英単語が覚えられない!覚えるための暗記のコツって何かある?

英単語が覚えられない!覚えるための暗記のコツって何かある?

英語が大嫌い!!と言う人のほとんどは「英単語を覚えることが嫌い」な方ではないでしょうか??…分かります。確かに英単語を覚えることって面倒くさいですよね…。一つの単語にいろいろな意味があったりして厄介です。

今回は、そんなあなたのために「英単語を暗記するコツ」をいくつかご紹介しましょう!!これらを参考に、是非テストでいい点数を叩きだしちゃってくださいね。

スポンサードリンク

1.英単語の重要性とは??

img2

英単語を覚えることは重要!といいますが、一体どうして重要なのでしょう。まずはそこから知っておきましょう。

  1. テストに役立つ
  2. 何と言っても、目的はコレ!ではないでしょうか??英単語を必死で勉強する意味はテストに合格するため。これには疑いの余地はありません。

    なぜなら、テスト以外で英単語が必要な場合は「辞書」を引けばいいからです。近年では電子辞書という素晴らしいアイテムがあります。テスト以外で英単語が必要な場合は、調べることの方が重要です。

  3. 海外旅行で困らない
  4. 海外旅行へ出かけたとき、咄嗟の出来事にいちいち辞書を引いている暇はありません。例えば空港でのトラブル。それらに対処できるように、高校卒業レベルの英単語は必要かもしれません。

  5. 将来英会話を習う時にスムーズに学習できる
  6. 将来的に英会話を習いたい!という方は、いまから必死に英単語を勉強しておいた方がいいと思います。私が通っていた英会話では日本語はNGでした。本当は先生たちも日本語を使って教えたいと思っているはずなんですが…。

    分からない英単語をこれまた分からない英単語を並べて必死に説明してれます。そんなとき、「自分にもっとボキャブラリーがあったらな」と後悔しないためにも、今からコツコツ語彙を増やしていって下さいね。

2.まずは一冊の単語帳を終わらせて

img3

英単語を学ぶ上で欠かせない参考書や単語帳。私も学生時代に経験があるのですが、「これもいいかも!これがお勧めって言ってた!」なんてやり切れない数の参考書を買ってしまったものです。

しかしそれは非効率的。まずは一冊。お勧めのものでも、自分で見つけたものでも何でもいいので一冊の単語帳を完璧に終わらせて下さい。いろいろ浮気していると、すべてが中途半端になってしまいます。

暗記のポイント1

暗記しようとするから暗記できない

暗記しようと焦れば焦るほど暗記できない…誰でも一度はこんな経験があるのではないでしょうか??暗記はやみくもにするものではありません。何かに関連付けて行わなければ頭に入ってきません。

ですから、暗記するときの心構えとして「何としてでも暗記する」じゃなく、頭を落ち着かせて脳内にスペースを作ってあげて下さいね。暗記したいもの以外にも、「今現在の心情」をリンクさせるのです。

そうすれば、「あのとき、あんなことを思っていた」なんてふと考えていた瞬間、暗記した単語が頭を過るはずです。例えば、「味噌ラーメンを食べていた時は、Leekを覚えたなぁ」なんて味覚と単語を結びつけることも大切です。

そして暗記するときは長時間続けて行わないことが鉄則。人間の集中力には限界があります。一時間毎に違う科目を勉強してみるなど、頭をリセットさせることを心掛けて下さいね。

暗記のポイント1

ひたすら書くしかありません!

あとはもう、書くしかありません!!人間は頭で覚えきれないことは身体で覚えようとします。ですから、手を動かしながら暗記することはとても重要なのです。

私の場合は、一つの単語に付き100回書いて覚えました。100回書きながらブツブツと日本語の意味を唱えます。もう、手が痛くて痛くて、湿布を張りながら勉強しましたよ…とほほ。

暗記のポイント1

視覚野を活用する

単語を覚えるとき、声に出して読み上げることも大切です。そうすることによって、発音を覚えることが出来ますからね。しかしそれは、100回書いた後ですよ!読むだけでは強い記憶として残りません。

また、脳の視覚野を使って暗記するという方も大勢います。私は数式や化学記号などはこの方法を使って暗記しました。それはまさに、参考書の1ページをそのまま視覚として記憶してしまう方法です。

かなりの集中力を要しますが、いざという時にはとても助かります。まぁ、あまり実践的ではないんですけどね。こんな方法もあると言うことで…。

3.新しく出てきた単語はその日のうちに!

img4

一冊の単語帳を完璧にしても、まだまだ知らない単語に出くわすと思います。単語に自信が付いたから長文読解をやろう!…え?知らない単語ばっかじゃん…。私はよくこんな事態に陥りました。

もちろん、新しく出てきた単語のすべてを暗記する必要はありません。なぜなら、それらの単語の中には「今後一切使わない単語」が多く含まれているからです。

しかし、参考書の解答で「これは大事」と書かれているものだけはしっかり覚えましょう。しかもその日のうちにです。覚えなければならないものが溜まっていくと、後々面倒になってしまいますからね。

電車の中や寝る前にでも、「今日の単語」は覚えておきましょう。

まとめ

以上、暗記が苦手なあなたのために「英単語を暗記するコツ」をご紹介して参りました。暗記した後は、再度チェックが大切です。

せっかく覚えたのに、忘れてしまっていては意味がありません。定期的にまだ覚えているかをチェックしてみて下さいね。結果、一冊の参考書はボロボロになります。ボロボロになるまで繰り返したとき、始めて暗記したことになるのです!!