2015年の母の日っていつ?母にあげたら喜ぶプレゼント6選!

毎年必ず訪れる「母の日」。この日ばかりは、いつもお世話になっている母親に心の底から感謝をしたいですよね。感謝の気持ちは言葉や態度で表すことも大切ですが、心のこもったプレゼントを贈ることも大切です。

今回は、「母の日」にお母さんに贈ったら絶対に喜ばれるプレゼントをいくつかご紹介しましょう。これを参考に、母の日のプレゼントを選んでみて下さいね!

スポンサードリンク

2015年の母の日っていつ?

img2

「母の日」は毎年5月の第二日曜日に訪れます。2015年だと、5月10日の日曜日です。意外に忘れてしまいやすい「母の日」ですが、今年こそちゃんと覚えてお母様に素敵なプレゼントを贈って下さいね。

1.カーネーション

img3

「母の日」の定番プレゼントと言ったら、やっぱりカーネーション。真っ赤なカーネーションは定番ですが、最近では様々な色のカーネーションが店頭に並ぶようになりました。

それぞれの色には意味があるそうです。ちょっと紹介してみましょう!

  1. 赤のカーネーションの花言葉はズバリ「母の愛情」。母の日に贈るのにぴったりな花言葉ですよね。手書きのメッセージなどを付け加えれば、それだけで「母の日」のプレゼントの主役になりそうです。

  2. ピンク
  3. ピンクのカーネーションには「感謝」の意味があります。その他にも、「気品」を表すピンクのカーネーション。いつまでも若く綺麗でいてほしいお母様にはぴったりですよね。

  4. 色とりどりのカーネーションも素敵ですが、真っ白なカーネーションも魅力的です。白いカーネーションには、「尊敬」の意味が込められています。

    長い間お世話になり続けているお母様にぴったりな色ですよね。いつの日でも母親に「尊敬」を忘れてはいけません!

カーネーションなら、お財布に自信がないときでも気軽に買えますよね。学生や小さなお子様のお小遣いからでもプレゼント出来るのが嬉しいポイントです。

また、その他のプレゼントに付け加えてカーネーションを贈るのも定番です。そのときは、必ず手書きのメッセージを付け加えて下さいね!

2.アクセサリー

img4

女性の方なら、お母様からネックレス指輪のプレゼントをもらったことがあると思います。また、お母様が使っていた素敵なアクセサリーを譲り受けたなんて経験もあると思います。

私も成人してからはよく母からアクセサリーのプレゼントをもらいました。今度は、私たちが贈り返す番ですよね。

お母様に贈るアクセサリーは、小ぶりのネックレスなどがお勧めです。小ぶりのネックレスなら、年代を問わず長く愛用することが出来ます。

宝石の入ったデザインもお勧めですが、好みが分かれそうなので、ここはあえてシンプルなものをチョイスしましょう。プラチナが理想ですが、お値段的にちょっと…なんて場合もありますよね。

そんなときはホワイトゴールドがお勧めです。小ぶりのホワイトゴールドなら、1万円から2万円で購入できますよ!

3.レストランで豪華な食事

img5

カーネーションだけじゃちょっと…でもアクセサリなんて何を選べばいいのか分からない…そんな方にお勧めなのが、レストランに招待することです。

いつもはご馳走になるばかりのご飯も、「母の日」は私たちがご馳走する番です。何かと忙しいお母様は、滅多に高級レストランでの食事は楽しめません。

だからと言って、あまり高級すぎるレストランはお勧めできません。なぜなら、高級レストランでは、マナーが分からないと十分に楽しめないからです。また、たくさんおしゃべりすることも出来ません。

理想は、個室の和食料理店。和食ならフレンチなどと違って気軽に楽しめますよね。胃袋にも優しいと思います。お母様をねぎらうためにも個室を用意してくださいね。

4.デパ地下スイーツ

img6

実は、私は毎年「母の日」にはデパ地下スイーツをプレゼントしています。女性ならみんな大好きなスイーツだから、絶対に喜んでもらえます。

定番のクッキーから生菓子、流行のスイーツをチョイスしてもいいでしょう。デパ地下スーツは種類が豊富なので、必ずお母様の好みに合うものが見つかると思いますよ!

また、「母の日」近くにデパ地下へ行くと、大抵「母の日」仕様のスイーツがラインナップされています。かわいい包装紙のものが多いので、選んでいる私たちも楽しい気分になれますよね。

5.台所用品

img7

バリバリの主婦であるお母様には、台所用品のプレゼントがお勧めです。毎日たくさんお料理を作るお母様には、包丁やフライパンがお勧めです。

自分で買うとなるとちょっと気が引けてしまうようなお値段の包丁やフライパンはとても喜ばれます。個人的にはグローバルの包丁ティファールのフライパンがお勧めです!

6.食器

img8

毎日ご飯を作るお母様には、食器類も喜ばれると思います。いつものお料理も食器を変えるだけで雰囲気がガラッと変わりますよね。だからこそ、ちょっと高い食器類のプレゼントは喜ばれるのです。

まとめ

以上、「母の日」にうってつけなプレゼントをいくつかご紹介いたしました。しかし、一番大切なのは気持ちです。気持ちがなければ、何をプレゼントしても喜ばれることはありません。

ですから、プレゼントと同時にちゃんと「感謝」の気持ちを伝えて下さいね!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング