クローゼットの収納アイデア!収納スペースを増やすコツはこれ!

クローゼットのガランとしたスペースには次々とたくさん物を入れてしまいがちです。気づいてみるとすぐに一杯になってしまってもう1つクローゼットが必要になってしまうことがあります。

でも、買うのはちょっと待ってください!

物の入れ方によってはクローゼットの半分のスペースを稼ぐことができるのです。一度クローゼットの中を全部外に出して入れ直してみましょう!無駄なものやクローゼットの中に置くべきでないアイテムが結構あるものですよ。

またクローゼットが整理整頓されていれば、普段使用しないものが必要な時すぐに見つけることができます。そして意外と汚れやすいクローゼットの中も清潔に保つことができます。

早速クローゼットに入っているものを入れ直して倍のスペースをゲットしましょう!

スポンサードリンク

衣類は薄くたたむ。

普段着ている服から衣替えをしてボックスにしまっている衣類は、フラットにたためば「2倍~3倍のスペース」を増やすことができます。かさばりやすい袖口や襟の部分はしっかり伸ばしてしまうのがコツですよ。

そして衣替えの時期には、衣類にアイロンをさっとかけておけばペッタンこになるのでさらに収納がコンパクトに収まります。来年に着るときにもシワなしの衣類を身につけるのは気持ちがいいですね。

またボックスは浅いものを使えば衣類を探すときに便利です。また防虫剤の効果もアップし、閉め切った匂いが充満することも避けることができます。

ハンガーを賢く使う。

ハンガーを使えばクローゼット内がコンパクトに収まり、衣類にもシワがよりません。またハンガーは衣類だけでなくベルトやショールをかける時にも使うことができます。混乱したクローゼットの中でもかき分けずにきっとすぐ見つけられるはずですよ!

またハンガーはプラスティックより木製タイプが耐久性もあり、コートやジャケットなどの重い衣類も安心してかけられます。

意外とスペースをとるアクセサリー用品

バッグや帽子、ベルトなどの小物もクローゼットのスペースを取ってしまいます。いずれもぐちゃぐちゃに重ねてしまえないものなので、フォームを損なわないよう適切な小物用の整理引き出しが必要でしょう。

例えばベルトはぐるぐる巻いて仕切りのある引き出しに収納したり、ミニハンガーにかけてればヒビが入ったりせず長持ちします。そして帽子は折りたたみ可能であれば半分に折ってしまえば良いですし、それ以外の帽子はスーツケースでも保管できます。

そしてバッグは革製のものでないなら、形をととのえて重ね積みして上には重いものを置かないようにします。革製のバッグはボックスから出し巾着袋に入れ替えればかなりのスペースが持つことができます。

また湿気がたまらないようバッグの内ポケットに乾燥剤を入れておけば安心です。

靴をクローゼットに収納する場合ハイヒールなどはかかとが引っかかりやすいため、箱に入れて収納することでスペースを取られてしまいます。そして一度靴を使ったら、その後は靴箱に入れましょう。

必要のないものは取り出す。

古くなったシーツやカーテンなどはかさばり他に置く場所もないので、クローゼットの隅に丸めて押し込んでしまいがちです。これらの異物はクローゼットで収納するものではありませんので、物置にしまってしまいましょう。

また子供がいる家庭では遊ばなくなったおもちゃなども紛れることがあります。クローゼットはおもちゃ箱ではありませんので、子供部屋に移動しましょう。

常に増え続ける写真アルバムもクローゼットに入れてしまうこともあります。リビングルームのサイドボードなどで保管していた方が、家族やゲストと一緒に写真を見るときも便利ですね。

上棚を有効に使う

クローゼットの上の棚は普段使わないものを置くのにベストな場所です。しかしなんでも放り込んでノータッチでは無駄なスペースを占領してしまうだけでもったいないですね。

何が上に収納されてるのか覚えていないものなら物置にしまってしまうか、中古で売ったりあるいは思い切って捨ててしまいましょう。

必要のないものは買わないようにする

バーゲンで安売りをしているとつい必要がなくとも買ってしまい、後で置き場所に困ってしまうことありませんか?また衝動買いをしたものは実際使用しないことも多く、クローゼットのスペースを取ってしまうのみになります。

衣類などは一つでは足りませんが、過度に持っているとクローゼットに収まらず購入した金額に満足するや否や不満な点も出てしまします。

気づくと100もある衣類で実際着るのは10%という始末にもなりかねません。無駄な出費にもなりますし衣類は流行がありますので一度も着ないままでクローゼットに置かれては無意味ですよね。

まとめ

クローゼットのスペースを増やすためには日頃の整理整頓と必要のないものを取ることです。またクローゼットの限られたスペースを考えて衣類などを購入することも大事です。

そして収納しきれずにクローゼットの扉が開いたままではみっともないものです。また開けた瞬間に中のものが雪崩のように落ちてこないよう余裕の持ったスペースを持ちましょう!

スポンサー
スポンサー
この記事のURLをコピーする
スポンサー

アクセスランキング