光に欠かせないスポットです。

パリから南西22kmに位置するヴェルサイユ宮殿には、アンドレ・ル・ノートルに造園された美しい広大な庭園も見所です。幾何学模様の庭園には噴水やマリーアントワネットが住んだ小さな宮殿などがありこちらの見学も必見です。

もちろん見学のメインスポットとなる宮殿内には、豪華なシャンデリアが連なる「鏡の回廊」やかつての歴代王や王妃が使った部屋など豪華爛漫です。またその華やかさの裏にある劇的な歴史をたどりながら宮殿観光を楽しみましょう!

鏡の回廊

ヴェルサイユ宮殿内でも人気のスポットである長さ73mの鏡の回廊は、かつて訪問者の待ち合わせ場所として使われていました。17枚の窓の反対側に同数の鏡を置くことによって、自然光とスペースの広さをふんだんに取り入れたデザインはさすが一級建築家の技ですね!

国王の大居室

国王が使っていた7つのスイートルームは金のフレームの中に装飾された天井画や彫刻にはまさに国王の権力さが感じられます。国王の間とはいえ、部屋の出入りは訪問人の国籍にかかわらず自由にできたそうです。

国王の大居室

  • ヘラクレスの間
  • 豊饟の間
  • ヴィーナスの間
  • ディアナの間
  • マルスの間
  • メリクリウスの間
  • アポロンの間

庭園

かつては荒れ地だったヴェルサイユ宮殿の敷地に、セーヌ川から水を引くことで美しい緑の庭園を維持していました。またマリーアントワネットが宮廷の生活に飽きて離宮として暮らした小トリアノン、また大トリアノンも興味深い見所です。

また春から秋までのシーズンには昼と夜に大噴水ショーが行われ、夜の大噴水ショーの締めくくりには花火が打ち上げられテンションもピークに高まります。そして夜空に彩る花火は国王が住んだ宮殿にふさわしいモダンなエンターテインメントです。

2.シャルトル大聖堂

パリから電車で約1時間のシャルトルには、世界遺産でもあるステンドガラスで有名なシャルトル大聖堂が見所です。無数のカラーをちりばめたバラ窓には息を飲みます。

そして11世紀に建造された聖堂の南面にある「美しき絵ガラスの聖母」は、聖母マリアのストーリーを「シャルトルの青」と言われる美しいブルーのステンドガラスで表現した素晴らしい作品です。

また西側に置かれた旧約聖書の預言者などをモデルにした彫刻の像「王の扉口」も必見です。

3.フォンテーヌブローの宮殿

パリから南東へ約60kmにあるフォンテーヌブローは25000haの広大な森でかつて王族が狩りを楽しんでいた場所でした。そしてその敷地内にかつての歴代王族が住んでいた豪華な宮殿がたたずんでいます。

第一印象としてはヴェルサイユ宮殿よりコンパクトで控えめな宮殿でしょう。内装も波を打ったような凝ったデコレーションが少なく、どちらかというとモダンに近いかなと感じられます。

しかし「王座の間」を始めとする一つ一つの間はため息が出るほど豪華な作りで、国王の威厳を主張した内装は全体に見られます。すっきりとエレガントにまとめられた素敵な宮殿です。

4.ロワールの古城

かつて中世の王侯貴族がロワール流域に住んでいた古城エリアには、90以上もの古城が点在しています。壮大なシャンボール城やレオナルド・ダ・ヴィンチが生涯を終えたアンボワーズ城など、個性的な古城が目白押しです。

たくさんある古城を一度に訪問するのは難しいので、あらかじめ好みの古城を目的に訪問すると良いでしょう。またロワールの古城巡りは車があればベターですが、初めてのロワール訪問ではパリからの1日ツアーを利用した方が安心でしょう。

また気に入った古城を見つけたらぜひプリンセス気分になって一泊してみませんか?高い天井や豪華に装飾された古城に泊まるなら一日中いても飽きないかも!?ホテルとは一味違った体験ができるのもここロワールならではです!

ロワールで訪問する古城はココ!

  • シャンボール城
  • アンボワーズ城
  • シュノンソー城
  • アゼー・ル・リドー城
  • ブロワ城
  • ユッセ城

5.ジヴェルニーのモネの家

パリ北西約80kmにあるジヴェルニーはモネが晩年を過ごした家です。彼のアトリエが「生きた絵」とも言える庭と共に残り、彼の愛した絵のテーマが敷地内いっぱいにありふれています。

どのアングルも彼の絵に登場する馴染みのあるシーンが多いのは、自然の光とそれに映し出される題材がパーフェクトに描き出されているからでしょう。

太鼓橋のかかった池から睡蓮の池、そして光がふんだんに差し込んだ屋内はまさにモネが好んだスタイルにまとめられています。その美しい光景に、思わずモネになりきってキャンバスに絵を描きたくなりますね!

まとめ

さてお気に入りのスポットが見つかりましたでしょうか?パリ観光の後には静かな近郊のスポットを訪問してリラックスしましょう。緑に覆われた森の中で、ゆっくりと散策するだけでももう一つのパリ観光がプラスできます。

また近隣の小都市間では見学する内容によっては一度に観光することもできます。効率よくプランを組みながら自然に満ちた郊外の魅力あるスポットを観光しましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング