赤ちゃんの首にあせも!原因って何?対策ってどうすれば良いの?

一般的に赤ちゃんの肌はすべすべで玉肌のイメージがありますが、実際は乾燥や湿疹で荒れていることが多いものです。そして夏が来れば汗っかきの赤ちゃんはあせもでいっぱいになってしまいます。

そしてあせもはかゆいので赤ちゃんは頻繁に引っ掻いて肌を傷つけてしまいバイ菌も入りやすくなり、皮膚炎になってしまうこともあります。そうなると肌のダメージも大きくなり、赤ちゃんにも負担がかかりかわいそうですね。治りも時間がかかってしまいます。

そんな赤ちゃんが大人よりあせもができやすいのはなぜでしょうか?夏が来る前にしっかりと原因を探して、赤ちゃんがサラサラの肌で過ごせるようにしましょう!

スポンサードリンク

どうしてあせもができるの?

小さい赤ちゃんですが大人と同じ数の汗腺を持っているため、密集してしまうことから汗っかきになります。大量に汗をかくと汗が通る管が溢れだしてしまい、それが皮膚の表面に炎症として浮き出してしまうのがあせもです。

さらに赤ちゃんは首や足など汗をかく部分にくびれが多く、熱がこもったり汗がかきやすくなります。そして汗がたまりやすくなるので汚れとともに、不潔になってしまうことも一つの原因です。

また動きが活発になる月齢では汗をどんどんかくので、あせもがパッと広がってしまいます。赤ちゃんは大人のように汗をかいたらすぐに拭き取る事が出来ないので、炎症が起きやすいのも不都合なポイントです。

あせもの種類

  • 水晶様汗疹・・・不快感のない透明のある軽症の水ぶくれ
  • 紅色汗疹・・・痒みを伴う赤い発疹
  • 深在性汗疹・・・皮膚内に平たい湿疹が発生して、体が熱っぽくなる危険な発疹

あせもの予防法

赤ちゃんがあせもだらけになってしまうのはママにとっても心地よいものではありません。あせもができてしまったらこまめに赤ちゃんの汗を拭いてあげるだけで効果的に抑えることができます。

そして夏は外出の機会も多い季節ですので、しっかりと予防をし清潔な肌をキープしてあげましょう!

エアコンでク〜ル効果

赤ちゃんはベッドで寝ているだけで汗をたくさんかきます。蒸し暑く感じない程度にエアコンをつけたり扇風機で室内をクールにして、発汗をおさえてあげましょう。

また7ヶ月以降の赤ちゃんはハイハイをしたり歩き出すので、扇風機に手を入れたり危険があるので目を離さないようにしましょう。

また寝具はコットン100%の素材を選び、汗で湿ったらすぐに変えるようにします。そしてお昼寝のときはお腹が冷えないようにタオルケットやシーツをかければ十分です。

そして室内が冷えすぎないように赤ちゃんの体感温度に合わせて設定することも大切です。汗を抑えても風邪を引いしまっては意味がありませんね。そんな時はうちわなどで程よく扇いであげましょう。

シャワーでスッキリ!

あせもの予防は汗をたくさんかかないことと、皮膚を清潔に保つことが何よりの条件です。暑い夏は赤ちゃんをぬるま湯に入れてクールダウンしてあげましょう。

お座りができる赤ちゃんなら、栓をしたベビーバスやバスに座らせて少量のシャワーを肩からかけてあげましょう。ただし頭からシャワーをかけると赤ちゃんはパニックになるのでくれぐれも注意をしてください!

首がまだすわらない赤ちゃんは、入浴の代わりに水で濡らしたタオルで体を拭いてあげても赤ちゃんは気持ちよくなります。ベタついた皮膚もすぐにサラサラ肌になりますよ。

そしてシャワー後にはベビーパウダーやローションをとりわけくびれのある部分を集中してかけましょう。また首や肘の内側、膝の裏側などの熱がこもる部分も同様にケアします。またパウダーは汗腺を塞いでしまうので使用しないほうがベターです。

部屋を清潔にする

夏は窓を開け放しにする時間も多く、部屋に埃がたまりやすくなっています。そんな中ハイハイをし始めた赤ちゃんは手をついて家中を探検します。運動量が多くなるので汗もかきやすくなり、すでにできているあせもが治りにくくなります。

そして引っ掻いたあせもに汚れが入りこみ、デリケートな赤ちゃんの皮膚に炎症が起きてしまいます。そうなってしまうとさらに赤ちゃんはかき壊してしまいとびひになってしまいます。

そこで汗っかきな赤ちゃんのためにも日頃から室内を清潔にしておきましょう。夏場は掃除機をかけたらフロアーの水拭きも怠らずにします。またソファーやカーペットなどは食べクズや髪の毛が落ちやすく、ダニの繁殖する原因になるのでこまめに掃除機をかけましょう。

あせもの治療薬

あせもの初期段階では汗をかいたら拭いたりすればすぐに治りますが、痒みや発疹が広がって症状が進んでしまったら病院でステロイドの塗り薬を処方してもらいます。

一般的に赤ちゃんがステロイドを使うと副作用の恐れが伴いますが、医師の指示に従って正しく使用すればあせもに効果的な薬です。またアレルギー体質の赤ちゃんは診断の際に必ず伝えておくようにします。

まとめ

あせもは病気ではないので、赤ちゃんが汗をいたら拭きとってあげることでカンタンに予防できます。あせもだからといって自然完治を待っていると、赤ちゃんは痒がるばかりで治りも遅くなります。

赤ちゃんが汗をかかないように日常生活に工夫をすれば、家族全員が快適な夏を過ごせることができますね!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング