イタリア青の洞窟!ベストシーズンはいつ?日本からの行き方は?

イタリア南部のカプリ島にある青の洞窟は、太陽の光線によって生まれる美しいブルーの海で有名なスポットです。青の洞窟を見ずにはカプリ島を訪問したとは言えないくらい島のシンボル的存在になっています。

かつて古代ローマ皇帝ティベリウスがカプリ島に別荘(見学可能です!)を建てて住んでいた時代に、この青の洞窟は彼のお気に入りの海水浴場として使われていたのです。また当時のいくつかの大理石像も洞窟内で発見されたことでさらに神秘的な洞窟になっています。

そして1800年代に入って青の洞窟として観光化されてからは、世界中からのVIPが次々とヴィッラを建てカプリ島は青の洞窟を肩書きとして世界でも屈指の高級リゾート地に発展しました。

そんな魅力のある青の洞窟へのアクセスからインフォメーションまでトータルにご紹介します!

スポンサードリンク

カプリ島へ出発!

青の洞窟に見せられたらまず日本からイタリアへのアクセスのプランを立てましょう。日本からは成田空港と関西空港からアリタリア航空が直行便で約12時間〜13時間でミラノとローマへ運行しています。

そして成田空港からはミラノ行きが週4便、ローマへは毎日運行しています。関西空港からはミラノ行きはルフトハンザ航空やフィンエアーがヨーロッパ主要都市を経由して運行しローマへは週3回運行しています。

さて到着の都市ですが青の洞窟があるカプリ島はイタリア南部のナポリから基本的にはアクセスしますので、ナポリに近いローマ着が便利です。ローマのフィウミチーノ国際空港に着いてからさらに超特急電車でローマからナポリへ移動します。

ナポリ中央駅からはトラムかタクシーなどでベヴェレッロ港へ向かいますが、騙されないためにもトラムの方がおすすめです。そして港に着いたらチケット売り場で水中翼船で行く「カプリ」行きの往復チケットを購入します。

ここの港からは水中翼船のほか高速船やトラゲットもカプリへ運行していますが、水中翼船は本数も多く一番早く着くので時間の節約ができます。チケットの値段も高めですが、その分カプリを楽しめるならその差は安いものです。

早速チケットを購入したらチケットブース裏側に広がる美しいナポリの風景を楽しみましょう。出港時間に注意しながらヴェズービオ山をバックにした写真を撮りましょう!またイスキア島行きの船も出ているので、「Capri」と書かれた船の前で待ちます。

カプリ島へのチケットの値段

  • 水中翼船(50分)・・・19,10€
  • 高速船(60分)・・・・17,80€
  • トラゲット(80分)・・・・12€

青の洞窟観光をするベストシーズン

青の洞窟内に隠された魅惑的なブルーの海を見るには太陽が降り注ぐ夏がベストです。つまり夏でも曇りの日は太陽の光線がなく思い描いていたカラーを見ることができないので注意しましょう!もちろん冬でも天気の良い日は観光できますよ!

また夏でも風の強い日などは波が非常に荒れるのでカプリ島行きの船が欠航となります。たとえ運行してもかなり船は揺れるので乗り物に酔いやすい人は酔い止め薬は必ず飲んでおきましょう。

ちなみにエチケット袋は座席の後ろ側に常備されている他、そんな状況に慣れている船のスタッフも必要に応じて配ってくれます!

そして海は陸地のように遮る建物なのがないので、たとえ市街地に風を感じなくても港へ行くと風を強く感じます。また青の洞窟が観光できないと事前に予測するのは難しいため、もし不可の場合はナポリ観光に変更するなど臨機応変にスケジュールを組みましょう。

いよいよ青の洞窟観光!

青の洞窟へはアナカプリから徒歩又は船でアクセスします。アナカプリの中心地からパリアーロ通りからグロッタ・アズッラ通りを歩くと洞窟へ行く小舟の停船場につくので順番が来るまで待ちましょう。洞窟の入場時間は9:00〜17:30です。

洞窟内にいるのは実際5分程度ですが、ハイシーズンには1時間の列ができます。混雑を避けるためには早朝か午後にプログラムを組めば比較的スムーズに観光ができます。

しかし雑誌で見るような青の洞窟を確実に見るには、太陽が頂点になる12〜14時の時間帯がベストです。

また洞窟に入るときに乗り換える小舟は4人乗りでかなり揺れますので、酔いやすい人は酔い止めを飲んでおきましょう。洞窟内の入り口は狭いので寝そべって入るようになります。

気になる青の洞窟の入場料は、洞窟内へ入る小舟(4€)と洞窟までの船料(9€)の合計13€を払います。また船頭さんにはチップを聞かれるので1〜2€を渡せば良いでしょう。

カプリ島のツアーを利用する

洞窟へのアクセスはマリーナグランデから7人乗りの木製のモーターボートのツアーも利用できます。3時間コース150〜200€で船頭さんが付いているので安心です。

ビュンビュンとカプリのブルーの海を飛ばすモーターボートツアーで受ける水しぶきはまた爽快で贅沢なものです。

またMotoscafisti di CapriとLaser Capriのグループツアー船が、同マリーナから青の洞窟を含むカプリ島一周ツアーを実施しています。カプリ島のシンボルの一つであるファラリオーニ(奇石)を間近に見れるチャンスです。

さらにカプリの隠れた場所を探検してみたい!とかカプリの絶壁からジャンピングをしてみたいなど個人の好みに合わせたメニューも自由自在にプログラムが組めますよ!

  • 島一周ツアーと青の洞窟(1時間45分)・・・17€(洞窟入場料は含まない)
  • 島一周ツアー(1時間)・・・17€
  • 青の洞窟への往復(約1時間)・・・13,50€

青の洞窟を効率よく見学するコツ

初めての青の洞窟観光はワクワクするものです。自然の中で生まれたカプリの宝石をせっかく遠くから見に来たには、しっかりとしたプランを立てて効率よく見学したいものです

そんな素敵な青の洞窟を見学するポイントアドバイスをここにリストアップします!

  • 晴れの日と風のない日を選ぶ
  • 乗り物の酔い止め薬を持参する
  • 朝早く起きて列に並ぶ
  • チップ用に小銭を用意する
まとめ

青の洞窟へのアクセスは天候によって左右されるので、ゆとりをもったプランを組むことをおすすめします。欠航の場合も考えて代わりとなるスケジュールを決めておけば効率よくカプリ及び近郊観光ができます。

またカプリ島に着いて天候が変わる場合もあります。このことも予測しながら天気が良いうちに青の洞窟を優先して見学しましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング